« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

2010年7月29日 (木)

副住職の頭の中

寺報7月号の裏面に書いた文章「副住職の頭の中」をアップさせていただきます。

寺報4月号で、「私は、人間は、自分で生まれたいと思って生まれてくるのだと固く信じています」と書いたら、「そんなことあるわけない」という反論を多数いただきました。確かに、生物学的に見れば、「そんなことあるわけない」のかもしれませんが、生まれることに意思があるか否かの話をしているのではありません。「そんなことあるわけない」と言われる方は、こう続けます。「自分で生まれたいと思ったのに、どうして障害を抱えて生まれるのですか」「どうして能力や才能を持つ者と持たない者が存在するのですか」と。平等のいのちのはずなのに、そうはなっていない現実を歎いてのことだと思います。その人にしてみれば、純粋な想いでの反論なのは伝わってきます。 しかし、その純粋な反論に怖さを感じます。「なぜ障害を持って生まれるのか」「なぜ能力や才能に違いがあるのか」という想いの根っこには、「健常者(と言われる者)が良くて、障害者(と言われる者)は可愛そう」「才能があり、功績を残している者は勝ち組。才能もなく、なにもできない者は負け組」というように、無意識な差別意識が内在しています。健常者と障害者、才能の有る者と無い者という差異は、確かにあります。けれど、それらに誰が優劣をつけられるというのですか。どこに優劣があるというのですか。   以前、「実際に殺人を犯した者も、頭の中で誰かを殺したい(あいつさえいなければ)と思った者も、罪は同じである」と書いたら、やはり反論をいただきました。「そんなことあるわけない」と。立法国家に生きる者としては、罪が同じであるわけはありませんが、他者の存在を認めないという意味において、実際に手をかけることも頭の中で思うことも、その罪に変わりはありません。つまりは、誰もが罪を抱えて生きているのです。 「あれはいけません。ああいうことをしましょう」と、道徳的なことを言うのであれば、この寺報は作っていません。閉じこもった思考に対し、少しでも違う視点を与えられれば、ちょっとでもくさびを打ち込むことが出来れば。そんなことを想いながら、毎月筆を執っています。 私の文章は「分からない」と言われます。はじめは、「文章が稚拙だから伝わらないんだ」と、己の文章力のなさを歎いていました。しかし、まったく予期せぬ価値観が現われたから、「分からない」ということもあるのだと思うようになりました。価値観の転換、新たな視点は、人生を面白くすると思います。 誰もが、自分の思い通りになればいいと思いながら生きています。その思いは勝手ですが、「自分の思い通りにしたい」「自分の好きに生きたい」と言うからには、生まれそのものに責任があるということを背負って欲しい。そういう想いも含めて、「私は、人間は、自分で生まれたいと思って生まれてくるのだと固く信じています」と主張しています。

2010年7月28日 (水)

親鸞さまがおわします⑦

【第7回 夢告(むこく)】
六角堂への百日間の参籠を決めた範宴(親鸞)は、比叡の山から洛中にある六角堂への参籠を続けます。
参籠を始めて95日目の寅の時(午前4時頃)、範宴は夢を見ます。六角堂のご本尊、観音菩薩が、悩み苦しむ範宴の前に立ち、次のように語りました。
   
行者宿報設女犯
 (ぎょうじゃしゅくほうせつにょぼん)
 (行者宿報にてたとい女犯すとも、)
我成玉女身被犯
 (がじょうぎょくにょしんぴぼん)
 (我玉女の身となりて犯せられん。)
一生之間能荘厳
 (いっしょうしけんのうしょうごん)
 (一生の間よく荘厳して、)
臨終引導生極楽
 (りんじゅういんどうしょうごくらく)
 (臨終に引導して極楽に生ぜしむ。)
   
「仏道を修行しているあなたが、前世の宿業によって、女性を求めるのなら、私が玉のように美しい女性となって添い遂げましょう。一生の間あなたの生活を美わしく飾り、臨終の際には、あなたを極楽に導きましょう」
  
人は、煩悩を断ち切れず、欲望に振り回されながら生きています。煩悩を断とうと仏道修行に励むのですが、どうしても断つことができません。夢の中での観音菩薩のことばは、性的欲望で表現されてはいますが、あらゆる煩悩を含んだ意味でもあります。
二十年にわたり比叡の山で修行してきた範宴でさえも、女性に対する想いは断ち切れませんでした。また、衆生救済を願っての修行は、新たな迷いを生み出してもいたのです。
   
 衆生救済の願い
 想いを成就したいという欲求
 想いを成し遂げることができない焦り
 いのち尽きることへの恐れ
   
これらの迷いが範宴の身にのしかかっていたのですが、観音菩薩は、それらすべてを受け入れてくださったのでした。 そして、源空(法然)のもとへ踏み出すことを勧めます。

2010年7月27日 (火)

秋田に来ています

妻の帰省にお供して、秋田に来ました。
秋田竿燈まつりが8月3〜6日に行われます。
私は、その前に帰京するので、まつりが見られず残念です
秋田に来ています

秋田のマンホールも竿燈を描いていました。
秋田に来ています

2010年7月13日 (火)

お盆…逆さまな私 そのことに気付いていない苦しみ

お盆の時期になりましたね。
「お盆〔盂蘭盆(うらぼん)〕」とは、「ウランバーナ」というサンスクリット語(インドの言葉)の音訳で、「逆さ吊りの苦しみ」という意味です。
   
一般的には、このように「お盆」の説明がされていますが、私には分かりませんでした。どうして「逆さ吊りの苦しみ」が「お盆」なのでしょうか?
   
「お盆」は、「仏説盂蘭盆経」というお経に由来します。そこには、お釈迦さまのお弟子さんの目連(もくれん)さんと、亡くなられたお母様のお話が説かれています。
亡き母の身を案じた目連さんは、神通力(じんずうりき)という不思議な力でお母様を探し回ります。
しかし、お浄土のどこにも母の姿は見当たりません。 そこで、餓鬼道(がきどう)という、飢えに苦しむ地獄に行きました。すると、そこに母の姿がありました。飢えに苦しむ地獄です。母はゲッソリやせ細っていました。見かねた目連さんは、食べ物や飲み物を母に手渡すのですが、それらはすべて炎と変わり、口にすることはできません。
なんとか母を助けてあげたいと思った目連さんは、お釈迦さまに相談します。「母だけではなく、餓鬼道に堕ちたすべての人々のことを想い、供養なさい」と言われ、目連さんは供養しました。母を助けたいと念ずる目連さんの目には、お浄土に行かれるお母様の姿が見えたということです。
   
このエピソードが由来となって、「お盆」には亡き人のためのご供養をする習慣が生まれたと伝えられています。
お盆には、迎え火送り火という慣習に表わされるように、亡くなられた方が、あの世とこの世を行き来するらしいですね。
地域によっては、ナスとキュウリで、牛と馬の人形を作ります。ナスは牛、キュウリは馬にかたどられます。ご先祖様に乗っていただく乗り物なのですが、こちらに来るときはキュウリの馬に乗って、早いお着きを待ちわびます。そそして、お盆が終わると、ナスの牛に乗って、ゆっくり丁重にお送りするのだそうです。
葬送の儀式において、「安らかにお眠りください」と言っておきながら、こちらの都合を押し付けています。安らかに眠れませんね。
葬送の際は「安らかにお眠りください」と見送り、身の回りに不幸が起これば、「亡き人が迷っているのでは」と気にする。さて、安らかでないのは誰でしょう? 迷っているのは誰でしょう?
   
真宗では、迎え火送り火を炊きません。慣習として炊かないというのではなく、炊く必要がないのです。亡き人の霊や魂が行ったり来たりするなどということはないのですから。
私たちは、大切な人・身近な人の死を縁にして、いのちについて考える眼をいただきます。亡き人は、人生の師なのです。師は、常に私と共にいます。行ったり来たり、迷ったりする存在ではありません。もし迷える出来事があったならば、それは、亡き人が迷っているのではありません。迷っている私自身が迷っているのです。
   
目連さんのお母さんは、生前、わが子に貧しい思いをさせないために、他者の食物や衣類を奪ったといわれています。目連さんのお母さんが、餓鬼道(物が手に入らない地獄)に堕ちたのは、そのためです。
どのような理由があっても、人の物を奪うことは許されません。許されませんが、目連さんのお母さんを責められる人は果たしているでしょうか。誰もいないのではないでしょうか。
縁あれば、人のものを奪い、殺してしまうこともある。人のものを奪っていない、人を殺していないのは、そのようなことをしないで済んでいる縁に出あっているだけのことなのです。
  
自分の迷いに無自覚で、亡き人を迷わせている私。
自分を良いものとして、他を責めてしまう私。
…私自身のあり方がまったく「逆さま」なのです。しかも、その逆さまな状態に気付いていないのです。
   
「お盆(ウランバーナ)」の意味は、「逆さ吊りの苦しみ」です。しかし、私たちは「逆さま」でありながら、そのことに気付いていません。「逆さ吊りの苦しみ」を感じていないのです。
「逆さ吊りの苦しみ」に無自覚な私は、知らないうちにどれだけの人を傷つけていることでしょう。そのことに気付いて欲しい。逆さまの苦しみを常に感じている私でいてほしい。苦しみ・痛みのないところに、人を想う気持ちは生まれないのですから。
   
「逆さ吊りの苦しみ」に無自覚な私の姿に気付くということは、なかなかあることではありません。「お盆」は目覚めのきっかけを与えてくれる仏事です。もっと言えば、仏事全般が、私を映し出す鏡なのです。
目覚めのきっかけを与えてくれるのは、私の姿を映し出してくれるのは、亡き人からいただいた教えに出遇う縁のおかげです。
   
供養とは、亡き人の身を案じることではなく、亡き人から案じられている我が身に気付くことです。
「お盆」は、先祖や亡き人からいただいた聞法のご縁です。私の姿を見つめなおす大切な仏事です。私自身を見つめなおすこと・・・そのことが本当の意味でのご供養になります。
南無阿弥陀仏

2010年7月11日 (日)

筋を通す

縁によって成る私は、数え切れないほど多くの人々とのつながりを生きている。
そのつながりという筋(すじ)は、何本もあり、それぞれが複雑に絡み合い、交差している。
  
「筋を通す」ということは、人として当然の行為であり、
筋を通せる人は、人からの信頼も得る。
  
しかし、幾重もの縁を生きる私には、幾本もの筋がある。
一本の筋を通すということは、それとは違う別の筋を通さないということと裏表。
 
筋を通すとき、それと同時に、筋が通されない者・傷つく者が存在することを、忘れてはならない。
 
厄介なことに、筋を通した相手でさえも、傷つけることがある。
この人のため…そのつもりで通した筋も、私の中で崩壊し、筋を通すことを貫けなくなることもある。それならば、初めから筋を通さないべきであった。という筋の通し方もある。
  
筋を通す。
1対1の関係で生きているのなら、それも通るだろうけれど、
生きとし生けるものの中を生きている私。
一本筋を通すということは、多本の筋を通さぬという現実が、そこにはある。

2010年7月 4日 (日)

暮らしにじぃーん リニューアル

真宗大谷派 東京教区のホームページ「暮らしにじぃーん」がリニューアルされました。
明るく、見やすくなったと思います。
       
スタッフとして関わっていますが、私はハード面はさっぱりなので、ハード面のエキスパートの方が、7月1日リニューアルを目指し、身を粉にしてがんばってくださいました。頭が下がります。
さて、これからはソフト面ですね。次はソフト面担当が頑張る番ですね。お楽しみに(と言ってしまっていいものか)。


2010年7月 1日 (木)

2010年7月のことば

  Dsc_1208
  老・病・死
   このあたりまえのことが、
    ただごとでないことを、
    身体から教えてもらうこのごろ

 
いのちあるもの、いのち終えるときが来ることを、頭では分かっています。
けれど、私にはまだ関係ないことと思い、遠ざけたいことと避け、我が身のこととして実感するときには、おびえてしまいます。
いのち終えるときは誰にでも訪れる。
避けても、そのときは確実に来る。
おびえない方法があるわけではない。
いのちあるもの、いのち終えるときが来ることを、頭では分かっています。頭では分かっているけれど…分かってはいません。
  
老い、病み、死ぬ。
いのちあるものに訪れる、これら あたりまえの尊厳を教えられるのは、私の身体から。あたりまえの尊厳が、我が身のこととなったとき、そこで初めてただごとでないことを教えられる。
ただごとでないこと…老い、病み、死ぬことがただごとでないのではない。生きているという事実。そのことがどれだけただごとでない出来事だったか。
病気や怪我もない、健康な身体が尊いのか。老い、病み、いのち終えた身体は尊くないのか。

俳優の大滝秀治さんが、「健康と元気は違う」と仰ってました。
「健康」とは、病気や怪我のない身体を言うのでしょう。
「元気」とは、たとえ病気にかかってはいても、前向きに生きる姿勢を言うのだと思います。ただごとでないいのちを生きていることを、身体から教えてもらった者に輝く特権だと思います。
 
和田 稠先生(石川県 浄泉寺)は、2006年1月1日、数え90歳で還浄されました。体調を崩されるギリギリまで親鸞聖人の御法を伝えておられました。
ご法話を聞きにいくと、いつも「はからずも おいのちをいただき、また皆さんとお会いすることができました」と切り出され、「この歳になって、足も目も弱ってきました。面白いものですね」と、笑顔で語られた姿が目に焼きついています。
足も弱り、視力も弱くなっていく。いのちの厳粛な姿を、シッカリといただいているからこそ、「面白い」と表現されたのだと感じます。
アンチエイジングという言葉があります。少しでも若く見られたい、少しでも老化を防ぎたいという、いのちに対する思い上がりのように感じます。

生きていくうえで、災いとなるものは無くしたいものです。現に、様々な原因を取り除き、環境を整えてきました。その結果、安心を得るどころか、不安が拡大しています。
「寛容」ということばがあります。他人を責めない、懐の広い態度を寛容と言いますが、免疫学において「寛容」とは、体内にある悪いウィルスとの共存を言います。悪いウィルスなど無くしてしまえばいいと思いがちですが、このウィルスを無くしてしまうと、身体そのものが成り立たないのだそうです。今年の4月に亡くなられた免疫学者の多田富雄さん(東大名誉教授)は、「寛容」の世界観を、免疫学においてだけではなく、今の人間社会においても重要な要素であると訴えておられました。
嫌なこと、悪いことはすべてなくしてしまいたいという潔癖さは、あたりまえのようにいただいている全ての物事が、ただごとでないものであったという感動を奪ってしまいます。

この数ヵ月の間に、住職は足の怪我、坊守はめまい、私は腰痛を患いました。
ただごとでないいのちをいただいていることを、身体から教えてもらっているこのごろです。死へと向かういのちを実感しています。面白いものですね。
  
   
 
今月のギャラリー
Dsc_1178 Dsc_1197

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ