« はなの季節 | トップページ | 月影の いたらぬ里は なけれども ながむる人の こころにぞすむ »

2011年2月 8日 (火)

願いの中に生きている

ドアフォンが鳴り、玄関を開けると数人の男女がズカズカと屋内に入ってきました。
「なんですか!」と尋ねると、
「なにか願いごとがあるでしょ。この宗教に入れば、願いが叶いますよ」の返事。
     
願いが叶う宗教は、要りません。
願いの中にいる宗教に居ますから。
    
彼らはスゴスゴと帰ってゆきました。
       
   

「願いが叶う」なんて言われて、そんな話に乗らないでくださいね。
願いが叶えば、また次の願いがわいてきます。エンドレス。
私の願いが叶うとき、他の誰かの夢が壊されています。罪作りなわたし。
 
そんな衆生を生かしめる、大切な縦糸の中に、私は居ます。
そんな衆生を立たしめる、豊かな大地の上に、私は居ます。
「生きて欲しい」 阿弥陀(縦糸・大地)の願いの中に、私は既に生きています。

« はなの季節 | トップページ | 月影の いたらぬ里は なけれども ながむる人の こころにぞすむ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« はなの季節 | トップページ | 月影の いたらぬ里は なけれども ながむる人の こころにぞすむ »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ