« こころの響きは鏧(きん)とともに | トップページ | 多くを語る必要はないですね »

2011年2月 5日 (土)

忙しい 忙しい けれど、なにもしていない私

○○のせいで やりたいことができない
という生き方を変えて、
やりたいことはできなくなっても ○○のために生きたい
と思うようになりました。

      
   
数日前、TBS「はなまるマーケット」を ながらで見て(聞いて)ました。
はなまるカフェのゲストは槇原敬之さん。
槇原さんは、今、犬を8匹飼われているそうです。
ホストの薬丸さんが「これだけ飼っていると、世話が大変じゃないですか? ツアーで留守にすることもあるでしょ」と尋ねると、
「大変です」と槇原さん。
 
でも、どうして8匹も犬を飼っているのか。
以前、犬を1匹飼っていたのですが、やはり面倒を見るのが大変で、実家のご両親にその犬を託したそうです。
犬のいない生活は、自分の仕事に専念できたそうですが、なにか物足りない。
そんなある日、友人が留守中、犬を槇原さんに預けたそうです。
犬を預かった槇原さん、かわいくてかわいくて仕方なかったそうです。
そのとき、先に書いたように想いが変わったそうです(ながらで聞いていたので、正確ではありません)。
 
この忙しいのに…
こんなに大変なら…
       
ペットを飼うこととか、子供を育てることとか、結婚生活を送るとか、
今までの生活が一変し、今まで出来ていたことが出来なくなる。
  
つい 元の 一人身勝手な生活がいいなと思い返してしまうけど、大変なら大変な 不自由なら不自由な生活の中で、私を私ならしめている大切なことがある。
   
それに、元の一人身勝手な頃に、自分のやりたいことが本当にできていたかというと、そんなことはない。
 
本当にやりたいことなら、どんなに忙しくたってできる。
本当にやらなければならないことなら、どんなに時間がなくても、なんとか手をつけられるもの。
 
不思議と、そんなものですよね。

« こころの響きは鏧(きん)とともに | トップページ | 多くを語る必要はないですね »

コメント

仰るとおり人間というのは不思議なもので…

逆に…

必要以上に、どうしてもやらなければいけないことというのを、おおごと、大変なこと、とてもじゃないがやりきれないこと…と思ってしまうと、手をつけることもできなくなりますね…。

あまりにも自分の想いで、勝手にというか、主観的にバーを上げすぎてしまう…という不思議な現象もおこりえます。

いま、出来る範囲で、別に深く考えず、悩まず、頭を空っぽにして、普通にこつこつ、少しずつ、手をつけておけば、3ヶ月後には80点取れることであっても、妙に、大袈裟に考えてしまい、昨日も手がつかなかった、今日も手がつかなかった……で、段々憂鬱になっていく、ますます、手がつけられなくなる…ということもありますね。

うちの会社では、お休みを取っている人の、統計上、最大の理由、ダントツの理由はメンタルヘルスなんです。

本人も分かっているけれど、どうしようもなくなってしまう。

仕事なんて、いのちにかかわりません。人生の一大事ではないです。

が、仕事をあたかも人生の一大事であるように、勘違いしてしまうのですね。

真面目な人しかなりません。

言ってみたら、真面目すぎというのか。ただし、病気ですから言えないですね。非難に聞こえてしまいます。

明日、あれしなきゃ、とか、100年後には死ぬ、どうしようとか、考えても仕方なくって、いまここで、できることをできるだけ(無理のない範囲で、という意味は、毎日、大残業とかではなくて、9時から5時の間に、1時間/労働日ずつ、すこしずつやっておく)やる…ということしかできないのですが、人間というのは、未来志向なのですね…。

100年後に死ぬときどうしよう……というような発想で、いま・ここを普通に地道にこつこつ生きられないという、不思議な不自由さがあります。

仏さまからご覧になられたら、実に、不自由。

自分で自分を縛っています。

不思議なことです。

けれども、ある意味、いとおしい存在でもありますね。

☆theotherwindさんへ
「いま、出来る範囲で、別に深く考えず、悩まず、頭を空っぽにして、普通にこつこつ、少しずつ、手をつけておけば、3ヶ月後には80点取れることであっても、妙に、大袈裟に考えてしまい、昨日も手がつかなかった、今日も手がつかなかった……で、段々憂鬱になっていく、ますます、手がつけられなくなる…ということもありますね」
 
ホント、そうですね。
ずっと手が付かなかったものでも、やってみたらあっという間に片付いたり。
手紙なんかは、時間が経てば経つほど、書けなくなってしまうものです。
 
でも、まさに「あぁ、いとおしい」存在です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« こころの響きは鏧(きん)とともに | トップページ | 多くを語る必要はないですね »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ