« 二つの白法あり、よく衆生を救く。一つには慙、二つには愧なり。 | トップページ | しあわせの重さ »

2011年8月16日 (火)

ハチミツとライオン

2011年8月16日(火)
特に夏休みという夏休みもなく、娘にかわいそうな想いをさせているので、ちょっとだけ時間を作って、西武池袋本店で開催されている「羽海野チカ原画展~ハチミツとライオン~」に行ってきました。
って、娘がどうこうではなくて、私と妻が行きたかっただけの話なのですが。
 
漫画「ハチミツとクローバー」「3月のライオン」で知られる羽海野チカさん。
少女漫画のかわいい絵とは裏腹に、そのストーリーで描かれる人間描写は胸を打ちます。
妻に薦められて手にした「ハチミツとクローバー」。初めは、慣れないタッチになかなか読み進められませんでしたが、ストーリーに入ってしまうと、あっという間に全10巻を読んでしまいました。泣けます。
現在連載中の「3月もライオン」とともに、必読です。
 
その原画展ですが、やさしく かわいい原画に、作者の丁寧さ 想いを伝えたいまっすぐさを感じました。
原画を見ながらそのストーリーを思い出し、その背景にある登場人物のこころの奥底を感じていました。
 
漫画ができるまでの行程も説明してありました。
漫画家や小説家の多くがそうだと思うのですが、たくさんある想いを削っていく作業をされているのですね。
決まった頁数・行数の中に、伝えたいことを凝縮する。その作業は、制約もなく書き足していくよりも、大変な労力を必要とする。あるいは、泣く泣く削らなければならないことも出てくる。その悲しみは、本人にしか分からない。伝えたいことを出し切って表出してしまえれば楽だけど、それでは要点がぼやけてしまう。結果何も伝わらない。制約の中で、伝えたいことを表出していく。足していく作業よりも、削っていく作業の方が、相手に想いが伝わるのかもしれない。
 
ブログはササッと(でもないけれど)書けるのに、毎月の寺報はなかなか描けない理由が分かりました。ブログは積み重ねの文章(文章量の制約もなく、思ったままを書いた文章)だけど、寺報は削っていく文章(表出している分の3~5倍は書いてます)だから、毎月末に冷や汗・脂汗を垂らしていたのですね。
  
「漫画家や小説家の多くが」と書きましたが、羽海野チカさんは、より綿密に、より想いを込めて作品を作られているのだなぁと感じました。毎巻終りに書かれている漫画のご苦労がしのばれます。
   
Dsc_0797
 
池袋までの往復の電車の中 私は長女を、妻は次女を抱っこしていました。
すると、往復とも、ふたりして席を譲っていただきました。とてもうれしかったです。ありがとうございます。
 
自分たち(私と妻)の趣味で連れて行った原画展ですが、長女も 原画展の空間が気に入ったようで、大興奮でした。おかげで、帰路は西武デパートから寺まで、眠ってしまった長女を抱っこして帰ってきました。席を譲っていただけて、とても助かりました。
   
素敵な原画展と、人の優しさに触れ(それと暑さも)、4時間ほどの夏休みを満喫させていただきました。
 
「羽海野チカ原画展~ハチミツとライオン~」は、8月18日(木)まで開催してます。

« 二つの白法あり、よく衆生を救く。一つには慙、二つには愧なり。 | トップページ | しあわせの重さ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 二つの白法あり、よく衆生を救く。一つには慙、二つには愧なり。 | トップページ | しあわせの重さ »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ