« ことばに出遇い 人に遇う | トップページ | 見える人には見えない 見えない人には見える »

2012年5月 8日 (火)

今だからこそできること

王貞治さん(現ソフトバンク球団会長)のことば
「若いときにベテランの知識があれば、何本ぐらいホームランを打てるのか。そういう話題になって、『それは無理』と。『若い時は体で打ち、年を取れば知識で打つ。その時々にしか出来ないことがある』」
(2012年5月8日 読売新聞朝刊「Gの群像」より)

含蓄がありますね。
スポーツ選手に限らず、仕事でも勉強でも、若いときは体が動くし、年を重ねたら知識と経験で事を成せる。
子どもは、ちっとも休まずに動き続けます。その姿を評して「あれだけの運動量で働けたら、何億円も稼げる」と言われた方がいますが、当然、幼いときにビジネスはできません。
仕事をはじめた頃は、仕事を覚えることや人脈作りで精一杯。
仕事を覚え、人脈も出来た頃には、昔のように体が動かない。
でも、その時々で出来ることを、その時においては一生懸命にやっているんですよね。
肝心なのは、体の動きが落ちてきたときに、若いときと同じ事をしようとしないこと。それこそ、本当に知識や経験を積み重ねたのであれば、自分のスタイルを変えるとか、他の人の手を借りるとか、そういうことが出来るはず。

経験を積み重ねた知識と、若いときの体で動けたら…
仮に、そんな夢みたいなことがかなったとして、何本ぐらいホームランが打てるか。おそらく、まったく打てなくなると、王さんは感じていたのでしょうね。知識に体は対応できないし、体が動こうとするときに知識が邪魔をしてしまうから。

今の体と知識で、出来ることを懸命に努めたい。
今しか出来ないことは、未来にはないのだから。

« ことばに出遇い 人に遇う | トップページ | 見える人には見えない 見えない人には見える »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ことばに出遇い 人に遇う | トップページ | 見える人には見えない 見えない人には見える »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ