« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

2010年1月28日 (木)

親鸞さまがおわします①

【プロローグ】
来年2011年、宗祖 親鸞聖人(1173~1262)の750回御遠忌法要が勤まります。
いのちを終えて後、750年を経ても伝わる聖人の人柄・おしえとはどのようなものだったのでしょう。御遠忌を前に、聖人の生涯・足跡を訪ねてみたくなりました。
 
【第1回 誕生】
1173年(承安3年)、京都 日野の地に、親鸞聖人は誕生されます。
父は藤原家の流れをくむ日野有範(ひの ありのり)。公家の下級官吏でした。出家隠棲したと言われています。母は、源氏の流れをくむ吉光女(きっこうにょ)と伝えられていますが、確かなことは分かっていません。母とは幼いときに死別しました。
聖人誕生の頃、源平の争いによる戦乱と、大火や飢饉で、京の都には死者が溢れていました。まさに明日とも知れないいのちを、誰もが生きている時代でした。
聖人と四人の弟たちは、伯父の日野範綱(ひの のりつな)の家に預けられ、幼少期を過ごします。また、もう一人の伯父の日野宗業(ひの むねなり)に、漢籍(漢文で書かれた中国書籍)や今様(平安期に流行した歌の形式)を習いました。
漢籍や今様を学ぶため、範綱の屋敷と宗業の屋敷とを行き来します。その時間は、都の様子を肌で感じる時間でもありました。
都に溢れる死者とその臭い。死者の身に付けているものを奪って、いのちをつなぐ者。荒れ果てた世の中において、なんとか希望を見出して生き抜こうとする者。それらとの出会いは、幼く、好奇心旺盛な聖人にとって、宗業のもとでの修学以上に、多くの刺激を得るものでした。
  
   
  
「親鸞さまがおわします」は、私の中での親鸞聖人、私のいただきを書いています。史実とは違う点も出てくることもあるかと思いますが、ご理解のうえ、お読みください。
毎月1日発行の寺報(ペーパーメディア)に掲載していますが、ブログには、毎月28日にアップしようと思います。

2010年1月23日 (土)

ミシッ ミシッ

スケートをしていたら、氷が割れて、落ちてしまいました
  
慌てふためき、深く深く沈み、水の冷たさが身に凍みる
  
苦しい 助かりたいぃぃぃ…遠のく意識
  
ふと感じる 光
 
あぁ あの光は、外からの光 
 
あっちに行けば、助かる…

残っている力を振り絞り、光の射す方へ泳ぎはじめる
 
もう少し もう少しで 外に出られる 息ができる 助かる…
 
手が光に届く瞬間 そこに遮るものが
 
遮っていたものは 厚い氷
 
力を出し切ってしまった私は、水中に沈みゆく。。。
   
   
  
たまに呑みに行くバーで、調理担当の子が話してくれました。
 
「私は長野の出身で、小学校のとき、校庭にある池でスケートができました。
先生からは、氷の色によって、氷の厚いところ 薄いところを見分けることを教えてもらいました。
万が一氷が割れて落ちてしまったときのことも教えてもらいました。実際に落ちた子はいなかったけど。
水の中で、光る方に泳いではいけないの。光っているのは、氷があるから。外に出ようと思って、光っている方にいくと、氷にぶつかってしまって、出られないの。
落っこちてしまったら、真っ黒な方に行きなさいって教えられました。黒いところは、氷が割れたところなんだって。だから、氷が割れてそこから落ちてしまった場合、光の射す方ではなくて、真っ黒い方に泳いでいかなければいけないのよ。
わかった?」
 
「はい」 
そんな状況に陥ることは、おそらくないとは思いますが、興味深いことを聞きました。
     
逃れたい状況にあるとき、光の射す方に逃げ場を求める。けれど、誘われるようにそっちに行っても、待っているのは厚い壁。残っているわずかな望みも絶たれてしまう。
    
逃れたい状況にあるとき、暗い方(逃れたい状況に陥った源)を探せばいい。苦しいけれど、恐いけれど、暗い方に向かえば、そこには助かるための出口がある。
真っ暗な闇の向こうには、光がある。遮られることなく光を浴びる。
    
私は、その暗い方(逃れたい状況に陥った源)から、冷たい冷たい水の中に落ちた。
逃れたい状況は、私に関係ない方からやってきたのではない。私の足下にあったんだ。
足下のヒビに気づかずに、スケートを楽しむ私。
いや、スケートを楽しむ私が、足下にヒビを入れているのだ。
ヒビが入る音に気づきもしないで。

2010年1月19日 (火)

便利さにあぐらをかいていると、生き方もあぐらをかいてしまいます

昨年暮れ、いろいろと書類を放り込んである引き出しの片づけをしました。引き出しのひとつに、手紙をまとめて入れてある引き出しがあります。
    
私は、決して筆まめではないのですが、何かいただいたり、研修会・講座等でお世話になった人には、手紙を出すように努めています。そのためか、お返しの手紙もけっこうな量になります。
    
でも、なぜかその引き出しを開けるのはとても久しぶりでした。引き出しを開けるときになって、「あれ、久しぶりだなぁ」と思いました。
引き出しの中をじっと見て思いました。「そういえば最近、手紙をもらってないなぁ…」
   
なぜだろうと、考えるまでもなく気づきました。「あぁ、メールかぁ…」
 
自分が学生時代(20年ほど前)には、携帯電話も普及してなかったし(ショルダーバックのような携帯が出た頃)、パソコンだって一人に一台なんて時代ではありませんでした。パソコンどころか、ワープロを持っている人も珍しかったです。論文の提出に、ワープロも可と、やっとなった時代です。
  
字が下手でも、筆まめでなくても、手紙を書かなければならないときには、それなりにみんな書いていたものです。字に個性があって、字を見ればその人の顔が重い浮かぶ懐かしさがあります。
 
メールは便利です。私も、普段の連絡はメールを活用します。お礼でさえも、メールを使うことが多くなりました。考えてみれば、手紙を書く機会も減りました。いただく手紙が減るのも当然の話です。
どちらが良い悪いという話ではなくて、時代は流れているのだなぁと、引き出しを開けたときに感じました。
  
メールは便利ですが、約束事を簡単に反故する人が増えたような気がします。せめて電話で連絡をくれれば(肉声で理由を聞かせてくれれば)と思いますが、メールでいとも簡単に約束事をなしにされると、淋しくなります。
 
メールを打っていて、「話した方が早いや」って思ったことはありませんか? 私は、そう思ったときは、電話することが多いかな。やっぱりメールという人も多いことでしょう。
メールが一般的になって、日本人は、電話よりもメールを活用するらしいです。外国の方(どこの国かは忘れましたが)は、メールよりも先ず電話をするそうです。メールを打つよりは、電話をかけた方が話が早いですものね。メールの場合、先方がなにをしていようと、とりあえず用件を伝えることができるという利点はありますが。
そういえば、携帯が普及して、遅刻をする人が増えたというデータを目にしたこともあります(どのように調べたのか分かりませんが)。遅刻しそうになっても、携帯で「ちょっと遅れます」と伝えておけば、焦らずにすみますからね。でも、だからといって遅刻の常習になるのもいかがなものかと思いますが。
  
私も、携帯・メールの便利さにあぐらをかいて、人に迷惑をかけてなかっただろうか。人を傷つけてなかっただろうか。昨年の暮れ、引き出しの片づけをしていて、そんなことを考えていました。
気をつけましょう

2010年1月15日 (金)

ごめんなさい 悪気はなかったんです

公共の場所にある花壇を、毎日自主的に世話していらっしゃるご婦人がいます。想いを込めて、お花を、花壇を手入れされます。
ところが、その花壇を、毎晩犬の散歩で踏み荒らして行くヒトがいます。(踏み荒らしているのは散歩している犬ですが、その飼い主に責任があります)。
朝、ご婦人が花壇に行くと、犬が歩いた跡が残っているのです。
  
「犯人を見つけたいけど、何時頃通っているのか分からない人を、ずっと見張っているわけにもいかないし…」
 
そのご婦人は、嘆きつつも、今朝もまた花壇を手入れされています。
 
ある日、たまたまご婦人は目にします。
自分が連れている犬が、花壇を歩いても全然気にしないで通りすぎていく人を。
 
ご婦人は声をかけました。
「花壇に犬を歩かせるのをやめてもらえませんか。今、お宅のワンちゃんが荒らしたところを、一緒に元どおりにならしましょう」
 
犬の飼い主は、キョトンとしながら、ご婦人と一緒に花壇を手入れしなおしたそうです。
「どのように手入れをすればいいのでしょうか?」と尋ねられながら。
聞けば、毎日の散歩で、犬が花壇に入っているとのことでした。恐らく、毎日花壇を荒らしてきた犯人です。
  
毎日嘆き続けていたご婦人は、哀しそうに話してくれました。
「私は、花壇を踏み荒らしている犯人を恨んでいました。もし踏み荒らしている現場に遭遇したら、怒り、ののしり、謝らせてやろうと思っていました。そして、たまたま犯人を見つけることができて、おそるおそる声をかけました。
そしたら、犯人は全く悪気がないんです。悪意があって花壇を踏み荒らしていたんじゃないんです。日課として犬の散歩をして、いつもと同じコースを歩いていただけ。何か恨みや悪意があって花壇を踏み荒らしたのではなく、犬が花壇を踏み荒らしているという意識もない。ホント、ただ散歩をしているだけ、の意識なんです。
だから、私が花壇を直してくださいといっても、荒らした意識がないから、元の花壇の姿を見ていなければ、どのように直せば良いのかも分からないし、どうして私が直さなければいけないのだろうって感覚なんです。
私は、花壇を踏み荒らしていくヒトが、プライベートのストレスを、花壇を荒らすことにぶつけているんだと思っていました。あるいは、私に恨みを持つヒトが、私がこの花壇を大事にしていることを知っていて、悪意を持って荒らしているのだと思っていました。だからこそ、もし犯人を見つけることができたときには、怒り、ののしり、もしかしたら手を挙げるかもしれない。ずっとそう思っていました。
だけど、実際には、悪気も悪意もない人が、そこが花壇だという意識もなく、通りすぎているだけだった。
それを知ったときの、脱力感というか…いえ、哀しみというのでしょうか。涙が出てきました。
私に悪意を持った人が、私に対して攻撃をしかけてきたのなら、それに対抗することもできますが、悪意も何もない攻撃が、こんなにも人の心を苦しめるなんて…。
こんな哀しい気持ちがあるなんて、初めて知りました」
       
     
昨日は、タバコをポイ捨てした人の話を書きました。
私が注意した人も、「自分が何で怒られているのか分からない」というような顔をしていました。
怒って怒鳴った私でしたが、その人の顔(反応)を見た瞬間に、花壇を大事にされているご婦人のことばを思い出しました。
このタバコポイ捨ての人も、自分の行為にまったく悪気はなかったのでしょう。…哀しいことです。
怒鳴った後の後味の悪さは、怒鳴った先に人がいなかった哀しさだったのかもしれません。
悪気がないから、悪意がないから許されるというのではありません。悪気・悪意のない行為こそが、余計に他者を傷つけている現実があるものなのです。
    
戦争をなくすための戦争。
エコ商品をつくるために、今まで以上に二酸化炭素排出量が増えている現実。
不況の中、少しでも安いものを買い求めるけれど、安くものが買える背景には、ほとんど儲けなしで働いている(働かされている)人がいる現実。
 
「悪気はなかったんです」…言い訳のように使われるけど、実はもっと罪深いことです。

2010年1月14日 (木)

人に成る

先日、芦花公園にある サミッ○ へ買い物に行きました。
妻の後ろを、カゴも持って歩く私。
特売品のショーケースには、おでん種が数種類入って、温めるだけですぐに食べられる おでんセットが積んでありました。手軽だし、けっこう美味しいですよね。
そのショーケースの中をよく見ると、おでんにするためにお店の中で集めた おでん種がいくつかありました。
たぶん、夕飯をおでんにするつもりで、おでん種を集めていたら、一袋でおでんが完成!! な商品をみつけ、「あ、これなら楽だ!!」って思った人が、今まで集めたものを放り込んで、おでん袋をいくつか持っていかれたのでしょうね。
ショーケースの中には、おでんになるであろうはずだった品々が…。
あ~ぁと思いつつ、その品々を手に取り、元の場所を探しながら、返してきました。
スーパーで買い物をしていると、まったく違う場所に商品が一個ポツンと置いてあることがありますよね。買うつもりでカゴに入れたけど、やっぱりいらなくなって、そのへんに置いてしまう。元の場所に戻すことに、そんなに労力は使わないのに。
   
   
数日前、寺から最寄の駅へ向かって歩いていたときのことです。
私の前を、タバコを吸いながら歩いている人がいます。タバコの煙は、すぐ後ろを歩く私にかかります。それだけでもイラッときたのですが、まぁ我慢して歩いていたのです。
ところが、そのヒトはタバコをポイッと捨てました。そのヒトとしては自分の足でタバコを踏み消していったのですが、火は消えていません。
私は、自分の足で火を踏み消し、声をかけました
「ちょっと待てよ!! 火が消えてないだろうが!!」
そのヒトは え! という顔で振り向き、自分が捨てたタバコに目をやりました。
「もう消してたよ!! ふざけんな!!」
そのヒトはしばらく呆然としていましたが、私は駅に向かって歩きはじめました。  
           
            
11日は成人式でしたね。
報道では、成人式で暴れる新成人を面白可笑しく、嘆きつつ報道しますが、既に成人式は終えた先輩である我々が、新成人となる若者に(限りませんが)、手本となる姿を見せていないことの表われだと思います。
 
成人…「人に成る」と書きます。
あぁ、人と成っていないヒトの多さよ。
   
怒鳴った自分に腹が立ちました。
あぁ、大人気なさよ

2010年1月 9日 (土)

未だ出会わぬ自分に出会う

昨年暮れ、CDの片付けをしていました。
数年前からほとんど音楽を聴かなくなり、今までに買ったCDのほとんどをダンボールに入れていました。
久しぶりにCDを手にとってみると、懐かしいものです。よく聴いたCDもあれば、あまり聴かなかったものも。中には自分で買った記憶のないものまであったりして。
尾崎豊のCDを手にしたときに、なぜだか聴いてみようと思った。うん、よかった。昔は感じなかったこころの鼓動があった。特に「僕が僕であるために」が、こころに残りました。

 心すれちがう悲しい生き様に
 ため息もらしていた
 だけど この目に映る この街で僕はずっと
 生きてゆかなければ
 人を傷つける事に目を伏せるけど
 優しさを口にすれば人は皆傷ついてゆく

   ~僕が僕であるために~
  
私が大学生の頃、尾崎豊ファンが何人かいて、「そんなにいいなら、なにかCDを買ってみようかな」という程度の意識でCDを買いました。つまり、自主性がないのである。尾崎豊ファンの皆さんには申し訳ないけれど、その当時はのめりこむということもなかった。
「15の夜」とか「十七歳の地図」などはインパクトがあって、何度も聴いてはいたけれど、カラオケで熱唱することはなかった(逆にいうと、カラオケで何度も聴かされました)。高校生の頃に尾崎豊に出会っていたら、また違ったのだろうけど。
 
 
なんてことがあり、そのことを学生時代の友人にメールをした。
するとこんな応えが返ってきた。
 

小説や音楽…作品自体は何も変わりません。でも、読書体験や鑑賞体験に違いが生じるのは、自分が変化したということではないでしょうか。
変わろうと努力しても、変われない自分もいる。
何も意識していないのに、いつの間にか変化を遂げた自分もいる。
自分で自分のことを思い込んでいる自分だけでなく、
未だに会ったことのなかった自分との出会いを、小説や音楽、芸術作品というものはしてくれるのではないでしょうか。
尾崎豊にこころ響いた君は、長いこと出会うことのなかった君なのかもしれません。
そう考えると、生きるということはとてつもなく面白いものですね。
もっともっと楽しんで生きる一年にしたいですね。

  
なるほど。この年になって、今まで感じなかった感動を覚えるということは、今まで隠されていた自分に会うということなのか。そのためには、ここまでの自分の歩みがあったからこそなんだなぁ。人生に無意味なことなどないのです。
 
この友人はものすごい読書家で、本を読むことが苦手な私も、彼を通して、本のあらすじや感想を多く聴いたものです。それによって、自分も読書したような気になったりして。
たくさんのものをもらったね。私は、なにかお返しをしてきただろうか…。
   
音楽や小説…新しいものを手にするのもワクワクしますが、たまには、昔聴いた音楽を聴きなおしたり、小説を読み返したりしてはいかがでしょうか。以前とは違う感動があり、そのことによって、未だに会ったことのなかった自分に出会えるかもしれません。
人生というものは、とてつもなく面白いものですね。

2010年1月 1日 (金)

2010年1月のことば

Dsc_0483
玄関の生花  坊守(釈尼妙優)作
   

住職年頭の挨拶
 あけましておめでとうございます
「光陰矢の如し」と申しますが、昨年は特に時間の経過を早く感じました。さっき2009年の「年頭の挨拶」を考えていたのに、もう2010年の挨拶を考えるときがきたのだと驚いています。
60歳を越えたとき(今年で66歳になります)、あとどれくらい生きられるだろうか、一日一日を大切に生きようと思ったものです。新年を迎え、あらためて 一日一日の尊さと、無駄に過ごしてはいないだろうかという反省を感じました。
私が無駄に過ごした今日という日は、昨日亡くなられた方が「生きたい」と強く願われた一日なのです。
 
ただ一度かぎりの この生命なのだ
大切に 大切に 今日一日を生きよう

 
恩師である広瀬杲(ひろせ たかし)先生のことばです。この世に生まれてきたのは、仏法聴聞のためであるとも教えていただきました。
今日も「いのち」をいただいたことに手を合わせ、仏法聴聞の生活をしていきたいと思います。
本年もよろしくお願い致します。
西蓮寺住職(釈謙弌)
    
    
 Dscf2834
 想いは、響きあうもの。
  もらうばかりでは、「共感」とは言わない。

   
「共感」とは、共に響きあってこそ、いえることではないだろうか。一方通行の感情を、「共感」とは言わない。
    
ある事件を起こした若者に対し、「起こした事件は許せないけれど、若者が置かれている状況には共感します」という声を多く聞いた。以来、「共感」ということが引っかかっている。
事件を起こした者に共感することが引っかかったのではない。若者の置かれていた状況は、決して他人事ではない状況だったのだから。
「共感します」というセリフに抱いた違和感は、どこから来たのだろう。本当は、もっと温もりを感じさせることばであるはずなのに。
   
「共感」とは、「私が感じる」だけにとどまらず、「相手と、私とが、共に感じ合う」のではないだろうか。
   
ふたつある物体の片方を鳴らすと、もう片方に振動が伝わり、その振動により、元の物体をもまた響かせる。
 
作った料理を食べた子どもが、「美味しい 」と言ってくれただけで、自身はまだ口にしていなくても、料理の美味しさが伝わり、笑顔になる。その笑顔は、また子どもへと伝わる。
  
悲しい想いをしている人の姿から、自身の悲しみを思い返す。今までは、自分の中だけで、自分だけを悲しませていた出来事が、人は誰もが悲しみを背負って生きているという事実に目覚めさせ、前を向く勇気を与える。私の一歩が、悲しい想いをしている人の第一歩ともなる。
   
想いは、響きあう。もらうばかりでは、それは「共感」とは言わない。
「共感」の「感」はなにを表すのだろう。感激・感銘・感動・感謝・・・。こころに訴えかける出来事は、世の中に満ち溢れている。
 「感激しました」
 「感銘を受けました」
 「感動をもらいました」
 「感謝しています」
感極まって口にしてきたことばの数々。しかし、「感」の想いは、本来響きあうもの。自分の中だけで「感じる」のではなく、「感」をくれた相手に、「感」のお返しをすることが、感激・感銘・感動・感謝。まるで振り子のように行き来するからこそ、「共感」。
事件を起こした若者に、「共感します」の響きは伝わっただろうか。いや、伝わってはいないだろう。彼のような人間には伝わらない…のではなく、こちらからの「感」の振動が全然足りないのだから。
響き合い、感じ合うことがあってこそ、「共に」という関係が築かれる。
  
   
    
今月のギャラリー
Dscf2829 

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ