« 2012年5月のことば | トップページ | できることって、すこしずつ すこしずつ ふえてゆくんだなぁ »

2012年5月 3日 (木)

未来・過去・現在

2012年5月3日(木)
ご近所の存明寺様の永代経法要に出仕。
お寺の玄関にタイムカプセルの大きな箱が置いてありました。存明寺様​は、今年の報恩講で御遠忌法要を勤められます。その一環として、​50年後の御遠忌に向けてタイムカプセルを用意されています。
50年後、日本は、世界はどうなっているでしょうね。子どもたち​が元気に外で遊べる世界だったらいいなぁ。

タイムカプセルを見て50年後を想い、あらためて50年前のことを考えました。
まだ原発に依らない生活をしていたとき
まさにこれから原発がある​生活に足を突っ込もうとしていたとき
「あのとき あのようにしていたら(していなかったら)」という考え方は好き​ではないので、原発がなかったらなどとは言いません。現に原発の​ある生活を営んできたのですから。
でも、50年ほど前、原発で明るい未来が開かれると信じ込んでい​た(信じ込まされていた)人々にとって、まさか50年後にこのような世の中になっているなんて、思いもしなかったことでしょう。
だけど、予測・予期しながらも原発を推進した人もいたことを思う​と、私利私欲に突っ走ることの恐さを思います。

未来のことを思うとき、
同時に過去のことを思い起こされます。
そのことによって、現在(いま)が明らかになってきます。

« 2012年5月のことば | トップページ | できることって、すこしずつ すこしずつ ふえてゆくんだなぁ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2012年5月のことば | トップページ | できることって、すこしずつ すこしずつ ふえてゆくんだなぁ »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ