« こたえはわたし | トップページ | 宗祖親鸞聖人750回御遠忌 東京五組団体参拝 下見ご報告 »

2010年10月12日 (火)

迷惑をかけながら生きていきます

風に舞う落ち葉が、カサカサッと音を立てています。
乾いた落ち葉の音に秋を感じました。 
   
  
体調を崩した友人へ、お見舞いのメール
すぐに返事が返ってきました。だいぶ回復したとのこと。伝え聞いていたよりも元気そうな姿に安心しました。
日々の会話の中で、「体調を崩して」「どこそこが痛くて」「病院へ行ってきた」などという話が垣間見られるようになってきたアラフォーの私たち。友の体調不良も他人事ではありません。
    
「今まで一人でやろうと頑張りすぎました。これからは周りに、今以上にたくさん迷惑をかけながら生きていきたいと思いました」
と、朋のメール
   
「うんうん、迷惑をかけ合いながら生きていくものだよねぇ」
と、頷きながらメールを読みました。「今まで以上!!」と、突っ込みを入れながら
  
    
人間は、一人では生きていけないもの。
「私は一人で生きている」「私は人に迷惑はかけてない」なんて言っていると、独りになってしまいます。
「人様に迷惑をかけずに生きていきたい」「若い者に迷惑をかけたくない」なんて、殊勝なようだけど、傲慢だと思います。今まで迷惑をかけずに生きてきたつもりでしょうか。迷惑をかけ、かけられながら生きてきたのに。
「あなたに迷惑をかけたくない」なんて、大切な人のことを思っているようでいて、突き放した響きが含まれます。
「今まで迷惑をかけてきました。これからも迷惑をかけていきます」と言い合える関係っていいなと感じました。

« こたえはわたし | トップページ | 宗祖親鸞聖人750回御遠忌 東京五組団体参拝 下見ご報告 »

コメント

「お互い様」ということばがありますが、すてきなことばですね。迷惑をかけたりかけられたりという「助け助けられ」という、人と人とのつながりを大切にしてまいりたいですね。今月に入ってから、自閉症や知的障害を持つ方のガイドヘルパーを務めております。ヘルパーを務める私の方が、逆にたくさんのことを教えていただいた思いがいたします。傲岸不遜な自分が恥ずかしくなりました。

人っていいなあ。

字も本来も

☆がくさんへ
ガイドヘルパーをお勤めでしたか。
いつもこの場に座りっぱなしで、腰の重い私にとって、がくさんのお話はいつも刺激的です。
またゆっくりお話しましょう。
 
「傲岸不遜」ということば、存じませんでした。
ひとつ賢くなりました。こうならないように、気をつけてまいります。

☆叡智感謝さんへ
いいな いいな~ にんげんっていいな♪
という歌を口ずさんでしまいました。
「字も」だけじゃなくて「字も本来も」と書かれているところが とても響いてきました。ありがとうございます。
知らないうちに、いのちに対して「傲岸不遜」に生きていたかもしれません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« こたえはわたし | トップページ | 宗祖親鸞聖人750回御遠忌 東京五組団体参拝 下見ご報告 »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ