« 真宗本廟 | トップページ | 自分の理想通りだとして、その背後にはどれだけの犠牲があることだろう »

2010年9月 3日 (金)

大谷祖廟

3日、通信員協議会も終わり、大谷祖廟にお参りに行きました。
大谷祖廟には祖母のお骨が納めてあります。
  
Dscf2909
八坂神社を抜けて、円山公園右手に参道があります。
この参道を歩いていると、大谷祖廟にお参りに来たんだなぁって感じます。
暑さの中、荷物を持って、汗だくで坂の参道を歩きました。
正面に見える門(表唐門)は、7月末に屋根の葺き替え工事が終わりました。
    
Dscf2925
大谷祖廟の本堂も整備工事が行われていましたが、こちらも工事が終わり、参拝が可能になりました。
いつもは、表から手を合わせるだけだったのですが、今日は、中に入ってお参りさせていただきました。

Dscf2921
 
Dscf2922
御廟は整備工事中ですが、お参りはできるようになっています。
お花をお供えして、手を合わせてきました。
私が生まれる前に亡くなった祖母ですが、いつもここでお会いしています。
 
大谷祖廟から京都駅に向かい、東京に帰ってきました。
明日は徳玄寺様(港区三田4-8-36)を会場に、「親鸞聖人に人生を学ぶ講座」があります(講師 青樹潤哉先生)。お話をお伺いするのが楽しみです。
1時半受付 2時開式です。ご参加お待ちしています。(参加費500円)

« 真宗本廟 | トップページ | 自分の理想通りだとして、その背後にはどれだけの犠牲があることだろう »

コメント

> この参道を歩いていると、大谷祖廟にお参りに来たんだなぁって感じます。

本当ですね…。

連れ合いの実家が本願寺派なのですが、西大谷、大変立派です。売店とかロビーとか喫茶とか食堂とか…。実は10階建てのビルなんですね…。地下で見えない部分の方が階数があるという。大変、近代的です。

でも、参道は東大谷の方が好きだったりします。

☆theotherwindさんへ
大谷本廟も行ったことはありますが、
「実は10階建てのビルなんですね…」
そうなんですか!!
気付きませんでした。なにからなにかまで、東と西、違いますね。
でも、私も大谷祖廟が好きです

城端の大谷廟も大きな木があって良いです。参道の両側は地元のお墓がズラッとありますが…。古い墳墓は階段状のピラミッド型ですが、新しいお墓はみんな普通に「南無阿弥陀仏」の石柱になってしまっていますが…。多分少なくともここ30年くらいのうちに建ったお墓は、ほぼみんな「南無阿弥陀仏」なのではないか…と思いますので、新しい一角はほぼ100パーセント南無阿弥陀仏がズラッと並んでいます。古~い墳墓の場合、単にピラミッドで石柱に文字が刻んでいない(あるいは風雪で消えた?)ので、どれがどれだか分からない気はしましたが、30年ぶりかに城端に来て、みんな普通に「南無阿弥陀仏」なのはちょっとさみしい気もしました。形あるものは壊れる…ということですね。仕方ありません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 真宗本廟 | トップページ | 自分の理想通りだとして、その背後にはどれだけの犠牲があることだろう »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ