« 私を映し出す鏡は、自然界にあふれている | トップページ | 夏の暑さも過ぎ、はや来年の足音が »

2012年10月11日 (木)

西蓮寺聞法会 「共に」

2012年10月10日(水) 西蓮寺聞法会
「共に」ということでお話

「共に」とか「同朋」と言ったとき、
「正義」を掲げて生きている私たちが、掲げている「正義」を下ろし、衆生(生きとし生けるもの)と手を取り合って、仲良く生きる姿が連想されませんか?
その姿は究極の理想かもしれませんが、そうはなれないというところに立ち、苦しむところに、すべての人々にかけられている阿弥陀の慈悲・本願が見えてきます。
念仏のおしえに出遇い、その慶びを説かれた聖人。
念仏によって悩みや苦悩をなくされた方と思われがちですが、そうではありません。
念仏によって、阿弥陀との出遇いによって、ますます自身の苦悩が明らかになったのです。
聖人は、生涯を通して苦悩の自分を見つめ、だからこそ、阿弥陀に出遇われ続けました。
苦悩の衆生一人ひとりに、阿弥陀の慈悲は届いています。
弥陀の本願は、すべての衆生が対象です。
そこにこそ、「共に」とか「同朋」ということが成り立っていると感じるのです。
私たち衆生が「共に」と言うと、そこには共になれない者を生み出す落とし穴があります。
阿弥陀如来からの目線だからこそ、「共に」ということが成り立つ。
その頷きにおいて、「同朋」として朋に聴聞できるのだと感じています。

« 私を映し出す鏡は、自然界にあふれている | トップページ | 夏の暑さも過ぎ、はや来年の足音が »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 私を映し出す鏡は、自然界にあふれている | トップページ | 夏の暑さも過ぎ、はや来年の足音が »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ