« 広瀬先生 ありがとうございます | トップページ | 雪 »

2012年1月19日 (木)

糸逢う

「裁縫」の「縫」の字が思い出せなくて(なにゆえ「裁縫」なんでしょう)、手元にあった携帯で「さいほう」と打ち込む(辞書を引くように心がけているのですが、安易な方法を選んだ自分を反省)。
「縫」と分かりスッキリ。そうそう、「糸」へんに「逢う」でした。その成り立ちに、なんとなく詩的なものを感じました。愛しい人に「あう」喜びや悲哀・切ない想いがこもった「逢う」。針でチクリチクリと縫いながら(表現が古い?)、誰を想うのでしょう、何を思うのでしょう。
「糸合」ではなく、「糸逢」であるところに、手縫いの温もりを感じます。

« 広瀬先生 ありがとうございます | トップページ | 雪 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 広瀬先生 ありがとうございます | トップページ | 雪 »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ