« 烏山寺町展に行ってきました | トップページ | 親鸞さまがおわします⑩ »

2010年11月22日 (月)

ことば

11月17日(水) 西蓮寺聞法会
冷たい雨の降る中、ご参加くださいました皆様、ありがとうございます。
西蓮寺聞法会は、私(副住職)が、話をさせていただいています。普段は、本山出版の『真宗の生活』をテキストにしています。他に、その折々で感じていることを話しています。 
今回も、『真宗の生活』からお話をさせていただきました。
が、後半は『真宗の生活』と、「同朋新聞」(真宗大谷派宗務所発行)・サンガ(東本願寺「真宗会館」首都圏広報紙)を通して教えられたことをお伝えしました。
        

「同朋新聞」2010年11月号 徳永進さんインタビューより
本当の言葉は、その背景の心深さがあればどんな言葉でもOKなのに、今の私たちはどちらが正しいか決めようとしている。

「サンガ」№108 髙村薫さんインタビューより
言葉というものはそもそも迷うためにある。変な言い方ですが、迷うことによって新しい世界を開くことができるし、幅ができるのではないでしょうか。忙しい社会ではそれができないのです。

『真宗の生活』「11 報恩講に憶う 一楽真先生」より
仏教は基本的に言葉との出会いに始まる。自分のなかでモヤモヤしていたことが言い当てられたり、自分のかかえていた問題を明らかにしてくれる言葉に出会ったとき、それまで見えなかった視界がパッと開ける。同時に、今まで自分の思い込みにとらわれて、身動きがとれなくなっていたことも知らされる。言葉は、人間の闇を照らし出す灯火である。
 
  
共通していること、分かりますか? 「言葉」です。
西蓮寺では「ことば こころのはな」と題して寺報を発行しています。ことば というものは、こころの中の想いが花開いたものである…という想いから。
しかし、ことば というものは、人を救うはたらきもあれば、傷つけるはたらきもあります。文章を書くにしても、語り合うにしても、人のこころを楽にすることもあれば傷つけることもあることを、常に忘れないようにしています。
  
しかし、この ことば は楽にするけど、この ことば は傷つけると、ハッキリ分かれているわけではありません。たとえば、「頑張れ」という ことば など、現代社会において、その最たるものではないでしょうか。「頑張れ!」の一言に励まされる人もいれば、よけいつらくなる人もいる。挙句、使わないほうがいいことばとして位置づけられているのではないでしょうか。発する方としては、本気で励まそうとしていても。
  
そういう意味で、徳永進さんがおっしゃることが強く響いてきました。お互いが お互いの心を推し量れば、どのような ことばを使おうと(使うまいと)、通じるはずなのに、相手を想う気持ち・関係性がないのではないか。そのように聞こえてきました。
  
かといって、何も言わない方がいいだろうと、ことばが省略化されていくと、人は、考えるということをしなくなる。髙村さんの指摘が面白いなと思いました。ことば は、どんなに尽くしても伝わらないこともある。でも、それを恐がって、発することをやめてしまったら、人として幅も深みも出てこない。人生もしかり。今、そのような状態にあるのではないですか。
  
傷つくこともあるかもしれない。楽になることもあるかもしれない。どういう想いにいたるか分からないけれど、どちらにしても、ことば というものは、私自身の迷いを明かにしてくれる。人生の灯火となる。
傷つくことばは、私自身の姿を言い当てているから、傷つくのかもしれない。そうでなかったら、気にもならないでしょう。
楽になったときこそ要注意かもしれない。自分の想いにぴったりきたときは、周りが見えてないかもしれない。
    
ことばは、私自身を照らし出し、人生の道標として灯っている。
 
3名の言葉は、話をするためにかき集めたものではありません。
『真宗の生活』は、今月のお話のページでした。 「同朋新聞」と「サンガ」は、11月の発行物です。お配りする以上、目を通してからお渡しするように努めています(読めないときもありますが)。読んでいるうちに、この3つの文章に通底する おしえが響いてきたような気がしました。
たまたま この3名の文章に出遇う。ことば について もっと考えなさい。大事にしなさい。そんな教えをいただいているように感じました。

« 烏山寺町展に行ってきました | トップページ | 親鸞さまがおわします⑩ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 烏山寺町展に行ってきました | トップページ | 親鸞さまがおわします⑩ »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ