« それぞれの大地を、誰もが同じいのちをいきている⑤ びょうどう | トップページ | 暖かな一日でした »

2011年2月24日 (木)

それぞれの大地を、誰もが同じいのちをいきている⑥ 平同感

平等を望みながら、平等を嫌う心を持ち合わせている私
平等を望みながら、平等だと不快な思いをする私
誰もがすくわれると説く教えが、受け入れられないはずです。
       
えらび きらい みすてる
そんな生き方をしている私。そんな生き方しかできない私。
  
えらばず きらわず みすてず
私たちをすくおうと誓いを立ててくださった阿弥陀如来(法蔵菩薩)
 
「えらび きらい みすてる」生き方をしている自己に直面すると、
「えらばず きらわず みすてず」なんてことは信じられないだろうか。
   
いえ、
「えらび きらい みすてる」生き方をしている自己に直面したからこそ、
「えらばず きらわず みすてず」に包み込んでくださっていたはたらきに出遇えるはず。
   
「えらび きらい みすてる」心を捨てる必要はない(そんなことはできない)。
でも、
「えらび きらい みすてる」私でしたと痛切に感じる心を失ってはいけない(なぜか こっちは簡単に捨ててしまえるのです)。
    
痛切に感じられた心とは、「自分こそ正しい」という思いが破れた心。
「自分こそ正しい」という闇が、「えらび きらい みすてる」平等を作り出していた。
    
「平等」(平らなようで、平らでない)を作り出している私に、
「平同」(誰も選ぶことなく 誰も嫌うことなく 誰も見捨てることもなく)のはたらきが届いていました。
南無阿弥陀仏
(了)
   
    
   
(ちょっと つぶやき
2月19日に書いた「平等感」  単発のつもりで書いたのだけれど、いただいたコメントのおかげで、想いを超えて いろいろと考えさせていただきました。毎日お読みの方はお気づきと思いますが、2月19日の「平等感」から今日の「平同感」まで、内容(想い)はつながっています。
私は、「自分こそ正しい」なんて思いながら文章を書いてはいません。このブログで教化しようとも考えていません。親鸞聖人のおしえに出遇わせていただいた者が、日々の想いをつぶやいているだけです。
読まれて、納得できないこと 不愉快なこともあるでしょう。でも、納得できること、耳障りのいいことなら、わざわざブログや寺報でつぶやく必要もありません。
「そういう考え方もあるかな」「ちょっと こころに引っかかるな」というふうに思ってもらえたら…そのような想いで書いています。
なんて書き様が、「“自分こそ正しい”ところに立ってるじゃないか!」と指摘されてしまえば、返す言葉もありませんが。
思い立って、2月になってから出来るだけ毎日更新しています。ですが、以前はコメントのひとつ一つに返事をしていましたが、返事はご勘弁ください。コメントは きちんと読ませていただいています。コメントをくださり、つまりは私の文章を読んでくださり、ありがとうございます。

« それぞれの大地を、誰もが同じいのちをいきている⑤ びょうどう | トップページ | 暖かな一日でした »

コメント

 私は「悪」ということを考えました。

 ユダヤ教やキリスト教では「原罪」ということを言うと思います。

 全ての人間がみな根っからの罪人であるということだと思います。

 人類のかなりの多数の人々の心に長年、何か訴えるもののある考えなのだと思います。

 それは何故なのか?

 ちょっと考えると考えたくない考えです。

 自分が罪人であると思いたいというのは、不思議なことです。不条理です。

 何故、長年、多数の人間の心にアピールしたのか。

 それは、人間とは自分が悪かったと必ず思うから、なのではないでしょうか?

 客観的に、どう考えても、そうするしかなかったこと、自分にはどうしようもなかったこと、そういうことに対しても、人は皆、ある意味不条理に、ある意味非論理的に、ある意味不合理に、自分が悪かったと思ってしまう生き物なのではないでしょうか?

 誰がどう考えても選択肢が他になく、そうするよりなかったことに対しても人は「私が悪かったのです」と思うものなのではないでしょうか。

 行動したときには、全く結果が分かっていないことに対して、人は、後から、「私が悪かったのだ」と思うものだと思います。

 あたかも自由意志で、悪いことをすることを選択したかのように、自分の責任であるかのように、人は思う。

 ではその選択はいつしたのでしょうか?

 そんな選択は、実際の時間の中ではしていないのに、そんな選択をわれわれは、いつしたのでしょう。

 時間の外部でした、としか言えません。

 つまり、人は、先験的に、いかなることをもする前に、とにかく、悪を為すという選択をした、としか考えられません。

 (実際にはしていない選択に対して、後から自分が悪かった、悪いことをする選択を、遡って、事後的に自分はしてしまったのだと、遡及的に思うため)。

 それを起源神話的に表現したのが「原罪」なのだと思います。

 人は、自分の良心によって苦しむ存在であり、その意味で救い難い(←救われる事が難しいという意味で)存在であり、

 そして、愛らしい存在なのだと思いました。

かつさんの「ちょっとつぶやき」を拝読して安心いたしました。コメントに対する反応が書かれていなかったので、気になっておりました。了解いたしました。
このブログでのさまざまなコメントを拝読することは、ブログ本文を拝読するのと同じくらい楽しみですし、貴重な気付きのきっかけとなっております。いろいろな思いや考えを拝読できることに感謝いたします。ありがとうございます。更新楽しみにしております(御無理なさらずに)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« それぞれの大地を、誰もが同じいのちをいきている⑤ びょうどう | トップページ | 暖かな一日でした »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ