« 出会いは、一生のもの | トップページ | 立春・・・身が動くとき »

2012年2月 3日 (金)

氷点下

お寒うございます。今朝は特に寒かったですね。

墓地のお花が枯れていたので、集めようとしました。
お花を手に取り、引っ張った瞬間…花立てからお花が抜けませんでした。
花立ての中にわずかに残っていた水・花自身の水分。それらの水分が凍って、花立てからお花を抜くことができませんでした。 

それならば水汲み場の掃除をしようと思いました。泥で汚れていたので。
デッキブラシとバケツを持ってきて、井戸水を汲みだそうとポンプに手をかけた瞬間…昔懐かしい井戸ポンプのレバーが動きませんでした。カチンカチンに凍っていました。掃除をすることができませんでした。

それならば掃き掃除をしようと思いました。
ホウキとチリトリを持ってきて、ホウキで掃こうとした瞬間…塵が凍っていて、掃き集められませんでした。

掃除が出来ない朝でした。

朝のお勤めをするために本堂へ。
輪灯に火をともすため、ライターを手にして火を点けようとした瞬間…手がかじかんで、ライターの火が点けられませんでした。

なにも出来ない朝でした。

もっともっと寒い地域もあります。
例年以上の降雪に苦しんでいる方々がいます。
私も、この程度の寒さに負けてはいられないと思いました。

« 出会いは、一生のもの | トップページ | 立春・・・身が動くとき »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 出会いは、一生のもの | トップページ | 立春・・・身が動くとき »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ