« 成道 | トップページ | また来年 »

2011年12月28日 (水)

親鸞さまがわします㉒(最終回)

【第22回(最終回) 京に帰り 人生を振り返り 浄土に還る】
弁円をはじめ、数えきれないほどの人々との出遇いをいただいた関東時代の親鸞聖人。60歳を過ぎた頃、親鸞聖人は関東を後にし、生まれ育った地、京の都へ戻る決意をします。人生50年と言われた時代。既に60を超えられた聖人にとって、いのちがけの決断です。
   
京に戻った親鸞聖人のもとに、ある日、関東で聖人の教えをよりどころとした同行が訪ねてきました。現代のように交通機関が発達しているわけではありません。十余カ国の国境を超えて、関東から京に向かうということは、いのちの危険を伴います。それほどまでにして、聖人を訪ねなければならないことがあったのです。
おしえを説く人がいなくなれば、時と共に、おしえはいろいろな解釈がなされてしまいます。そのことを不安に思った同行が、聖人に今一度おしえを乞うために入洛されたのでした。同行に向かって、聖人は語られます。
「お念仏申して、地獄へ行くのか、浄土へ参るのか、私にはわかりません。私は、法然上人がお念仏を申されるお姿に出遇い、この方についていこうと決心しました。ご上人がお説きくださった念仏のおしえが、たとえ地獄へ落ちるお念仏であったとしても、後悔はありません。一生をつくしても出遇えるか否かのお人とおしえに出遇うことができました。そのことが、私に念仏申させてくださるのです。ただそれだけのことです。私の想いを聞いて、念仏を続けるもやめるも、あなたたちそれぞれのお考えしだいです。南無阿弥陀仏」
他を恨み、人生を闇夜にしていたのは、自分自身のこころであった。そのことに気づかせてくださったのが親鸞聖人でした。その事実にあらためて向き合った同行は、いのちがけで国に帰り、聖人のおことばを伝えました。南無阿弥陀仏の念仏と共に。
   
しかし、それでも関東では、聖人のお姿を求める方々がおられます。その様子を伝え聞き、聖人は、念仏のおしえを説くために、ご子息の善鸞さまを関東に向かわせようとします。聖人のもとで、数多くおしえに触れてきた善鸞さま。しかし、善鸞は関東へ行くことを拒みます。父、いえ、お念仏を大事にされていのちを尽くされる親鸞聖人のおそばを離れたくなかったのです。
「父上、私は、父上と離れたくはありません」
善鸞のことばを聞き、越後への流罪の際、自身が法然上人に訴えかけた想いを思い起こしていました(私も、あの頃は善鸞と同じ気持であったなぁ。しかし、流罪を縁として、越後や関東の人々とも遇うことができた。そして誰よりも、家族として縁をいただいた恵信尼や善鸞、覚信尼たちとの出遇いの有り難さに気づくことができた。その気づきに、善鸞よ、身をもって目覚めてほしい)。
「善鸞よ、私もあなたとは別れたくはありません。しかし、たとえどこにいても、たとえどのような境遇に身を置こうとも、念仏を称えることにおいて、阿弥陀如来の御前に、私たちはいつも一緒なのですよ。南無阿弥陀仏」
そう言いながら聖人は、自身が法然上人から言われたことを思い返していました。
   
聖人のことばを胸に関東へ戻った善鸞。しかし、親鸞聖人との再会を願っていた人々は、善鸞のことばに耳を貸そうとしません。必死に父からのおしえを伝えようとしますが、その想いはなかなか伝わりませんでした。
私の話を聞いてほしい…善鸞は、「私は、あなた方が親鸞聖人から聞いたことのないおしえを知っています。私しか知らないおしえがあります」と言い、人びとの気持ちを惹きつけようとしました。
そのことばを信じ、善鸞のもとへ集まる人々。善鸞は、自分が父から聞いてきたことを懸命に伝えます。しかし、懸命に、まじめに伝えようとすればするほど、善鸞として おしえを広めたいという欲望にかられます。ついに善鸞は、聖人が語ってもいないことを語り始めました。
  
善鸞が説くおしえは、親鸞さまが説かれるおしえとは違うのではないか…。そのような疑問を持つ人々が出てきました。
そのことを聞きつけ、親鸞聖人は歎きます。そのようなことをさせてしまったのは、関東に遣わせた私の責任です。しかし、どのような境遇においても、阿弥陀如来の御名のもとにおいて、人は朋に生きている。その真実に目覚めてほしい。そのためには、私を頼るこころを捨てなければいけません。別れにおいて、真に出遇ってほしい。親鸞聖人は、息子 善鸞を義絶します。怒りによる義絶ではありません。あらためて出遇い直すための義絶です。
親鸞聖人は、善鸞の苦しみを我がこととして受け止めます。いのちある限り 迷いの広い海に沈み、人に注目されたいと惑う人間の姿を凝視します。このようなこころを抱えるからこそ、阿弥陀如来はこの私を包むように抱いてくださっているのでした。その想いを伝えるために、聖人は筆を執ります。『顕浄土真実教行証文類』や「和讃」など、聖人の著作の大半は、晩年に京都で書かれたものです。
1262(弘長2)年90歳の生涯を閉じられ、お浄土へ還られました。
  
  
出遇いとは、私の想いからすれば、すべてが良いことばかりではありません。嫌な人との出遇いもあれば、「この人に巡りあえてよかった」と言い切れる出遇いもあることでしょう。人との出遇いばかりではありません。老いも、病も、死も、できることならば避けたいことです。しかし、老いや、病や、死を縁として、出遇える大切なことがあるものです。
父母との別れ、迷いを抱えての叡山時代・叡山下山、流罪による師 法然との別れ、越後・関東での生活、晩年になっての息子善鸞の義絶・・・親鸞聖人も悩み苦しみの生涯を生きられた方でした。悩み苦しみを無くす法として念仏を見いだされたのではありません。悩み苦しみの人生だからこそ、この私を温かく抱きしめ、輝かせてくださる法として、南無阿弥陀仏の念仏を生涯大切にされました。
   
「人生、私にとって都合の良いこともあれば悪いこともある。しかし、そのすべてが、私を私として成り立たせてくれる出遇いでした。そのことに気づかせてくれたのが、親鸞聖人であり、南無阿弥陀仏のお念仏でした」
聖人の想いを受け、すべての出遇いを大切にし、南無阿弥陀仏と称えてきた人の歴史が、今に通じています。亡くなられて750年、たとえ時代や境遇は違っても、南無阿弥陀仏のお念仏を称える私たちと一緒に、親鸞さまがおわします。

« 成道 | トップページ | また来年 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 成道 | トップページ | また来年 »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ