« 淋しい金魚 | トップページ | 生きている証 »

2011年12月12日 (月)

以前、今年の世相を表す漢字、今年は何でしょうね?と書きました。
今年の世相を表す漢字は「絆」だそうです。
なんとなく予想していました。清水寺の森清範貫主も予想していたと語られていました。
    
人と人とのつながりの希薄さが叫ばれている昨今。震災や原発問題に遭遇し、お互いに助け合うことの大切さを再認識し、人はひとりでは生きていけないことを感じたからこその「絆」なのでしょうね。 
  
「絆」といえば、「同朋新聞」(真宗大谷派宗務所発行)に連載されている「時言」(四衢 亮住職執筆)を思い出します。2011年11月号です。
 

「絆」というのは、もともと馬の足をからめて縛る紐のことで、人を束縛する義理や人情に喩えられたり、自由を奪って人をつなぎとめる意味で使われてきました。親鸞聖人も蓮如上人も、迷いの世界に繋がれ縛られる状況を「きずな」と表されます。
独り生まれ独り死んでいく身であればこそ、出会いが嬉しく、支え合う絆が何より大切なのです。しかし同時に迷いの身の絆は、その絆で結ばれた仲間やグループの中では、結束して和気藹々としていても、外に対しては排他的になったり、内だけで通じる言葉や表現で語り合って、閉鎖的にもなるのでしょう。

 
独生独死の身だからこそ、「絆」の温かさを感じる反面、つながりを持った者どうしが作り出す閉鎖性・つながりから外れる者に対する排他性が生じる現実を、教えてくださっています。
「原子力ムラ」という“絆”が、閉鎖的・排他的な絆をも生み出してしまったことを指摘してくださっています。「自分たちさえよければいい」という想いが作り出す“絆”に対する警鐘でもあります。 
   
「今年の世相を表す漢字」は、毎年というわけではありませんが、“願い”や“想い”が反映されていると感じています。「絆」は、まさにそうだと思います。先に「人と人とのつながりの希薄さが叫ばれている」などと書きましたが、そのように感じるからこそ、「絆」を求めるこころが表出したのだと思います。
しかし、「絆」を求めながらも、人と人とのつながりに鬱陶しさを感じたり、「絆」の外にいる者を疎ましく感じる私がいます。
四衢住職が言われるように、「絆」の持つ闇の部分を認識しなければいけません。
 
「絆」の外にいる者を
…と、書きましたが、本来「絆」に外も内もないのではないでしょうか。誰とでもつながりを持ててこそ、「絆」と言えるのではないでしょうか。そう、「原子力ムラ」の住人とも。

« 淋しい金魚 | トップページ | 生きている証 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 淋しい金魚 | トップページ | 生きている証 »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ