« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

2010年2月28日 (日)

親鸞さまがおわします②

【第2回 比叡山への道】
父は出家し、母とは死別したと伝えられる親鸞聖人と4人の弟たちは、伯父の日野範綱 (のりつな)の屋敷で幼少期を過ごします。貴族とはいえ、自分たちの生活だけでも苦しい時代です。甥を五人も預かるほどの余裕もありません。ある日、範綱は妻に詰め寄られます。
「弟の子を五人も養うなんて、今のうちには無理な話です。うちの生活だけでも、ままならないのに。先ずは長兄を出家させましょう」
「あの子はまだ九歳だぞ。そんなに幼くして出家など、させてもらえるはずもない。それに、家が落ちぶれたとはいえ、跡取りである長兄を出家させるなど、聞いたこともない」
「そのようなことは関係ありません。とにかく、みんな出家させますからね」
「って、お前。そんなに焦らなくても…」
とはいえ、甥たちを出家でもさせなければ、暮らしていけないのが実情でした。範綱は頭を抱えます。
   
   
幼い親鸞は、もう一人の伯父 宗業(むねなり)に漢籍と今様を教わっていました。
「今日もありがとうございました」
「うむ、気をつけてお帰りなさい」
「はい」
勉強を終え、宗業の屋敷を出る幼い親鸞の後姿を見ながら、宗業はつぶやきました。
「あの子には、人のこころの機微に触れる才能がある。もっと整った環境で、漢籍や今様を学ばせてあげたい。そのためには、出家し、比叡山に入ることが望ましいのだが。しかし、そのようなことを、兄の範綱や、本人が納得するだろうか…」
宗業は悩みます。
  
  
当時、京の町には、戦乱や飢饉によって死に絶えた人々の亡骸が、いたるところに横たわっていました。その亡骸の着ているものやお供え物を奪って生きのびる者もいます。
幼い親鸞は、宗業の屋敷からの帰り道、範綱の屋敷にまっすぐは帰らず、鴨川の河原に腰を下ろしました。
「目の前には苦しみながら死んでいった者や、亡き人から物を奪わなければ生きていけない者がたくさんいる。私は、伯父や伯母のおかげで、食べるものに困らないようにお育ていただいている。同じ人間に生まれてきたのに、なぜこんなに違う道を歩まなければならないのだろうか。どうして生まれてきたのだろう。どうしてこんなにも苦しみながら生きなければならないのだろう。あの、はるか向こうに見える比叡のお山に、その答があるのだろうか。その答が得られるのなら、行きたい。出家して、比叡のお山に入りたい。そんなことが許されるのだろうか。それに、もし許されたとしても、弟たちを置いていくことが心残りだ。弟たちは私のことを頼りにしている。兄の私が、勝手な想いで出家していいものだろうか。いや、つらい想いをする者がいると分かっていながらする出家に、どういう意味があるのだろうか。
このままいつまでも伯父に世話になるわけにはいかない。しかし、比叡のお山に入ることが許されるのだろうか。留まることも、進むこともできない。あぁ、どうしたらいいのだろう」
幼い親鸞に、さまざまな想いが襲い掛かります。
  
  
京の町を覆い包む時代の波が、幼い親鸞の将来に、ひとつの道すじを開きつつあります。
範綱・宗業、そして親鸞。三者三様、想いはそれぞれですが、幼い親鸞の足は、比叡の山に続いているのでした。

2010年2月25日 (木)

西蓮寺コールリンデン(仏教讃歌を歌う会)

2月25日(木)
第1回 西蓮寺コールリンデン(仏教讃歌を歌う会)を開催しました。
合唱団に入っていたことのある住職・坊守が、長い間温めていた企画が、ついに実現しました。
合唱の指導は、西蓮寺門徒の中川 茜先生。私(副住職)も、小学生のときに、音楽を習っていました。まさか30年近く経ってから、また先生に教わることになるとは思ってもいませんでした。恥ずかしいやら、懐かしいやらの会となりました。
 
今日は、寺の人間も入れて、14名の参加でした。
第1回目なので、真宗の法座で必ず歌われる「真宗宗歌」と「恩徳讃」を歌いました。「恩徳讃」はⅠ・Ⅱ・Ⅲ すべて歌いました。普段歌われる「恩徳讃Ⅱ」を知っている人はいても、「Ⅰ」「Ⅲ」はみなさん聞いたことがなかったので、珍しそうに、楽しそうに聞いて、歌われました。
 
仏教讃歌だけでは、知らない歌ばかりになってしまうので、多くの方が歌詞を覚えている「ふるさと」や懐かしい歌も歌いました。
 
参加された方に、
キリスト教は「賛美歌」があるけれど、仏教にも「仏教讃歌」があるのですね。知らなかったけど、今日参加できて、とても感動しました。
という声をいただきました。歌には、人のこころに響く力がありますね。
    
Dsc_0688_2
    
声を出すということは、かなり体力を消耗するものですね。少し歌って、お茶を飲んで、また歌って、それから茶話会にしました。
普段出さないような声を出して、一緒に歌った仲間とのお茶ということで、会話も弾みます。美味しいお茶とお菓子をいただきました。
  
住職・坊守も、念願の会を開催することができて、とても楽しそうでした。よかったです 

次回は4月19日(月) 午後1時30分からです。
少しずつレパートリーを増やしていこうと思います。
ご参加お待ちしています。

2010年2月24日 (水)

「親鸞-茨城滞在20年の軌跡-」

只今 茨城県立歴史館において、特別展「親鸞-茨城滞在20年の軌跡-」が開催されています。
親鸞聖人直筆 坂東本『教行信証』が、約400年ぶりに茨城に戻ってきました。
他にも、関東ならではの展示がしてあります。
    
Dsc_0679
   
3月22日(月)まで
(展示が終わるまで休館日はありません)
  
午前9時30分~午後5時
(入館は午後4時30分まで)
 
入館料 580円
 
『教行信証』が旅をすることは、今後ないことでしょう(分からないけれど)。ぜひお出かけを。
茨城県立歴史館は、水戸偕楽園と隣接しています。梅まつりも始まっていますね(2月20日~3月31日)。梅の香りと合わせてお楽しみください。

2010年2月16日 (火)

東京消防庁救急相談センター

今だから、落ち着いてお話できる話です。
1月29日に1歳になったばかりの娘が、階段(14段)から落ちました。
妻が台所で夕飯の支度をしていて、妻の足元で娘が遊んでいたので、「危ないからパパと遊んでいようね」と言って、私が娘の面倒を見ていました。
 
一緒に娘の人形や本で遊び、そのうち一人で遊び始めたので、チラチラ気にしながら、放っておきました。
そして、ふと気を抜いたときに、ドタドタッと音がしました。娘が階段から落ちました。
それまで娘は、階段まで行くと なぜか足を止め、決して足を踏み出すことがなかったので、安心しきっていました。
 
落ちた音に驚いて台所から出てきた妻。
階下で泣き叫ぶ娘。
娘が大声を出して泣いたので、妻が落ち着いて行動してくれました。 
泣き叫ぶ娘を抱っこする妻。
一見、娘に怪我はなさそうで、救急車を呼ぶほどではなさそうですが、でも、このままというわけにもいきません。
「電話の横にある救急の冊子を見て、そこに書いてあるところに電話して」と、私に指示を出します。
 
冊子には、「東京消防庁救急相談センター」というところの電話番号(♯7119)が書いてありました。
電話をして、娘が階段から落ちた話をすると、看護士さんに変わってくださいました。
落ち着いた声で、子どもの様子を確認するように指示してくれます。
 
「ばんざいはできますか?」
「グーパーはできますか?」
「自分の力で立てますか?」
「名前を呼んで反応しますか?」
「耳や鼻から液体はでていませんか?」
 
言われたことができる旨伝え、おでこにコブができてしまったことを伝えると。
 
「怪我や骨折はないと思いますが、頭にコブがあるのなら脳神経科での診察をお勧めします。ご住所をお教えください。お近くの、脳神経科のある病院をお探します」
 
待つこと ちょっと。
 
「お宅の近くの、脳神経科のある病院が3件あります。1件目は○○病院で、電話は△△△-△△△△ 2件目は・・・ 3件目は・・・。電話していただいて、先生がいらっしゃるか確認のうえ、診ていただいてください」
 
「ありがとうございます」
 
教えていただいた病院のうち、一番近い病院に電話をすると、先生がいらっしゃり、診てくださるとのこと。
電話を終えると、出かけられる支度を整え、妻が娘を抱っこして待っています。
車で病院に向かいました。

病院に着く頃には、娘も落ち着き、ここはどこ?といった感じでキョロキョロしていました。 
午後7時頃の出来事でしたが、病院ですぐに先生に診てもらうことができました。
診察室に入り、いつもと違う空気を感じた娘はまた泣き出しました。
レントゲンを撮って、娘の頭を触診し、先生が「ヒビも入ってないし、こんなに元気に泣けるなら、しばらく様子は見ないといけませんが、大丈夫ですよ」
 
ホッとして寺に帰りました。
寺に帰り、いつも以上に妻に抱きつく娘。「いい子、いい子、よく頑張ったね~」と、娘をなでる妻。
「ごめんね」と言って、なでようとする私。その私をにらむ娘。
「悪かったよぉ。にらまないでよ」という私に、「そういうふうに見えるだけだよ」と笑う妻。
自分に非があることを認めると、そういう目で見られているんだという気になるものですね。
   
お風呂に一緒に入ると(入浴も許可されました)、いつものようにはしゃぎまわり、風呂場で転んでました。
一時はどうなるかと思いましたが、安心して一緒に眠ることができました。  
      
 
       
娘が階段から落ちてから丸3日以上経ち、元気にしています。もう大丈夫だと思います。
今になってやっと書けることですが、先に紹介した「東京消防庁救急相談センター」(電話♯7119)は助かりました。
救急車を呼ぶか否か迷ったとき、どのように対処していいか迷ったとき、適切な判断をしてくださいます。
今は、自分の都合のため(ゴキブリ退治してとか、朝起こしてとか、病院に行く時間に救急車で迎えに来てとか)に救急に電話をする方が増えている時代。救急はパンク状態です。
先ずは「東京消防庁救急相談センター」(♯7119)で判断を仰ぐことをお勧めします。(自分の都合のために電話することはやめましょう)
ちなみに、東京都だけの体制のようです。   
        
     
     
子どもは何をしでかすか分からないとは言いますが…
コンセントの差込口に針金を差し込んでショートさせたり、ストーブをまたいで太ももを火傷したり、ネズミ花火を手に持ったまま回転させて火傷をしたり、工作用カッターで指を切ったり、転んで頭を打って14針縫ったりした経験のある私ですので、
「あなたの子だから、何をしても不思議じゃないわよね」と、坊守(母)に言われました。
私もそう思います。
今後も気をつけなければ。 
ごめんね、油断したパパが悪かったよ。

2010年2月 2日 (火)

雪景色

東京では2年ぶりの積雪だそうで。
前の晩から降りだした雪も、明け方にはやみました。
朝6時に起きて、久しぶりの雪かきです。
真っ白な世界、第一歩を踏み出す喜びを感じようと思ったのですが、すでにネコの足跡がありました
雪国の方からすると、積もったうちに入らないような雪だと思いますが、汗をかきながら雪かきをしました。普段使わない筋肉を使うのでしょうね、体がきしんでます(運動不足?)
    
Dsc_0577
    
Dsc_0579
  
Dsc_0583
   
日が昇るに連れて、雪もとけ出します。
もしかしたら、雪かきするほどでもなかったのかも

2010年2月 1日 (月)

2010年2月のことば

 Dscf2842
 求めたものが得られなくて苦しいのではない。
 すでに得ているのに求めるから苦しい。

       
「南無阿弥陀仏」と念仏を称えたら、どうなるの(どんなご利益があるの)?と尋ねられることがあります。
そのとき私は、「お念仏できたことがご利益です」と応えます。
たいていキョトンとされます。それはそうでしょうね。念仏を称えることによって、なにか(良い)結果を求めている人に、念仏そのものがご利益と言っても、噛み合わないはずです。
私は思うのです。念仏に限らなくても、私がする日々の行いのすべては、いただきものではないかって。
自分の行いによって、その結果が生じる。いや、良い結果を求めて、自分の行いを決めていく。そのようなつも
りで、誰もが生きていることでしょう。
自分で決め、自分で成しているつもりでいるけれど、「自分がしている」のではなく、それを「させていただく」縁というものが、私に成就している。そういうことの積み重ねによって、今、私がある。
   
良い結果を求めて、生きる私。ご利益を求めて、念仏を称える私。
良い結果を求めて、なにか行為を成すけれど、行為を成すということは、数え切れないほどの縁をいただいたうえでのこと。つまり、数え切れないほどの縁を、いただいて生きているということ。
人間の苦しみ(四苦八苦)に、「求不得苦(ぐふとくく)」というものがあります。「求めたものが得られない苦しみ」という意味です。でも思うのです。「求めたものが得られない苦しみ」の根底には、「既に得ているのに、求め続ける苦しみ」があるのではないかって。
いただいてばかりで、自主性がないことを言っているように聞こえるかもしれませんが、自主的に生きているのならば、なぜ「幸せ」や「安心」を求めるのでしょう。求めるということは、そうはなってないということの裏返し。そのような状況を、他者のせいにしていませんか? 私もその構成者だと、自分で言っているのに。
手にしていない「幸せ」や「安心」。でも、実はすでに私の手の中に。その「幸せ」や「安心」とは、私が求めるような「私さえよければ」的なものではなく、支えられながら生きているという真実。
「信じてからでなければ、念仏を称えられない」「信じているから、念仏を称えます」などと言うけれど、私は何を「信じる」と言うのでしょう。念仏によって良い結果が生じることを「信じる」のでしょうか。
「南無阿弥陀仏」の念仏が口から出る・・・そこに、阿弥陀如来に信じられ、支えられながら生きてきた私が、すでにいます。
南無阿弥陀仏
    
   
    
今月のギャラリー
Dscf2840_2

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ