« 共に歩もう | トップページ | 救援金箱設置しています »

2011年3月17日 (木)

欲しいものを手に入れるとき 手に入らない誰かがいます

食パン一斤手に入ることのうれしさよ
  
食パンを買うのに、いえ、食パンの姿が見えたときに、こんなにもうれしさを感じたことがあっただろうか。
 
食べ物を粗末にしないように、食べられることに感謝しながら生きてきたつもりでいた。なんて傲慢だったんだろう。
 
スーパーに行った。パン・卵・納豆・カップラーメン・小麦粉・飲料・・・保存の利くものが、すべて売りつくされている現実。その光景に、驚きというよりも恐怖を感じた。
 
「買い占めはやめましょう」
たしかに、買い占めはいけない。
しかし、物がなくなる現実の中に身を置くと、買い占めたくなる衝動も起きてしまう。
もし、今までに買い占めをした人がいたならば、買い占めたものを無駄にしないでください。パンのひとかけも、卵の一個も、麺の一本も、飲料の一滴も。自分の口に食べ物を運ぶとき、空腹に耐える人がいることを忘れないでください。

« 共に歩もう | トップページ | 救援金箱設置しています »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 共に歩もう | トップページ | 救援金箱設置しています »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ