« 一如のいたみ④ | トップページ | 一如のいたみ⑥ »

2012年9月24日 (月)

一如のいたみ⑤

⑤生と死

「行者とタカ」の話は、私の中でとても気になっていて、ここ数年、寺の新盆法要の場でお話をしてきました(今年はしませんでしたが)。
「供養をする」と言うとき、「“生きている私が、亡き人のためにする”という想いがありませんか?」と、問い続けてきました。
「行者とタカ」の行者が、命に軽重をつけたように、「“生きている”ことに重きをおいていませんか?」と。
亡き人を大切に想う気持ちに偽りはありませんが、死を忌み嫌う生き方に、“生きている”ことに重きをおいているように感じて、「行者とタカ」の話から、そんな問いを発してきました。

« 一如のいたみ④ | トップページ | 一如のいたみ⑥ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 一如のいたみ④ | トップページ | 一如のいたみ⑥ »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ