« 別世界としての彼岸があるわけではなくて、此岸も彼岸も我が人生 想い次第で此岸にも彼岸にもなる | トップページ | 2010年10月のことば »

2010年9月28日 (火)

親鸞さまがおわします⑧

【第8回 出遇い(であい)】
 
 「源空(法然)のもとへお行きなさい」
  
六角堂での観音菩薩からの夢告を受けて、範宴(親鸞)は源空のもとへ行く決心をします。
比叡の山で修行をする者で、源空の名を知らない者はいませんでした。その真摯な修行の態度、柔和な人柄は、誰からも尊敬されていました。それほどまでに比叡の山で修行に努められた源空でしたが、範宴に先立つこと二十五年ほど前、比叡の山を下りられました。修行を完成したからではありません。比叡の山だけでは完成しきれない何かを感じられてのことでした。
修行を積めば積むほど、迷いが深くなる今、源空上人のことが気になります。どうして山を下りられたのか。山を下りて、何をされているのか…。源空の評判を耳にしてはいても、実際に会ったことはありません。比叡の山での二十年間を捨てて、すぐに源空のもとへ飛び込むこともできずにいました。
しかし、観音菩薩からの夢告を受け、源空の草庵がある吉水に通う決心をしました。
   
源空上人の草庵には、老若男女、身分も貴賤も問わず、あらゆる人びとが集っていました。上人のお話を聞くため、大勢の人びとが草庵に集っていました。
  
  
阿弥陀如来は、私たち生きとし生けるものをすくいたいと願いを起こされました。
阿弥陀如来を信じ、「南無阿弥陀仏」とお念仏申しましょう。
南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏
   
    
  
源空の説くおしえは、シンプルなものでした。比叡の山で二十年にわたり、身もこころも極限まで追い詰めるような修行をしてきた 範宴にしてみれば、「そのようなことですくわれるのだろうか?」と、疑いすら抱いてしまうものでした。
しかし、自分が頼りとする場は、源空のもとしかありません。晴れの日も、雨の日も、どんなに天候が荒れていても、範宴は源空のもとへ通い続けます。多くの民衆とともに。

源空上人の話を聞き続けるうちに、いや、上人のもとを訪ねる人びとと会ううちに、範宴のこころの中に、変化が起こります。
上人のおしえを聞き、こんなにも喜び、通い詰められる人々がいる。失礼なことではあるが、比叡の山で修行する者と比べれば、知恵も知識も劣る人々が、私が今まで見たこともないような喜びに満ちている。精進することによって、何かを得るものだと求め続けてきたが、そうではなく、既にして与えられている何かがあるのではないだろうか。自身の知恵や知識によって、そのことに気付かずに生きてきたのではないだろうか。
 今まで、上人や、上人が説かれるおしえに対して、疑いの眼で見てしまっていた。上人のもとに訪れる人々に対して、自分は修行を積んできたものであるという驕りのこころを抱いてしまっていた。修行を積めば積むほど、迷いのこころが深くなっていたけれど、それは、私自身のこころに問題があった。そのことを上人や、ここに集う人々は教えてくださった。私は、やっと人に遇えたのかもしれない。私は、源空上人のもとで、おしえを聞き続けていきたい。ここに集う人々と共に。
時に範宴29歳 源空69歳のときのことでした。

« 別世界としての彼岸があるわけではなくて、此岸も彼岸も我が人生 想い次第で此岸にも彼岸にもなる | トップページ | 2010年10月のことば »

コメント

ホームページ作成を再開しましたが、なかなか筆が進みません。(笑

☆やすさんへ
白骨久しぶりのご参加ありがとうございます。
これからもよろしくお願いいたします。
 
「なかなか筆が進みません」
一度休むと、書き方を忘れてしまうものです。
私も、ブログを書けずにいましたが、最近、以前のように書けそうになりつつあります(感覚として)。
ゆっくり焦らずです。

毎日なんとかホームページを更新していますが、六要鈔・親鸞様が引用された論註の教えの物凄さ。やはり真実教だな! と驚愕・讃嘆させられています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 別世界としての彼岸があるわけではなくて、此岸も彼岸も我が人生 想い次第で此岸にも彼岸にもなる | トップページ | 2010年10月のことば »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ