« 2010年6月のことば | トップページ | 2010年7月のことば »

2010年6月28日 (月)

親鸞さまがおわします⑥

【第6回 六角堂参籠】
範宴(親鸞)が、磯長で「余命十余年」という夢告を受けてから十年が経とうとしています。
いのち尽きるまでに、衆生救済のさとりを得ようと修行をしてきた範宴でしたが、さとりを得られずにいました。範宴はあせります。
「私のいのちは、間もなく尽きてしまう。吐く息吸う息の、一息一息が寿命だと仏陀は説かれたが、今まさにそれが実感できる。残された時間は少ない」
想いを成し遂げることができずに、いのちを終えていくことにあせりを感じ、修行にも迷いが生じます。範宴の頭の中を、さまざまな想いが駆け巡ります。
「私は何を悩み、何をあせっているのだ。いくら寿命が迫っているとはいえ、この比叡の山においてすることはひとつ。仏陀のおしえをいただき、その実践に努めるのみ」
  
 衆生救済の願い
 想いを成就したいという欲求
 想いを成し遂げることができない焦り
 いのち尽きることへの恐れ
   
誰もが認めるほどに、真摯に修行に励んできた範宴ですが、励めば励むほど、自らの想いに縛られていくことも感じていました。
29歳を迎えた範宴は、今まで歩んできた道を振り返り、今感じている自縛のこころを問い、これから歩むべき道を求めるために、洛中にある六角堂へ百日間参籠することを発願します。
六角堂は、聖徳太子の建立と伝えられています。

« 2010年6月のことば | トップページ | 2010年7月のことば »

コメント

> 六角堂は、聖徳太子の建立

比叡山の僧というと国家公務員のようなイメージがあります。官ですよね。

六角堂は、それに対して、庶民の信仰、というイメージがあります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2010年6月のことば | トップページ | 2010年7月のことば »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ