« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

2011年1月28日 (金)

親鸞さまがおわします⑫

【第12回 念仏 出遇いのおしえ】
   
「お上人さま」
善信(親鸞)の呼びかけに、源空(法然)上人は応えます。
「善信よ、どうしました」
「お上人さまが幼い頃、ご両親を亡くされた話をお聞きしました。思い返すことも辛いことだと思いますが、どうしてもお尋ねいたしたく思います。お上人さまは、親の仇に対する恨みをどのように無くされたのでしょうか。どのような修行をなされて、 安穏としたおこころを得られたのでしょうか。どうかお教えください」
「ふむ、私がどのようにして、親の仇に対する恨みを無くす境地に達したのか。そのことを聞きたいのですね。そのような境地があるのなら、私も達してみたいものです。それに、もしそのような境地に達せられる修行があるとして、私がその修行を成就させたのであれば、私は、あなたたちとは位の違う人間になってしまいますね」
「はい、それはお上人さまのことですから」
「善信よ、念仏が、極めることによって上位に辿り着くような教えであるならば、私は、あなたたちよりも上の、安穏とした境地に達しているのかもしれません。しかし、私が口にしている念仏も、あなたたちの念仏も、まったく同じものなのですよ。数を称えたから、懸命に称えたから、それに相応した境地に達するものではありません。阿弥陀の願いを誰もが受けているからこそ、このいのちを生き切ることができるのです。たとえどんなにつらく悲しいことがあっても、そのことを縁として生きていくのです。私は、親の仇に対する恨みを捨てきれずにいます」
善信や共に聞いていた一同はどよめきます。
「しかし、その事実は消せないのです。この事実から延びている道を、私は歩むしかないのです。つらいことです。つらいことですが、念仏の教えに出遇い、阿弥陀という伴走者がいることに気付かされました。両親を亡くしたが、私はひとりではないのです。そして、あなたたちにも出遇えました。念仏申す朋がいる。念仏のおしえは、出遇いのおしえなのでしょう。つらいことも、うれしいことも、すべて私のいのちとして生きていく。そのことを 念仏からおしえられました。ともに念仏申してください。私が お話できることがあるとすれば、それだけです」
源空上人は笑顔で話されました。一同の口から念仏の声が聞こえます。何かを求めての念仏ではなく、自然と溢れ出た念仏が。

2011年1月11日 (火)

書くということ

新年をどのようにお過ごしですか。
日記をつけられている方はいらっしゃいますか? 新しい日記帳に、気持ち新たに向かわれている方もいることでしょう。
さて、「○年日記」というものをご存知ですか?
ひとつの日付に一頁を使い、「3年日記」だったら1頁を3分割、「5年日記」だったら一頁を5分割してあります。1月1日から書き始めて、一年書いたら また最初のページに戻って書き始めることになります。
    
2000年の暮れ、坊守(母)が家族に日記帳をプレゼントしてくれました。「10年日記」です。
21世紀を迎えるからというより、「2001」という数字がきっかけとして丁度よかったからだと思います。
  
日記をつける習慣がなかった私には、始めの一年はちょっとしんどかったですが、「10年日記」ですから、書く分量は10分の1頁です。大学ノート4行分程度です。たくさん書ける人には物足りませんが、出来事を箇条書き程度で済ませられるという点では、かなりハードルが低い日記帳です。
頑張って一年書き終えると、2年目以降は楽しくなります。というのも、前年以前の、同じ月 同じ日の出来事を読見返すことができるからです。「去年の今日、こんなことがあったんだ!」とか、「あの出来事はもう○年も前のことだったんだ!」とか、「○○が結婚した日だ」「○○ちゃんが生まれた日だ」とか思い返せます。
数日先の出来事まで読んでおくと便利です。たとえば、前年に披露宴に招待されたご夫婦に、披露宴から一年の記念で花束を贈ったことがあります。そのご夫婦から、「私たちでも忘れていたのに、よく披露宴の日を覚えていてくれたね」とお礼状をもらったことがあります。 大切な日や忘れてはいけない出来事を想い起こさせてくれます。
毎年同じ日に風邪をひいているのには笑えます。少しは予防しろよ!って話です。
        
2010年が終わり、2011年を迎えました。
2001年から始まる「10年日記」が完結したことになります。
あらためて、時間をかけて読み返すことはしていませんが、大切な一冊になりました。
 楽しそうに、詳細に書いてある出来事 
 怒りにまかせて書いてある出来事  
 箇条書きだけで済ませている日
 恥ずかしい誤字脱字
 何も書いてない日
何も書いてない日には、3種類ある。何か書こうにも、特筆事項がなかった日(本当は、人生においてそんな日はないのだろうけど)。書きたいんだけど、忙しくてかけなかった日(そんなに忙しいこともないんだけど)。そして、とても書くことができない出来事があった日。
最初の2種類は単なる怠惰。まぁ、たいしたことがなかったのでしょう。しかし、最後のは、書き残すことも辛かった出来事。日記に書かれてはいないけど、空白が物語ることがある。どうしてこの日が空白なのか、実は覚えている。書けないという事実は、書いてあること以上に意味があったりする。辛い出来事だから、忘れたいのだけど、でも、覚えている。忘れてはいけないよ、ということなのでしょうね。今だから、冷静でいられる。
     
書くという行為(その中から出てくる 書けないということも含めて)は、大切なこと。
日本における昨年の自殺者も、30000人を超えたと発表がありました。自殺にまで追い込まれた出来事があったのでしょう。でも、自分の身に起きたことを書き出すことができたなら、30000という数字は、少しは減ったのではないかと思います。
数年前の新聞記事で読んだインタビューです。ある女優さんが、マスコミ(ということは世間)からバッシングを受けて自殺を考えたとき、師から、「つらいことがあったら、それを書き出しなさい」とアドバイスを受け、実際に書き出しました。書けない想い、書き出せない想いもあったことでしょう。でも、書いているうちに、書いたものを読み返しているうちに、「自分の悩みなんて、くだらないな」と思い、自殺まで考えていたけれど、踏みとどまれました。と、語られていました。
 
同朋新聞 2009年10・11月号「人間といういのちの相」でインタビューを受けられている藤川幸之助さんのお話を聞く機会がありました。藤川さんは、22年前に認知症になられたお母様の介護をされています。その間に奥様を亡くされています。小学校の先生をされていましたが、詩人になる夢を持っていました。しかし、母が認知症になり、自分が介護するとなったときには、仕事や家庭のことだけでも手一杯なのに、詩を書く時間がなくなると嘆かれました。
しかし、詩を書く時間を割かれると嘆いていたのに、母の介護を通して、詩(想い)を書くことができた。「死を遠ざけよう、見えなくしようと考えていたけれど、死は、誰にでも訪れる事実なのだ。死も含めて、生きているということなんだ」と、“死”を見つめられたとき、自分のものの見方が変わったと語られていました。
母に対する想い…つらい感情・怒りの感情がわくときもあります。その想いを、書き出しています(詩としてではなく)。声に出すこともできないような汚い言葉で書き綴っていることもあります。でも、書くんです。介護によって生じたつらい感情を、誰かに話してスッキリさせる人もいらっしゃいます。私の場合は、書くことによってなんです。
と、語られていました。書くという行為は、語る行為なのだなと、感じました。 
  
私も、誰かに想いを語るタイプの人間ではないので、書く行為 「10年日記」の存在は、今となってはとても大切なことがわかります。自分だって、自殺していたかもしれません。自殺された方に対し、「こころが弱いから」と言う人がいますが(この10年間、何度も聞いてきました)、弱い強いじゃないんです。語るにしろ、書くにしろ、一瞬、立ち止まることができれば…。語りかける相手に出遇えていれば、手に持つペン・向き合う紙に出遇えていれば…。
それで自殺者が減るとか、自殺者を減らすために、語れ、書けと言っているのでもありません。ただ、語ること、書くこと(描くこと)で、今まで背けていた自分に遇えると思うのです。それまでは、他者に対する不満しか見えていませんから。他者の行為は、私にはどうすることもできません。そうすると、自分でなんとかしようとする方向に向かいます。他者を殺めるか、自分を殺めるか。
人を殺める道具を、書く道具に持ち替えませんか。
      
2010年暮れ、坊守が2冊目の「10年日記」をプレゼントしてくれました。次はどんな出遇いが待っていることでしょう。
「あと10年生きるつもりか?」なんて言われそうですが、尽きたら尽きたとこまでが我が人生。その後の頁は、後の人が紡いでいくことでしょう。
今年に入って既にに10日以上経っていますが、今からでも、日記を始められたらいかがでしょうか。複数年の日記は楽しいですよ。「こんなことで悩んでたんだ」って、後で(後だからこそ)笑えます。
その“後”のために、一瞬立ち止まる時間をいただけます。一瞬一瞬の積み重ねが、10年であり、人生なのですね。
   
Dsc_0411

2011年1月 4日 (火)

誓いに包まれ、今、現に生きています

新年あけましておめでとうございます。
お正月三ヵ日 いかがお過ごしでしたでしょうか。
 
1月2日の話
プリンターのインクがなくなりそうだったので、娘の散歩がてら、八幡山にあるヤ○ダ電機に行きました。買い物を済ませ(今年の買い初めはプリンターのインクでした)、芦花公園のサ○ットに行き、牛乳・ヨーグルト・バナナなど、朝食の買い物をしてきました(お正月はお墓参りの方がたくさんみえるので、朝食はいつも通りパン食です。夜、おせちをゆっくりいただいています)。
サ○ットを出て寺に向かう途中、芦花公園駅の踏切が下りていたので、電車好きの娘と電車が通り過ぎるのを眺めていました。すると娘が、「電車乗る!!」と言い出しました。
寺の最寄り駅「千歳烏山駅」は隣の駅です。普段なら娘の主張を無視し、歩いて帰っていたことでしょう。でも、お正月だし、という理由になってない理由で電車に乗ることにしました。
ホームで電車を待っているとき、「電車に乗っても、ベビーカーからは降ろさないよ」と説得し、娘も「ウン ウン」と頷いていました。ところが、電車に乗り込むと すぐに「降りる!!」と泣き叫びはじめました(予想はしてましたが)。
普段なら娘の主張を無視するところですが、あまりにいい声で泣き叫ぶので、降ろすことにしました。娘をベビーカーから抱き上げたときです。サ○ットで買ったものを、ベビーカーの後ろにひっかけていたので、娘という重しが無くなった途端、ベビーカーが後ろに傾いてしまいました。
ベビーカーが傾いたときに、私たちのそばに立っていた若い男性が手をさしのべてくれました。結局傾きかけたベビーカーは、倒れる前に私が止めることができたので、その男性の手を借りずに済みました。でもその男性は、片手に娘を抱き、片手でバランスの悪いベビーカーを支えている私たちのことを心配してくださっている様子です。
「千歳烏山駅」に着きました。彼もここで降りるようです。ドア側にいた私たちが先に降り(そのときも心配そうにしてくれてました)、優しい彼は他の降車客を先に降ろし、最後に自分が降りてきました。彼が降りてくるのを待っていた私たちが「ありがとう」というと、「なにもできずにすみません」というような口の動きと、すまなそうな顔で、そそくさと行ってしまいました。彼の背に、もういちど「ありがとう」と言いました。
    
「優しいお兄ちゃんだね」と娘に言って、「さ、ベビーカーに乗ろうか」と促すと、娘は「イヤー」と泣き叫びます。
普段なら娘の主張を無視するところですが、お兄さんの優しさに触れた私は、「そうか じゃぁ抱っこして帰ろうか」と、娘を片腕で抱き、片手でベビーカーを押しながら帰ってきました。徒歩15分。寺に戻って娘を降ろし、ベビーカーをしまったら、両腕が震えていました。
     
前置きが長くなりました。彼の優しさに触れ、書きたくなってしまいました。
結局彼としては、何もしてないわけですが、「なにかできることはないだろうか」という雰囲気がとっても伝わってきました。そばにいて、温かい気持ちになりました。
でも実際、彼のように「なにかできることはないだろうか」という気持ちを持っている人って、たくさんいると思うのです。しかし、人と付き合う機会を極力減らそうと考える人が増え、一人っ子として育ち、兄弟という身近な人間との関わりを経ずに成長した人が多くいる現代では、街中でのとっさの出来事に、すぐに体が動かないものです。
「困っていそうだけど、手伝っていいのかな、どうすればいいのかな」と、自分の中で立ち止まっている人って、たくさんいると思う。
哀しいことに、人の目には、悪いことばかりが目に付いてしまいます。悪いことの方がいつまでも記憶されてしまいます。彼のような優しさよりも、誰も手伝ってくれなかったという憤りで、人間のこころは覆われてしまいます。
知らないうちに掃除されている空間に身を置いても、そのきれいさには鈍感なものです。ちらかっていれば、もっと綺麗にしろよと怒るのに。
周りの気遣いの中に身を置いているのに、その気遣いには鈍感なものです。ちょっと気に食わないことがあったときは、もっと気を遣えと怒るのに。
ゴミのポイ捨てをする人がいるけれど、誰も拾わなかったら、日本中ゴミで埋まってしまいます。誰かが片付けてくれるから、ゴミで埋もれずにすんでいるのに。
車を荒い運転する人がいるけれど、事故が起きないことを、自分の腕がいいからと勘違いしてないでしょうか。周りが、安全運転してくれているから、事故にならずにすんでいるのに。
書き上げていったらキリがありません。つまり、世の中は優しさに溢れているのです。ところが、その優しさに気付かない私は、「世の中が乱れて」「最近の若い人は恐いから」「教育が悪いから」「昔はよかった」と歎きます。いちばん歎くべきは、この私自身なのかもしれません。
 
年の初め、「今年はいい年でありますように」「今年こそいい年になりますように」なんて願いをかけますが、考えてもみると、他人任せなお願いですよね。「こうありますように」「こうなりますように」なんて。私が、「いい年にしてみせます」と誓ってこそ、年の初め、身が引き締まるのではないでしょうか。
「いい年にしてみせます」と言っても、そうなるべく行動に移す必要もありません。だって、世の中に溢れている優しさにもっと敏感になるだけで、世の中の印象は変わります。感じ方が変わるだけで、私自身の行動も、自然に変わってくるものと思います。
(他人任せのお願いをするから、「思うこと ひとつ叶えば また ひとつ」と、次から次へと願えるんだなぁ。自分が発した誓いならば、「ひとつ」のことだけでいっぱいだと思います)
      
年頭に、他人任せの願をかけ、暮れに「今年も暗い年だった」と歎きますか?
年頭に、「私がやる」と誓いを立て、暮れに「素晴らしい出会いがいっぱいの年だった」と振り返りますか?
       
電車の中で遇った彼のおかげで、素敵な第一歩をちょうだいいたしました。ありがとうございます。

2011年1月 1日 (土)

2011年1月のことば

住職年頭の挨拶 
明けましておめでとうございます。
2011年(平成23年)を迎えました。本年は浄土真宗の宗祖 親鸞聖人の750回忌のご法事の年でもあります。50年に一度のご法要です。私たちは貴重なご縁をいただくわけです。ご法要をお勤めさせていただくことによって、あらためて親鸞聖人の教えに目を向けたいと思います。
親鸞聖人は29歳のとき、師である法然上人に出遇って、 お念仏の大切さを学びました。そして35歳のとき、流罪を経験して、いなかの人々にお念仏を布教していかれました。
「お念仏」は、親鸞聖人の教えの中心です。加えて大事なのは「聞法」です。「お念仏」と「聞法」これは、浄土真宗における車の両輪です。
この大きなご法事の年に、私自身の手が合わさることの大切さ、教えに耳をかたむけることの大切さを肝に銘じて歩んでまいります。また、ご門徒の皆様にも、その大切さをお話していきたいと思っております。
本年もよろしくお願い致します。
西蓮寺住職 白山謙弌(釈謙弌)
  
   
2011年1月のことば
 Dsc_0409
 思うこと ひとつ叶えば また ひとつ
 
年頭にあたり、願い事をする人が多くいることと思います。願い事をして、仮にその願いが叶ったとします。さて、それで満足できるでしょうか。さらなる願いが湧いて出てくるのではないでしょうか。或いは、願いが叶って得た環境・境遇を維持するために、また願いを立てるのではないでしょうか。相田みつをさんの詩が思い起こされます。
    
  おさい銭
 百円玉一ッ
 ぽんと投げて
 手を合わす
 おねがいごとの
 多いこと

    
願いは尽きないものですね。今に満足できないで、果たして満足は得られるものでしょうか。
自分の意思でここまで生きてきたと思っている、私先にありきの思い。しかし本当は、様々な縁によって、私が私として成り立たせてもらっています。自分の意思でやってきたつもりが、実はなにひとつ自分の意思では成り立っていなかったのです。様々なご縁をいただいて、私が私としていのちをちょうだいしています。
愛すること、信じること、敬うこと、そして願うこと。これらのことを、自分の想いとして起こしているつもりでいる。でも、それらのことが出来るのは、私が愛するよりも先に、私を愛してくれる人がいて、そのことによって、愛することができるのです。信じることも、敬うことも、願うことも。私は信じられています。敬われています。願われています。そのおかげさまで、私は私として生きています。
私を愛してくれる人…身近な人だと、両親・つれあい・友人など。しかし、人と人とが出会えば、そこには衝突が起こるもの。たとえどんなに愛していても、ひとつのズレで、たちまち関係は崩れてしまいます。でも、その程度の人間感情を超えた愛(はたらき)が、今、誰に対しても注がれています。
たとえ私がどんなに嫌っても、疑っても、そんなことには関係なく、私を包み込むはたらきがあります。そのはたらきを阿弥陀といいます。「南無阿弥陀仏」と念仏を称えることができるのも、私が念仏申すのではありません。私に先立って、阿弥陀が願いをかけてくださっているからこそ、「南無阿弥陀仏」と念仏が出てくるのです。
 わざわざ願いを立てなくても、私自身が願いをかけられた存在なのです。「願いによって満足を求めるのではない。すでに円満具足しているいのちを生きていることに目覚めてほしい」
 
   
 
今月の掲示板の人形
Dsc_0401

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ