« この場だから語れること | トップページ | 2010年6月のことば »

2010年5月28日 (金)

親鸞さまがおわします⑤

【第5回 比叡の山での修行(2)】
  
範宴(親鸞聖人)は、比叡の山で厳しい修行に努めました。しかし、入山から10年ほどの歳月が経ち、19歳を迎える頃になっても、衆生救済の道は見出せません。修行の方法が間違っているのか…救いの道を見出せず、範宴は悩みます。
観音菩薩の化身と伝えられる聖徳太子に、自分の悩みをぶつけるため、磯長(しなが)にある聖徳太子廟に参詣し、籠られました。
籠り始めて2日目の晩、範宴は夢を見ます。聖徳太子が夢に現われ、範宴に伝えます。
「あなたの寿命は、あと10年あまりです」
その衝撃的な夢に、範宴は目を覚まします。
「私の寿命は、あと10年…」
自分の寿命を告げられた範宴は驚きます。比叡の山に入ってからの10年、私は何をしてきただろう。残り10年という時間で、私は何が出来るのだろう。過去を悔い、未来を悩む範宴は、得度の際に慈円和尚の前で詠んだ歌を思い出していました。
   
明日ありと 思う心の あだ桜 夜半に嵐の 吹かぬものかは
    
「たった一夜の嵐で、美しく咲き誇っていた桜も、すべて散ってしまうこともあります。明日があると思っていても、その明日は、もう来ないかもしれません」
   
得度はまだ早いと諭す慈円和尚に、私はなんと大それたことを言ったものだ。それにも関わらず、得度を認めてくださった慈円和尚。私は、得度を志したときの想いを持ち続けてきただろうか。慈円和尚に大言した決意は嘘だったのか。
比叡の山での10年を振り返りながら、救いの道を得られないことを、経文やお山のせいにして、自身のこころを問わずにいたことを恥じました。
比叡の山に戻ってからの範宴は、以前にも増して修行に励みました。その姿には鬼気迫るものがあり、もはや誰も批判する者はいません。真摯な求道の姿に、誰ともなく言い出しました。
「範宴の姿は、まるで源空上人のようだ」
  
「ゲンクウ・・・皆が尊敬するその人は、どのような方なのだろう」
以前は気にも留めなかった名が、範宴の脳裏に焼き付けられます。

« この場だから語れること | トップページ | 2010年6月のことば »

コメント

東京練馬の真宗会館での沙加戸弘先生の親鸞聖人御絵伝 絵解は、会場、つねに大受けでした。物凄くお話のうまい方ですね

(もっとも絵解は、江戸時代に始まって、爆発的人気だったものの、あまりに俗っぽくなりすぎて、明治時代に禁止、厳密に言えば今でも大谷派では禁止は解かれてはおらず、禁止なのが有効なのかも知れませんが…)。

プロジェクターでスライド上映ですから、まあ関係ないんですが、差し棒の先は山鳥の羽根がベストとされていますので、今日は正真正銘山鳥の羽根です、お寺で拾いました、というようなお話で、受けまくりでした。

御絵伝は吊ってあるけど遠くて見えないですとか、御伝鈔のもんごんが高尚すぎて分からない(最初の1/10の時間で毛穴から睡眠学習に突入)ですとか、ということは実際にはあり得ますので、本当に楽しかったのですが…

この絵解で、会場が受けまくっていたのが、吉水入室の絵があって、その後で、六角夢想の絵が来るのは、日本語には、結果から先に言うという言い回しがあるんです。お茶を沸かすと言います。お茶を沸かしてどうすんねん、お湯を沸かしてお茶を入れる…。嫁をもらうと言います。嫁をもろてどうすんねん、娘をもろうて嫁にする…。そういうことではありません。結果を先に言うということがあるんですという部分。

うまいです。

受けまくってました。

康永本は覚如上人が老眼で間違えたとか、あとから、恵信尼文書を見て、吉水入室は六角夢想がその直接動機だったことを後から知ったとか、ではないっ、という。

内輪受け?

ただ私は、うーーん、夢というもの、後から、意味が分かるということではないかなぁ~とは思いました。


☆theotherwindへ
「夢というもの、後から、意味が分かるということではないかなぁ~」
あっ、私もそう思います。
聖人の夢告の話になると、
「夢告を信じるの?」
「そんなことあったの?」
「聖人は夢の告げなんかを信じたの?」
「夢告なんて、迷信的なことを、なぜ浄土真宗がいうの?」
なんて、変な言いがかりを付けられてしまうのですが、真摯な想いがあるからこそ、夢として表われる、あるいは、大切な出来事を夢にこそ投影するということがあると思うのです。
信じられる信じられないとか、下手に理論付けようとするのではなく、「あぁ、そういうことがあったんあだぁ」って受け取れば良いのだと思うのですが。

通常の日常言語で考えると、先ず原因があって、時間の経過があって、結果が出るという因果関係で考えますね。

通常の日常言語では因果関係でしか考えられないと言いますか。

通常の日常言語で考えられる論理は因果関係と言いますか。

通常の思考、あるいは、世界の解釈、世界の意味づけは、因果関係でしか考えられない。

通常の思考=因果関係、というところがあります。

これは、もちろん、我々による解釈、主観的な意味づけに過ぎません。

実際にはたとえば、光が水面に斜めに入射する場合、空中のA地点から水中のB地点に到達するのに、最速の経路を取るわけです。

(だから光は屈折するわけです。仮に屈折しないで直線の経路だと目的の地点に達するのが遅くなってしまいます。なぜなら、空中を進む速度よりも水中を進む速度の方が遅いので、直線を進むのではなくて、ある程度は、空中を多く進み、水面で曲がって、水中を進む距離を短くしないといけないからです)

これは光が進み出す前に、既に、B地点に着くという未来を知っていて(予測ではなく絶対的な知識として知っていて)、進み出す前に、既に、完全に正しく経路を計算してから、進み出すということによって可能となっている……という、わけのわからない説明しかできません。

実際には起きていますが、説明が、日常言語で普通に話すような仕方では困難。


説明がわけがわからないということは、何故なのかというと、説明が、因果関係ではなくて、目的論だからですね。

因果関係でない言語的表現、ものいい、というものには、理解の困難さが伴います。

けれども、夢告というのは、人間として、素直に考えると、因果関係ではないです。原因→時間の経過→結果…ではないですね。

そうではなくて、本当のことというのは、後から分かるものです。

何が分かるかというと、意味が分かるわけです。

法然上人のところに行ってから、事後的に、ああ、あの夢の「意味」はこういうことだったのぁ~~と、肯けたはずと思います。

後からです。

比叡山を下りるなんていう人生の一大事、これまでに勉強してきたこと、これまでの自分の人生、努力、その全てを捨てるなんていうことは、考えてできることではないですよねぇ。

そういうほんとうのこと、生きるということは、考えて判断してないです。

(そういう意味では、結婚しようとか、できたら子どもが欲しいとか、そういう一大事は考えたらできないです。さすがに自信なし。)

それは、自分の考えとか意図ではなくて、体が動いている、あとから、分かる、というのが正解と思います。

夢告というのは、素直に肯ける話で、別におかしくないですよねぇ。

むしろ、比叡山は、当時は、なんか雰囲気良くなかったからとか、そういう、自分の考えがあって…という方が、むしろ、私には、とってつけた屁理屈なような気がします。

真剣に悩んでいたというのはそうだと思うんです。

けれども、これは本物ではない、本物は吉水にある、と予め考えたというのは、どうかなぁ~。

自分の考えではないが、ある意味、知っていた、考えではなく知っていた、ある特殊な知り方で知っていた(自分には分からない、悩んでいたという特殊な知り方で知っていた)というのが正解な気がします。

人間というもの、どうしても、自分が欲したから、やったんだ、と考えがちです。

失敗した場合ですら、わざとだよ、とか、織り込み済みとか…。

がっ、実際には、自分の思うとおりにことが進んだというは、幻想ですね。

ですから、夢告を信じ、解釈し、意味が分かってから、自分の考えで、行動しました……というのは、夢告ではないです。

後から、おおおおおおお~そっかぁ~、自分の人生は必然だったんだなぁ~~(T_T)。

有り難うございますぅ~~

と何か、大きな力、働きを感じるというのが、本当、と思います。

但し、お茶を沸かしてどうすんねん、は受けました。

あんまり受けすぎて、最後、真宗会館内、拍手になったら、講師の方が「拍手ではなくて、お念仏をお願いします」と言われてましたが…(^o^;)

> 「拍手ではなくて、お念仏をお願いします」

絵解は、江戸時代は大流行していたが、俗っぽすぎる(高尚さが不足)というので明治時代には禁止。失われた技になっていたのを、沙加戸弘先生が、独学で調べまくって独力で復活させたらしいですね。(大谷派では正式に禁は解かれていないと考えると、現時点でも厳密には禁止なのかも知れませんが…)

本当に上手いです。

「法然上人が何年にお生まれになられたとか、親鸞聖人が何年にお生まれになったとか、言いますが…

嘘ですね嘘…

親鸞聖人は生まれてませんね。

じゃあ誰が生まれたんだ。赤ちゃんです。

赤ちゃんが生まれたんです。最初から親鸞聖人が生まれてきたら驚きます。

生まれたのは赤ちゃんです。

その赤ちゃんが、法然上人や親鸞聖人になってくだされたんです。

じゃ、なんでなってくだされたんでしょうか。

私たちが願ったからです。」

(ここは沙加戸先生からすると、受け念仏を入れてくれということだと思いますが、実際には笑いを取ってました。聞き手は実際には感動しているのだと思います。江戸時代だったら会場からなんまんだぶ、なんまんだぶと入ったはずです。)

で、上記、やっぱり、単純な因果論ではないですね。

普通の考えでは、願っている私たちは現代に生きていますので。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« この場だから語れること | トップページ | 2010年6月のことば »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ