« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

2010年4月28日 (水)

親鸞さまがおわします④

〔第4回 比叡の山での修行(1)〕
9歳の春、慈円和尚のもとで出家得度をした範宴(親鸞聖人)は、いよいよ比叡の山への入山を果たします。
同じいのちを生きながら、生涯の内容は、人によってあまりにも違いすぎる。どうしてそれほどまでに違うのか。どうして苦しみのなかを生き続けねばならないのか。どうしたらその苦しみからすくわれるのか。その答を求めて入山した範宴の修行が始まります。
範宴の修行に対する姿勢は厳しく、おしえに真摯に向かい合いました。その厳しさは、周りの者を寄せ付けないほどでした。周りの修行者たちは、批判や妬みの気持ちを込めて言います。
「範宴はあんなに厳しく修行・学問をしているが、源空殿にでもなるつもりか」と。
直接言われることはなくても、嫌悪の言葉というものは耳に入ってくるものです。何を言われようが、範宴は意に介しません。しかし、会ったことも話したこともない人物の名が、範宴のこころの底に残ります。
「ゲンクウ…」
  
範宴が比叡の山に入山したのは1181年。それに先立つ六年前、1175年に比叡の山を自ら下りた人物がいます。法然房源空です。
源空上人9歳のとき、父を敵からの夜討ちで亡くします。父は、「敵を怨んではならない。復讐をすれば怨みは際限なく繰り返される。敵を怨むことを捨てて出家し、誰もがすくわれる道を求めよ」と遺言されます。
父の遺言に従い、13歳で比叡の山に入ります。誰もがすくわれる道を求めて修行に励むのですが、仇に対する怨みも捨てきれません。そのような矛盾に満ちた自分のこころを真正面から見つめ、源空上人は厳しい修行を重ねます。数え切れないほど多くの経典、一切経を5回も読み返したと言われています。人々は源空上人の姿に敬意を込めて呼びました。
「智慧第一の法然房」と。

2010年4月18日 (日)

春雪

4月17日(土) 朝起きたら、雪が積もっていました。
天気予報で「雪」といってはいましたが、カーテンを開けて雪の積もった景色を目にして驚きました。
 

   

  
着替えて外に出る頃には雨に変わっていて、積もった雪はシャーベット状になりつつありました。放っておいても雪は融けたでしょうが、人の出入りの多い予定があったので、雪かきをはじめました。まさか4月も半ば過ぎに雪かきをするなんて思いもしませんでした。
  

ツツジが一輪咲いていたのですが、とても寒そうです。
   

お昼前には雨もやみ、少しずつ明るくなってきました。午後には晴れ渡り、積もった雪もすべて融けてしまいました。  
一瞬の雪に戸惑ったことと思いますが、これからツツジがきれいな花を咲かせてくれることでしょう。
 
天候不順の折、お体大切に。

2010年4月14日 (水)

さようなら 和民 千歳烏山店 他

東京5組推進員&アジャセ各位
佐野先生を講師にお迎えして 全6回開催されました推進員養成講座
その懇親会の会場として使わせていただいた「和民 千歳烏山店」が閉店していました。
100人近くの人数での懇親会 とても賑やかでしたね。講座を重ねたうえでの懇親会だったこともあり、いろいろな人と、いろいろなことを話せた楽しい懇親会でした。ほとんどお給仕をしてましたが。
 
その思い出深い和民…ある人から、「あのとき懇親会で使った和民、使いたいから予約とってほしいんだけど」と頼まれました。
「分かりました」と、予約内容を聞いて、和民に電話をしようとしました。が、携帯の住所録に入ってませんでした。「あれ! 入れてなかったっけ?」
仕方なくネットで電話番号を調べたところ、「和民」のページに「千歳烏山店」がありません。
「あれ! 載せ忘れ?」 まだ気付きません。楽天家です。
で、やっと見つけた電話番号に電話したら、「こちらの番号におかけ直しください」のメッセージ。
そちらにかけなおすと、お店ではなく、予約センターにつながりました。
「えっと、千歳烏山店で予約したいんですけど」
するとすかさず、「申し訳ありません。千歳烏山店は閉店させていただきました」との返答。
「えっ、そうなんですか。よく利用させていただいていたので残念です」
「ありがとうございます。今年のはじめに閉めさせていただきました」(よく利用してないのバレバレ)
 
次の日、お店に行ってみました。看板も、なんの名残もありませんでした。
懇親会で使ってから、当時の店長さんに顔を覚えられて、以後お店に行ったときも、烏山の街で会ったときも、「またよろしくお願いします」と声をかけられたものでした。
一時期、白骨の会(西蓮寺仏教青年会)の懇親会場としても、利用させていただきました。
あぁ、また思い出のお店が消えてしまいました。
    

  
和民に行ったとき、もうひとつ衝撃がありました。
千歳烏山駅東口近くの定食屋「おはち」も閉店していました。独身時代は、よく利用していたものです。
京王書房・和民・おはち…烏山商店街にも不況の波が。
 
ついでにもう一軒
「千歳烏山」方面ではなく「久我山」方面の話ですが、「久我山駅」から西蓮寺に来る途中、「文明堂」がありました。その「文明堂」も閉店していました。
娘の散歩で、久我山方面に足を延ばしたとき、「貸店舗」の札が下がっている店舗が。
「ここ、文明堂だったよねぇ」と、妻と確認しあいました。
「ご愛顧ありがとうございました。○月○日をもって閉店させていただきました」の貼り紙もしてありました。
「当店のポイントカードは使用できません。詳しくは店員まで」とも書いてあり、
「店員さん いないじゃん!!」って、誰もいない店舗に突っ込みをいれてきました。(後日通ったら、この貼り紙はなくなってました)
    
寺にみえる際、この「文明堂」でお供物を求めてこられる方もいらっしゃいましたが、お店が閉店してしまったことを、ご報告申し上げます。  
 
「さようなら」をカテゴリー化して、こんなに書くことになるとは思いませんでした。時の流れを感じます。お寺も、「さようなら」とならないように、頑張って参ります。

2010年4月 7日 (水)

さようなら 京王書房

4月1日のこと
烏山に買い物に出たら、シャッターが下りているお店がありました。「京王書房」でした。
「あれ! 臨時休業かな?」
などと思いながらお店に近づくと、目立たない程度の張り紙がありました。
「長年ありがとうございました。3月31日をもって閉店させていただきます」
というよな内容(正確ではありません)の張り紙でした。
 
事前に知らなかったので、けっこうショックでした。
小学生の頃は、「小学○年生」を頼んでいました。漫画を買うのも、ほとんど京王書房でした。
絵画が好きで、「週間グレートアーティスト」という雑誌を頼んでいました。
  
ネットが普及して、本屋さんやCD屋さんが次々閉店していきます。時代の流れだからしょうがないと言い切る人もいますが、それでは割り切れない淋しさがあります。
ブログをやっているせいか、ネットで買い物をする人とよく思われるのですが、私はお店で買う人です。それこそネットで買えば楽なのに、わざわざ買いに行ったりします。古い人間なのでしょう。    
京王書房で立ち読みをしていて、本の万引きを見つけた店長が犯人を追いかけていくのを見たこともあります。
本屋さんは万引きが多いと聞きます。積もり積もった被害の影響もあったのでしょうか。
      
最近はあまり買い物をしていませんでした(あぁ、それが閉店の一番の理由かも)。それでも、何か欲しい本があるときは、先ず京王書房に行ってました。これからどうしよう…。本屋さんは他にもあるのに、そんなことを考えました。
京王書房さん、お世話になりました。ありがとうございます。
  

2010年4月 3日 (土)

烏山仏教会 花まつり2010

4月3日 晴天に恵まれ、烏山仏教会 花まつりを開催することができました。今年で80回を迎えます。

Dscf2848_2
稚児行列
今年は、お稚児さんに43名のお申込をいただきました。ありがとうございます。
ひとりのお稚児さんに、仮に3人の付き添いの方がみえるとして、4×43=172名の方が、集まったわけです。他にも、花まつり見学の方、烏山寺町の桜を見る会でお集まりの方など、たくさんの方がいらっしゃいました。稚児行列と言いながら、写真は白象しか写ってませんね
賑やかなお誕生会になりましたね。
  
Dscf2865
花まつり会場 妙寿寺
烏山寺町で一番大きなお寺です。本堂も大きかったです。
  
Dscf2853
集合写真
お稚児さんも40名近くいると、集合写真も華やかです。
今年は、お人形さんにもご参加いただきました。
 
Dscf2860
花まつり 法要
お稚児さん、付き添いの方にも本堂にお入りいただき、花まつりの法要を勤めました。
本堂での法要にお参りいただくと、ほとんどの方が感激・感動されます。世間(報道)で言われるような、宗教離れ・宗教嫌いは、偏った表現ではないかなと思います。花まつりに限らず、寺に散歩に来られた方/法事に呼ばれて参詣された方/寺報・ブログをきっかけにお寺の集いに参加された方などの声を聞くと、皆さん参詣してよかったと言われます。
宗教離れとか宗教嫌いというわけではなく、宗教に接する機会がないのだと思います。それは、こちらの責任でもあるわけですが。
  
賑やかなうちに花まつりを終えることをできました。ご参加・お出かけいただいた皆様ありがとうございます。
お手伝いくださいました皆様、お疲れ様です。ありがとうございます。

2010年4月 2日 (金)

サンキュウ

4月2日…ガチャピンとムックも誕生日なんだ!!
ネットニュースの、ガチャピン 4月5日放送の「笑っていいとも」テレホンショッキングに出演という見出しを見て、ネットをいろいろ見ているうちに、おふたりの誕生日が今日 4月2日だということを知りました。永遠の5歳だそうです。
   
「ガチャピンとムック“も”」
いやらしい書き方です。私も4月2日生まれです。39歳になります。
つい先日大学を出たとばかり思っていたのですが… 
   
ちなみに、
現在「東京5組親鸞聖人に人生を学ぶ講座」ご講師の寺西聡先生も4月2日がお誕生日です。
寺西先生・ガチャピン・ムック おめでとうございます
 
寺西先生のお話は、以下の日程でご聴聞できます。ぜひお出かけください。
4月3日(土) 神足寺(中野区上高田4-11-1)明日です!!
5月8日(土) 成満寺(多摩市連光寺4-20-2)
6月5日(土) 明称寺(港区南麻布3-21-19)
7月3日(土) 存明寺(世田谷区北烏山4-15-1)
8月7日(土) 高徳時(中野区上高田1-2-9)
 13:30 受付 
 14:00 開式
 17:00 閉会
 会費 500円/1回

2010年4月 1日 (木)

2010年4月のことば

Photo
よう生まれてきたねぇ
            
おかしなことを言うなぁと思われるかもしれませんが、私は、人間は、自分で生まれたいと思って生まれてくるのだと固く信じています。
生まれたいと思って生まれたものの、そのことを受け入れてもらえないと、つらいものです。自分のしたことは、誰かに認められたいものです。
「よう生まれてきたねぇ」
誰もが、このことばをかけられて生きているのだと思います。このことばが背景にあるからこそ、生きていけるのだと思います。生きているといっても、実体があるという意味ではありません。たとえ生まれえぬいのちでも、たとえ寿命を終えたいのちでも、「よう生まれてきたねぇ」という声と共に、いのちは、よう生きています。
生まれてきたことを認められる世界がある。生まれてきたことを受け止めてくれる人がいる。だからこそ私は生きていける。
誰にだって、生まれてきたことを認められる世界があり、生まれてきたことを受け止めてくれる存在がいます。それが阿弥陀如来です。
   
4月8日はお釈迦さまのお誕生日。「花まつり」はお釈迦さまのお誕生会です。
お釈迦さまは今からおよそ2500年前、北インド・カピラ城のスッドーダナ王を父、王妃マーヤを母として生まれました。
王妃マーヤが、出産のため実家に帰る途中、ルンビニー園という花園で、美しいアショーカという木に右手を伸ばされた時、右脇からお釈迦さまは生まれました。
お釈迦さまは誕生してすぐに七歩 歩まれ、右手は天を指し、左手は地を指して言われました。
「天上天下唯我独尊」(「天にも地にも、ただ我ひとりにして尊し」)と。
   
「私(お釈迦さま)こそが尊い」と言われているのではありません。
誰もが、他の誰とも代わることのできない いのちを生きています。それぞれが さまざまないのちを生きていますが、尊さに変わりはありません。みんな「天にも地にも、ただ我ひとりにして尊い」いのちを生きています。お釈迦さまの言葉は、いのちの事実に目覚めてほしいという願いの言葉です。
「よう生まれてきたねぇ」という声と共に、私は生きています。誰とも代わることのできない、ただ一人のいのちを生きていますが、孤独ではありません。
   
続きは、若坊守(妻)の文章です。
   
「あじじゃじょ」   白山 美晴
3月28日(日) 1歳2ヵ月になる娘が、初めて「ありがとう」を言いました。
ご法事が終わり、片づけも終わり、みんなでお茶をしていました。
娘は ジィジ(住職)とバァバ(坊守)と、みかんを渡したり受け取ったりしていました。ジィジ・バァバは、みかんを渡すときは「どうぞ」と言い、受け取るときは「ありがとう」と言います。何回か繰り返し、娘がみかんを受け取った時、「あじじゃじょ」と言いました。
みんなで顔を見合わせ、「今、『ありがとう』って言ったよね!?」と驚きました。子どもが言葉をとらえ、そして言葉を発する瞬間を、みんなで迎えることができました。
約1年前、ヒトとして生まれてきた娘が、どんどん人間になっていっています。体が大きくなったのはもちろんですが、表情や行動や言葉が豊かになってきました。すべて、周りの人や物事とのかかわり合いが基となっています。「よう生まれてきたねぇ」と受け入れてくれた世界は、いろいろな人や物事と関わりあうことで幾重にも広がっていくように感じられます。
   
   
      
今月のギャラリー
004

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ