« 救援金箱設置しています | トップページ | このようなときに、被災地にいないものが争ってどうする »

2011年3月19日 (土)

他人(ひと)のことを覚えていてくれるうれしさ

2011年3月19日(土) 春彼岸2日目
お彼岸のお参りにみえた方の、たくさんの方に声をかけていただきました。
「奥さんのご実家は大丈夫でしたか?」 
 
妻は秋田県出身です。実家も、現在秋田市にあります。
妻の両親も兄弟も親戚も、住まいも無事です。秋田県も、1日ほど停電が続いた以外は、そんなに被害がなかったと聞いています。
ご心配いただき、ありがとうございます。
  
ご心配いただき、声をかけていただいたこともうれしいのですが、妻の出身地をこころに留めていてくださったことが、こんなにもうれしいこととは思いませんでした。
 
他人(ひと)の情報って、聞きはしても忘れてしまいますよね。
でも、覚えていてくださるということは、その人自身を認めていてくれることなんだなぁと痛感しました。
ありがとうございます。 
  
たとえよく知らない人でも、
たとえ会ったことがない人でも、
たとえ いのち終えた人であっても、
その人のことを覚えていてくれる人がいる限り、
そこに、人は いのちは存在する

« 救援金箱設置しています | トップページ | このようなときに、被災地にいないものが争ってどうする »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 救援金箱設置しています | トップページ | このようなときに、被災地にいないものが争ってどうする »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ