« お彼岸な一日⑥ | トップページ | お彼岸な一日⑧ »

2009年9月25日 (金)

お彼岸な一日⑦

9月25日(金)
比較的過ごしやすかったこの連休。連休が明けた途端に暑くなりましたね。
連休中の賑わいはありませんが、ポツリポツリとお参りの方がいらっしゃいます。
 
昼間は陽射しが強く、暑かったですが、夜になると涼しいですね。
昼間、最後の力を振りしぼってセミが鳴いていましたが、夜になると鈴虫が鳴いています。
いのちの交差を身にしみて感じる季節です。
 
お彼岸な一日⑦
「お彼岸前に彼岸花が枯れてしまいました」と書きましたが、墓地の別の場所に彼岸花が咲いていました。とても元気です。
「地球上に存在できる生命の数は決まっている」という話を聞いたことがあります。
ある生き物が絶滅したとしたら、それはある生き物の数が増えたから。
人間の人口が増えれば、それだけ他の生き物が減っていくということ。
いのちの総数は決まっている。
セミが去り、鈴虫が訪れる。
真っ先に咲き、真っ先に枯れる彼岸花があれば、ゆっくりと咲き、最後にしおれていく彼岸花がある。
人は死に際し、なにを残すのだろう…

« お彼岸な一日⑥ | トップページ | お彼岸な一日⑧ »

コメント

>人は死に際し、なにを残すのだろう…

還相のはたらきが自然に残れば最高ですね!
それ以外は何も残したくないです。きれいサッパリと消えたいです。こう思うのは、ちょっとおかしいでしょうか?

☆やすさんへ
私は、地位と名声を残して往こうかと…大嘘です。私も、何も残さず、人知れず往きたいものです。
還相のはたらきは、自然に、必ず残りますですよ。
南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏

そのとおりですね。
なるほど、なるほど!
南無阿弥陀仏

☆やすさんへ
還座式終わって、京都から帰ってきました。
御影堂・阿弥陀堂は身を置くのにいい場です。
往相還相の場です(と思います)。
御遠忌一緒に参りましょうね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« お彼岸な一日⑥ | トップページ | お彼岸な一日⑧ »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ