« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

2010年8月31日 (火)

寺報を書いてたから、たくさんの人に遇えたんだなぁ

「ひとむかし前」というと、10年前のこと
「ひとまわり」というと、12年を意味します。干支がひとまわりしたということですね。
     
7月31日…寺報「ことば こころのはな」8月号を書いていました。が、なかなか文章が書けず、あきらめてソファに横になりました。ボーっと時計やカレンダーを眺めていて、ふと「12×12=144」という数式が思い浮かびました。いや、「144=12×12」といったほうが正確かな。
書くのに苦しんでいた8月号は、寺報144号でした。その144という数字が頭のどこかにあって、「12×12」が浮かんだのだと思います。毎月1日に寺報を発行し始めて、いつのまにか144号。つまり、12年経ったということ。
120号のときは、すんなり「もう10年か」と気付いたものですが、144号で12年とは、まったく気にもしていませんでした。よく続いたものです。なんか、あんまり変わってないなぁ、自分…。
8月1日発行の8月号を、7月31日に書いている。苦しみながら。12年間書いてきて、月末に苦しむことが分かっているのに、いまだに月末にならないと書き始めない。学習能力がないですね(月の途中で書いたこともありますが、月末になるとみんなボツです。自分で気に食わないのです。余裕を持ちながら書いた文章は。なんだか、自分が入ってない気がして)。
今、9月1日発行の9月号を、8月31日に書いています。苦しみながら。
   
  
西蓮寺では、元々 山門前に「掲示板のことば」を掲示していました。毎月1日貼り替えで。住職がことばを決めて、書いていました(毎月1日にアップしている「掲示板のことば」は、住職の字です)。
とき~どき、「掲示板のことば」の意味を尋ねられることがあって、何か解説文のようなものがあったらいいなと思っていました。で、いろいろなご縁が重なり、寺報「ことば こころのはな」を、私が書くようになりました。1998年9月のことです。
  
寺報も12年かぁと思いつつ、住職がずっと書き続けてきた「掲示板のことば」の備忘録を見せてもらいました。
一番初めは、昭和52年の3月でした。年数にすると、33年半。「ひとむかし」と「ふたまわり」程昔のことでした(そんな言い方ないけれど)。
数え間違えでなければ、8月のことばで402ヵ月目。今年の6月が、400回記念だったのですね。144なんて、たいした数字じゃないですね。 

2010年8月30日 (月)

私がやりました

足の小指をどこかにぶつけたり…
 
クモの巣に顔ごと突っ込んだり…
 
手に持ったアイスコーヒーをこぼしたり…
 
野菜を切っているときに、自分の手を切ってしまったり…
 
食事中自分の唇を自分で噛んでしまったり…
          
日常、ちょっとイラッとくるときがあります。そんなとき、「私がやりました」とつぶやいてみることにしました。8月は、自分の中で密かに「私がやりました月間」キャンペーンを展開していました。
すると、「私がやりました」とつぶやくことの多いこと 多いこと。先に書いたことのほかにも、
        
じゃれる娘から頭突きをくらったり…
    
妻の一言にカチンときたり…
    
すれ違う人とぶつかったり…
           
運転する車の前を自転車が横切り、轢きそうになったり…
     
喫茶店で、座った席に水がこぼれていて、ズボンに染みてしまったり…
   
ちょっと思い返しただけでもゴロゴロと。覚えていない事柄も、もっとあったわけです。でも、「私がやりました」とつぶやいてみると、イラッとくることも、カチンとくることも、カッとなることも、不思議とおさまってしまいます。「あぁ、私がやったんだもん、仕方ないよなぁ。ドジだなぁ」って、けっこう笑えます。
 
すべてを自分のせいにする、そう思えるようになる。ということをしようというキャンペーンではありません。
前半の5つなんかは、あきらかに自分のミスだから、「私がやりました」とつぶやけるかもしれません。
でも、後半の5つなんかは、「私がやりました」とはつぶやけないのではないか・・・。
と、思われるかもしれませんが、物事の道理を思うと、私にも責任があるんだなぁって感じるわけです。
  
じゃれる娘が頭を振った先に、私がいたわけです。娘だって痛かったことでしょう。
  
妻がカチンとくる一言を発するということは、私のなにかが気に障ったのでしょう。 
 
私にぶつかって来た人は、その人からすれば、私がぶつかっってきたわけです。 
  
轢きそうになった人は、その人からすれば、私に轢かれそうになったわけです(実際に轢いてしまっていたら、この文章を書けていたかどうかわかりませんけど)。 
 
水が零れていることに気付かない私にも、ミスはあるわけで。他にいくつも座る場所があるのに、そこを選ぶなんて、何かの縁でしょう。
 
物事の道理…すべては縁によって起こる。イラッとくる気持ちはなくせないけれど、「私がやりました」とつぶやくと、お釈迦さまが見出された事実に出遇わせていただける。8月はこころ豊かな月でした。9月以降も続けるのか?…さて、どうしましょう
 
「私がやりました」とつぶやいてみることはお勧めです。気持ちに一呼吸おけるからよかったのでしょうね。

2010年8月29日 (日)

続 副住職の頭の中

寺報7月号に「副住職の頭の中」という題で文章を書きました。単発のつもりでしたが、もう少し書きたいことがあったので、8月号にもその続きを書きました。
 

「私は、人間は、自分で生まれたいと思って生まれてくるのだと固く信じています」という想いをきっかけに、先月「副住職の頭の中」を書きました。続き物を書くつもりはなかったのですが、いろいろと想うことがありましたので、今月もお付き合いください。
   
「自分で生まれたいと思って生まれてくる」とは いっても、「生まれたい」という思いだけでは成就しません。「生まれてほしい」という願いがあるからこそ、生まれてくることができます。
善導大師がお示しくださったおことばです。
「既に身を受けんと欲するに、自の業識を以て内因と為し、父母の精血を以て外縁と為す、因縁和合するが故にこの身あり」(善導大師『観経疏』「序分義」)
「生まれたい」という思いと父母の縁が和合して、今、この身があるのです、と。
育児放棄をした母親が逮捕されました。2人の幼いいのちが亡くなりました。子供たちは、食べ物以上に、親の愛を求めていたことでしょう。育児放棄をした母親は、子供の誕生に喜びを感じていたと伝えられています。この手のニュースがあると、「ひどい親だ」という声が必ず聞こえてきますが、どんなに可愛い子どもであっても、いや、我が子だからこそ、腹が立つということもあります。関係が近いだけに、綺麗ごとだけでは済まされない現実があるのです。そのようなときに、面倒を見てくれる親や友人、隣人がいなかったのか。本当に育児をする気がなくなったのなら、引き取ってくれる施設もあります。心が苦しいです。
「生まれてほしい」という願いと「生まれたい」という願い。親子の関係で考えると、前者は父と母、後者は子供ということになります。しかし、哀しいことに、人間感情の世界では、「生まれてきてくれてありがとう」「生んでくれてありがとう」という情だけでは上手くやっていけない現実があります。「どうして生まれてきたんだ」「なんで生んだんだ」という想いと紙一重です。
  
「生まれてほしい」という願いと「生まれたい」という願い。私は、前者は阿弥陀如来、後者は私と引き受けています。「生まれてほしい」という阿弥陀如来の願いと因縁和合して、今、この身を生きています。
ということは、私(白山勝久個人ということではなく、誰であっても)がいるということは、阿弥陀の願いが成就しているということ。「南無阿弥陀仏とお念仏申したら、どんなご利益がありますか?」と問われますが、念仏を称えたことによるご利益なんてありません。念仏称える身があるということがご利益です。「真宗の救いとは?」と尋ねられ、「今、この身があることです」と必ず応える私。すると、「そんなことあるわけない」と言われてしまいますが。
 
生きとし生けるもの、いのちあるもの、そのいとなみは、波に似ていると感じます。海に生じる波。形も大きさもみんな違う。癒しを与えるさざなみもあれば、いのちを奪う津波もある。けれど、どちらも波。波は、すぐに海と一味となり、またいつか波として生じる。海とは、阿弥陀如来の願い。「どうか生きてほしい」。その願いの中から生じる波(いのち)。色も形も能力も、みんな違うけれど、みんな同じいのちを生きている。背景には阿弥陀如来がいる。
 
親と子は、肉体だけ考えれば、父と母それぞれの個体があって、子供という個体がある。独立したもの。しかし、受精によって生じ、受精によっていのちを伝えていくのだから、独立しているとも言い切れない。親であっても子であっても、同じいのちを生きている。連綿と続くいのちを、それぞれの形でもって表わしている。海から波が生じるように。波として生じるのに、ほんのちょっと時間差があっただけのこと。
 
波は、他の波を波として認識しないけれど、人は、他の人を人として認識できる(関心を持てる)。親として、子として、この大海原で、出遇うはずのなかったものどうしが出遇い、共に歩む。親であっても、子であっても、生まれてほしい、生きてほしいという 願いに包まれながら。(了)

2010年8月27日 (金)

敬語で話せる場

こんにちは 白山勝久です。
本山(京都 東本願寺)発行の「同朋新聞」8月号 4面「現在(いま)を生きる」に取材記事を載せていただいています。
9月号が発行されましたので、8月号の記事をここで紹介させていただきます(出版部さん、アウトだったら連絡ください)。
        

敬語で話せる場
  ~髙德寺「寺子屋の時間」~
   東京教区東京5組 髙徳寺同朋の会

 「ご法話を聞きに、ぜひ報恩講にお参りください」。報恩講を目前に控えた秋のお彼岸でも、報恩講を終えた年の暮れでも、副住職の新井義雄さんは同じ誘いの言葉をかけてきました。
 親鸞聖人の教えに出遇ってほしい。新井さんのその想いに偽りはない。手書きにこだわった寺報「おかげさん」は、13年で50号に達します。寺報は続けてきたけれど、髙德寺において、聞法に誘う場は報恩講だけ…。そこで新井さんは、聖人の教えに出遇える場を作るため、同朋の会を立ち上げました。講師を、日ごろお世話になっている本多雅人蓮光寺住職に依頼すると、「お引き受けいたします。しかし、あなたが、聖人の教えを伝えたいという想いで立ち上げられる会です。あなた自身のいただきを、あなたの口からもお伝えください」という言葉をかけられ、交互にお話をすることにしました。2007年1月、髙德寺同朋会「寺子屋の時間」が誕生しました。
 同朋会の参加者は、寺報によって副住職の想いを元々感じ取っていました。その土壌があり、参加者どうしが仲良くなることに時間はかかりませんでした。悲喜こもごもの自分の想いを語りあえる場として、寺子屋は笑顔の絶えない場となりました。
 だからといって、馴れ合いはない。参加者の一人が言いました。「ここは、敬語で話せる場なんです」と。決して、年功序列とか、自分より経歴が上だから敬語を使うという意味ではない。自分の経歴・身に起きたこと・今抱えている悩み。そういったものを吐き出せる場であるからこそ、寺子屋に集う人々は、相手に対する敬意が自然にわいてくる。寺子屋を通して、教えに触れる人が一人また一人増えていく。相手を敬う気持ちに目覚めながら。
 同朋の会の結成を教務所に申請し、提灯が授与されました。「提灯」は、私たちを照らし出す法の灯を表しているのでしょう。他者を敬う気持ちを持つことによって、その人自身の存在の尊さが照らし出されてきます。
(東京教区通信員 白山勝久)


   
      
日ごろお世話になっている髙德寺様ですが、よそのお寺の同朋の会に顔を出すということは、なかなかありません。取材という形ではありましたが、温かな場に加えさせえていただきました。
  
さて、紙面では伝えきれなかった想いを少々。
「敬語で話せる場」などと言うと、こんにち 敬遠されそうですよね。「どうして敬語で話さなくてはいけないのか」「堅苦しい場だ」などと思われてしまうかもしれません。しかし、記事の題名を「敬語で話せる場」としたのは、寺子屋に身を置いていて、参加者のみんなが自然に相手を敬っているような空気に触れたからです。「敬語」といっても、国語の文法上の「敬語」をみんなが使っているというわけではなく、他者を認めながら接しあっているというような場の空気・雰囲気です。
親鸞聖人のおしえにふれ、つどう人々を、「御同朋御同行」と言います。聖人のおしえをよりどころとし、そこに集う仲間といった意味です。しかし、その「御同朋御同行」ということばが、ただの仲良し程度の意味になってはいないだろうかと、感じていました。もっと深いつながりが自然に築かれていくような関係。それを、「御同朋御同行」というのではないだろうか、と。
   
そんなことを日ごろ思っていた中で、寺子屋の参加者の方がポツリと言われたのが「ここは、敬語で話せる場なんです」でした。ビックリしました。
さっき、「敬語で話せる場などと言うと、こんにち 敬遠されそうですよね」と書きましたが、なんてことを書くということは、私自身が、敬語で話すことは堅苦しいことという想いを抱いていたのでしょう。
そんな私に、「ここは、敬語で話せる場なんです」という一言。「敬語で話せる」ということは、けっして堅苦しい関係ではなく、尊敬の念があるからこそ、自然にできることなんだと感じました。
その一言に感銘を受けて、今回の記事は、「敬語で話せる場」という題で書かせていただきました。
  
「御同朋御同行」とは、「敬語で話せる関係」。法に集う場で、他者を敬う気持ちが自然に築かれていく。
        
      
  
取材をして、以上のような想いをしたことを妻と話していました。
そういう背景があって過ごしたこの夏。   
        
妻が、秋田の実家に帰省していたときのこと。
妻と娘が散歩をしていると、向かいから小学生の子供たちが歩いてきました。子供の手には、ダンボールが。
妻と子供たちが対面したとき、子供たちから声をかけてきたそうです。
「こんにちは」
「こんにちは。なにを持っているの?」
「子猫を拾ったんです。見てください」
子供たちが持っていたダンボールの中には、まだ目も開いていないくらいの子猫が数匹。
「むこうの公園で拾ったんです」
「そうなの。元気になるといいわね」
「はい」
と、会話をして去って行ったそうです。
  
子猫たちのその後が心配ですね。
子供たちの話し方が、とても素敵だったと妻が言っていました。きっとご家庭でも、家族がお互いを敬いながら生活を共にされているのではないでしょうか。
子猫を飼うことを許してもらえたら、あるいは、誰か引き取ってくださる方が見つかっていればいいのですが。
                  
    
    
「敬語で話せる」って、敬うとか尊ぶとか、そのような意味合いで言っているのではありません。人と人とが、人と人としてお話ができる。逆に、敬うとか尊ぶとかいった感情が入るまでもなく。そういう関係が、「御同朋御同行」なのかなぁと、感じた夏でした。    
髙德寺様及び「寺子屋の時間」に集う皆さん、取材の際はお世話になりました。大切なことを感じるご縁をいただきました。ありがとうございます。夏の疲れもたまっているころです。まだ暑さが続くそうですが、お体お大事に。

2010年8月16日 (月)

終戦…?

夏になると、過去を偲び、戦争に関する映像をよく目にします。そして誰もが、戦争のない世の中を望むと口にします。

ここ数年、その光景に疑問というか、矛盾というか、恐怖というか、なんとも表現できない感情を抱いています。
端的に言うと、「戦争のない世の中を望む」と言う人間が数多く暮らしている現代日本の姿が、どうして今のような光景となって目に映っているのだろうということです。
公共の交通機関の優先席に、堂々と座る健常者(健常者という表現も、なんだかなぁと思いますが、ここでは敢えて使います)。

ゴミを捨てる場所ではないのに、ポイポイ捨てるヒト。ゴミを分別せずに捨てるヒト。ゴミを捨てる日ではないのに、捨てるヒト。

歩道を歩く人に、どけどけ!とばかりにベルを鳴らす自転車に乗ったヒト。

自分の身内の死ですら、届け出ないヒト。

子供を虐待するヒト(自分を高見に置いて、幼い子供を教育しようなどと驕るから、腹が立つのです。幼い子供も、人に変わりありません。一人の人間として接して、目線を同じくして、敬語で接してください。腹が立つことがあることに変わりはないけれど、対等に話すということを、私から実行すれば、どんなに幼い子供でも、会話は成り立ちます。虐待は成り立ちません)

挨拶できないヒト(は、沢山いますが、せめて挨拶をされたら、それに返したいものです)

給食費を払わないヒト(本当に払えない人もいることと思います。そうではなくて、個人的遊興費には惜しみなくお金を使うのに、給食費など公共のお金を使うことは出し渋る。そういうヒトは「誰々も払ってないのに、どうして私は払わなくてはいけないの?」というそうです)

なんてことを言うと、それとこれとは違うなどと言われてしまうことでしょう。
それでも、こんなことをしているヒトたち(特定の他者ではありません)が、どうして「戦争のない世の中を望む」などと言えるのか。 ここ数年、そんなことを考えてます。

それから、もうひとつ。
「戦後」「終戦」と表現し、「戦争のない世の中を望む」などという。
これは、「戦後」「終戦」ということは、先の大戦は過去のことにしてしまし、「戦争のない世の中を望む」ということは、これから起こってしまうかもしれない戦争を未来のこととして捉えていることの表われ。過去現在未来が分断しています。
夏になると、いや、夏だけ、反戦を唱える。
今、世界のどこかで起こっている争いには気付かぬ振りをする。
私が抜けているというのか、私さえ良ければいいというのか。そのような現実を感じています。

大戦は過去のことかもしれないけれど、今、私たちが生きている世界は、過去から続く流れの中に、ハッキリといます。
他国では、今、現に戦争の恐怖に怯えながら暮らしている人がいます。
戦争とまでは言わなくても、交通戦争・受験戦争・家庭内不和などと言われている現代を生きる私たちに、「戦争」が過去のことであったり、未来に起こること(起こってほしくないこと)と言えるでしょうか。

「戦争は昔のことだから、その恐さ・苦しみは、分からない」
「よその国で起こっている戦争のことは、日本で暮らしている私には分からない」
…正直な想いだと思います。口先だけで反戦や平和を訴えるよりも。
しかし、戦争を分断した考え方で捉えるのではなく、今のこととして捉える眼を持ち続けることが、大切なのだと感じています。

「ヒト」と「人間」…同じようでいて、全く違います。
「ヒト」は、関係性を生きていない、個を生きているだけの生物。
「人間」は、関係性を生きる者。
「ヒト」として生きていても、「人間」として生きていても、争いが起こることに変わりはありません。私は、関係性を生きる「人間」なんだと自覚したからといって、その自覚によって争いが無くなるわけではありません。でも、「ヒト」は、自分が争いの種であることに無自覚です。「人間」は、自分こそ争いの種であると、自覚的に感じられると思います。それにもかかわらず(争いの種であるにもかかわらず)、関係性を生きる一員でいられる。それが、「人間」なのでしょう。

戦争の記憶が薄れることが哀しいのではない。この私こそ争いの種であったという自覚が薄れることが哀しい。
「戦後」「終戦」「戦争のない世の中を望みます」…これらのことばに、どこか自覚の薄れがないだろうか。

2010年8月 1日 (日)

2010年8月のことば

 Dsc_1300
 後世に残るこの世界最大の悲劇は、
  悪しき人の暴言や暴力ではなく、
  善意の人の沈黙と無関心だ
        キング牧師

        
人種差別と戦い、公民権運動に心血を注がれたキング牧師(マーティン・ルーサー・キング・ジュニア 1929~1968)。
彼の目には、差別する者と差別される者とが見えていて、世界最大の悲劇とは、今、現に行われている差別ではなく、差別される者が、このまま声を挙げることなく、沈黙を続けていくことだと訴えたのでしょう。沈黙と無関心…それが、世界最大の悲劇を、後世に残してしまう、と。
マザーテレサの「愛の反対は憎しみではなく、無関心です」ということばも思い起こされます。
憎しみといえど、そこには関心が ある。憎しむ対象の存在を認めているという点で、憎しみにも愛は内包されています。無関心は、関係性を断ち、他者を苦しめるだけでなく、結局は自分にも返ってきます。すべての者を苦しめるのが、無関心なのでしょう。
 
無関心が世界最大の悲劇を生み出す。無関心であるということは、そこに感動も感謝も生まれません。無関心である者に、どれだけ愛情が注がれても、慈悲のこころで包まれても、その喜びにひたることはないことでしょう。
   
年々雨による被害が増えているような気がします。降水量が増えたというよりも、雨のしみこむ大地がないことが、被害を大きくしているのではないでしょうか。森林の伐採により、地面にしみこむはずの雨が山から川へと一直線に流れ込む。都市部はアスファルトで地面が覆われ、雨がどこにもしみこまずに家屋を浸水する。大地や生命に潤いを与える雨が、どこにもしみこめず、危害を与えています。
潤いを与える雨を受け付けない地面は、現代人を感じさせます。人との関係を断つ無関心。感動も感謝もなく、溢れんばかりの恩に気付かずに生きています。そう、生きているということは、たくさんの恩(潤い)が溢れている中を生きるということ。そのことに気付かず、こころはどんどん干からびていく。それでいながら、この世には温もりや優しさがないと愚痴をこぼす。溢れんばかりの潤いを、こぼしながら生きているのに。
   
人は、善悪をハッキリつけたがります。さて、悪とは何でしょうか。善とは何でしょうか。
チャップリン(1889~1977)が戦争を風刺した映画「殺人狂時代」に、「一人の殺害は犯罪者を生み、百万の殺害は英雄を生む。数が(殺人を)神聖化する」というセリフがあります。殺人は犯罪ですが、戦争という場において人を多く殺すと英雄とたたえられる。もちろん、どのような場・時代であっても、殺人に変わりはないのですが、戦争は人を狂気に導きます。今、悪とされることも、戦争が始まれば善となることもあるでしょう。戦争とまではいかなくても、私自身の立場や生活環境が変わったとき、私の中の価値観が転換してしまうということは、よくあることです。善悪白黒ハッキリつけてしまいがちですが、そんなに単純なことではないのです。
 
相手のことを想って発したことばを暴言と受け取られたり、相手のことを想ってとった行動が暴力と受け取られることがあります。相手のことを想って、黙って見守っているつもりが、無責任だと受け取られる事もあります。
悪だの善だの言いますが、悪も善もないのです。あるのは、ここに人がいるという事実です。人は、時や場合によって、対する人によって、私自身の気分によって、悪でもあり善でもある私を生きているのです。
  
ことばは、人をすくうこともあれば、人を傷つけることもある。そのことをこころに留めながら、寺報を書いています。
   
   
 
今月のギャラリー
Dsc_1293

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ