« 一如のいたみ③ | トップページ | 一如のいたみ⑤ »

2012年9月23日 (日)

一如のいたみ④

④私のこころの天秤は…

ジャータカ物語の「行者とタカ」。この行者がブッダの前世です。ハトを助けようと思いながらも、こころのどこかで、ハトのいのちは人間よりは軽いと見くびっていた行者が、まさに身をもって、どのようないのちも、すべて同じ重さ(いのち)であることをさとったのです。
ハトのいのちと自分のいのちを比べたとき、誰もが自分(人間)のいのちを重く考えるのではないでしょうか。あるいは、自分の体の一部を天秤に乗せれば、ハトと釣り合うと考えるのではないでしょうか(実際に身を刻む人はいないでしょうが)。
しかし、そうではなかったのです。全身を投げ出して、そうしてやっとハトと同じいのちであると知られるのでした。

海外での有事、たまたまそこに居合わせた日本人のいのちと、そこに住む人々のいのち。どちらも同じいのちです。
身内・知り合いのいのちと、身内でも知り合いでもなかい人のいのち。どちらも同じいのちです。
恐ろしいことに、私のこころの天秤は、自分に近い者のいのちを重たい方に位置づけてしまうのです。

« 一如のいたみ③ | トップページ | 一如のいたみ⑤ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 一如のいたみ③ | トップページ | 一如のいたみ⑤ »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ