« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

2009年9月26日 (土)

お彼岸な一日⑧

9月26日(土) お彼岸最終日
天気に恵まれた秋のお彼岸。早いもので最終日です。
みなさま、ようこそお彼岸にお参りくださいました。
  
ブログの検索ワードで、「お彼岸を終わってからもお参りしていいのか」とありました。
お彼岸の前でも、後でも、お彼岸中でも、いつでもお参りください。
ご注意いただきたいのは、
お参りにみえてお墓だけをお参りするのではなく、お寺の出入りの際に、本堂の前で、ご本尊に手を合わせ、合掌礼拝を心がけてください。真宗の門徒の方は「南無阿弥陀仏」とお念仏申しましょう。

お彼岸のお参りというと、亡き人に対するご供養の意識が強いと思います。それゆえ、「お彼岸を終わってからもお参りしていいのか」と、時期やタイミングが気になるのだと思います。
しかし、お参りは、亡き人との縁を通して、私が、私自身を見つめるときをいただくのです。
亡き人の供養のためではなく、自身の今を見つめるため。そういう時間を、私がいただいています。
いつか死を迎えることがわかっているいのちを、そんなことを気にせず生きている私。幸せを願いながらも、不幸を作り出している私。平和を願いながらも、和を乱して生活をしている私。お参りをされて、いろいろと振り返ることになります。
お参りは、亡き人のためではなく、私自身のため。亡き人は、大切な時間を私にあたえてくださっています。
お参りはいつされてもかまいません。どうぞお参りの時期・作法など気にせずに、お参りできるときにお参りしてください。
 
ちなみに、私は「お墓参り」とは書かず「お参り」と書いています。お参りすべきは「お墓」ではありませんので。
ご本尊にお参りする、つまり南無阿弥陀仏と念仏申すこと…それがお参りの大事です。

   

お彼岸な?一日⑧
妻の帰省(遅い夏休み)に付き添って、秋田に来ています。
娘は、生まれてから一ヶ月は秋田で過ごし、それから東京に来ました。それ以来、七ヶ月ぶりの秋田です。
秋田のジィジ バァバ オジチャンは大喜びです。 秋田空港に迎えに来てくれたオジチャンは飛行機に乗ったことがないそうで。娘は4回目の飛行機でした。
写真は、秋田空港にいたスギッチです。秋田県職員をされています。

2009年9月25日 (金)

お彼岸な一日⑦

9月25日(金)
比較的過ごしやすかったこの連休。連休が明けた途端に暑くなりましたね。
連休中の賑わいはありませんが、ポツリポツリとお参りの方がいらっしゃいます。
 
昼間は陽射しが強く、暑かったですが、夜になると涼しいですね。
昼間、最後の力を振りしぼってセミが鳴いていましたが、夜になると鈴虫が鳴いています。
いのちの交差を身にしみて感じる季節です。
 
お彼岸な一日⑦
「お彼岸前に彼岸花が枯れてしまいました」と書きましたが、墓地の別の場所に彼岸花が咲いていました。とても元気です。
「地球上に存在できる生命の数は決まっている」という話を聞いたことがあります。
ある生き物が絶滅したとしたら、それはある生き物の数が増えたから。
人間の人口が増えれば、それだけ他の生き物が減っていくということ。
いのちの総数は決まっている。
セミが去り、鈴虫が訪れる。
真っ先に咲き、真っ先に枯れる彼岸花があれば、ゆっくりと咲き、最後にしおれていく彼岸花がある。
人は死に際し、なにを残すのだろう…

2009年9月24日 (木)

お彼岸な一日⑥

9月24日(木)
今日は予想通り、お参りが少ないです。
お参りの方が少ないので、お参りの方とゆっくりお話する時間がありました。
その方は体が丈夫な方でしたが、足を悪くされ、今は杖を使って歩かれています。
   
「幸い車の運転には支障がないから、車でお寺まで来れるけど、電車で来る気にはならないですね。駅の中を歩くのが恐くて。みんな早足でしょ。何を急いでいるんだか。今の私は、手押しの車を押しながら歩いている年寄りにも追い越される始末です。
足がこんなになるまでは、そんなお年寄りを、おせぇなぁなんて思っていたんですよね、私も。杖を使うようになって、そんなことを言っていた自分に気付かされました。恥ずかしいです。
だけど杖を使うようになってね、けっこう電車の中で席を譲られるんですよ。ゆっくり歩いていても、周りの人間が気を使ってくれているのも感じられるようになりました。杖を使うようになって、悪いことばかりじゃないですよ」
 
痛みを感じて、今まで見えなかった世界が見えることがあります。
杖を使うようになって、スタスタ歩いていた頃と比べれば、そういう意味では不自由かもしれません。
でも、その不自由なままで、今まで気付かずにいたことを知ることができた。

傲慢に生き、
周りに不平不満ばかり言っていた私
そんな私(今日お話した門徒さんがというのではなく、誰もが)だけど、
自身の恥ずかしさを知り、
周りの温もりを感じるようになった。
 
今日、この門徒さんとお話ができたのは、
そういうことを知れよ!という促しだったのだと思います。
  
Dscf2777
網戸に張り付いていたカマキリです。

2009年9月23日 (水)

お彼岸な一日⑤

9月23日(水) 秋分の日 お彼岸お中日
エアーポケットは今日でした。こんなに空いているお中日は初めてでした。
連休中に参りをされた方が多かったようです。今日はお家で休息かな。
 
住職がお通夜に出かけるとき、お寺が忙しくなかったので、新宿まで車で送っていきました。普段のお中日ならできないことでした。
新宿まで、下道で20分で着いてしまいました。いつもなら40分~60分ほどかかるのに。道路も空いていました。高速道路の渋滞表示も、どこも点灯してなくて、ガラガラだったようです。
新宿で住職を下ろして、折り返し帰るつもりだったのですが、新宿に車を停めて用事を済ませて帰りました。
スタバのコーヒーを買って帰ったら、家族に白い目で見られました。
 
Dscf2773
お参りをすませ、ネコもお帰りです。
ブログでも何度か登場したネコです。以前はまったくなついていなかったのですが、いつからか、非常に人懐っこくなりました。目が合うと、スリスリしに寄ってきます。
誰にでも人懐っこく寄って行くので、お参りの方から、「お寺さんのネコちゃんですか?」とよく尋ねられます。
いえ、飼い猫ではありません。
毛並みもよく、太っているので、どこかでご飯をもらって寝泊りしているのだと思いますが、昼間は境内でのんびりしています。
 
ネコが好きな人には人気なのですが、当然ネコ嫌いな方もいるわけで、たまに墓地のほうから悲鳴が聞こえることがあります。
ネコが苦手な方には、申し訳ないことです。

2009年9月22日 (火)

お彼岸な一日④

9月22日(火)
連休中のエアーポケットだろうと勝手に決め付けて、今日は参詣も少ないだろうと朝からのんびりしていました。
とはいえ、いつも通りに境内の掃除をしていると、次から次に車が駐車場に入ってきます。
結局、たくさんの方が参詣におみえになりました。
今日は祝日だし、たくさんの方がお参りにみえるぞと心構えをしていたら、そんなに慌てなかったのでしょうが、のんびり構えていたために、えらく忙しかった気がします。
気を抜いてはいけませんね。
 
連休中、遠出をされた方のユーターンラッシュが始まっているそうですね。
お気をつけてお帰りになってください。
 
Dscf1560
オンシジューム「百萬どる」
玄関に飾っていたら、「私、蘭の中でも、これが一番好きなの」と声をかけられました。
蘭の仲間だったのですね。知りませんでした。
きれいな黄色です。オンシジュームという種類の中でも花弁が大きいようで、それで「百萬どる」という名前がついているのでしょうか。

2009年9月21日 (月)

お彼岸な一日③

9月21日(月) 敬老の日
お彼岸のお参りも落ち着いてきた午後4時過ぎ、娘(もうすぐ8ヵ月)の散歩に出かけました。
お花屋さんに行って、ジィジとバァバ(住職と坊守)にお花を買いました。
娘からジィジ バァバへ、敬老の日のプレゼントです。
黄色を基調にした花束です。
Dscf1562_2

最近は、おじいちゃん おばあちゃん ジィジ バァバと呼ばれるのを嫌う人が多いと聞きますが、
うちの住職と坊守は
「ジィジと散歩行こう♪」
「バァバと遊ぼう♪」
と、自分でジィジ バァバ言ってます。
 
ジィジ バァバって、年をとった人を指すのではなく、孫からの関係としてジィジ バァバなわけです。
そういう意味では「ジィジ バァバ」と呼ばせないのって、孫にとって不幸だなと感じています。
 
花束を娘に持たせて、寺に戻りました。
まさか花を買いに行ったとは思っていない住職と坊守は、ビックリです。
「ジィジ バァバ いつもありがとう」(と言ったのは私ですが)と、花束を手渡されて、ジィジ バァバは嬉しそうでした。

2009年9月20日 (日)

お彼岸な一日②

9月20日(日) お彼岸の入り
今日からがお彼岸 たくさんの方がお参りにみえました。
お参りにみえた方には、寺報とおせんべんをお渡ししています。
寺報におせんべいを乗せて手渡しているのですが、渡す瞬間に落としてしまいました。

「すみません」
「いえ、ちゃんと受け取らなかった私が悪いんです」
「いえいえ、私の方こそ 申し訳ありません」
 
自分が悪かったと、お互いが認めることができれば、争いも起こらないものですね。
 
「すみません」
「いえ、こちらこそ」
関係を生きるとは そういうことかなと、この一瞬の出来事で感じました。
 
 
Dscf2781
トルコキキョウ
鮮やかな紫です。本堂に通じる渡り廊下に刺してあるのですが、本堂にお参りされる方の多くが足を止めて見て行かれます。
先週はピンクのトルコキキョウを刺してあったのですが、それも綺麗でした。

2009年9月19日 (土)

お彼岸な一日①

明日から秋彼岸ですが、今日はたくさんの方がお寺にお参りにみえました。
明日から4連休 シルバーウィークですね。
気候もいいし、出かけるには最適ですね。
遊びに出かけられる方、楽しんできてください。
お参りにおみえになる方、お待ちしております。
 
Dscf1533
境内に赤トンボが飛んでました。秋ですね。
今年は、どういうわけか、彼岸花はとっくに枯れてしまいました。

2009年9月17日 (木)

さようなら 多摩テック

今日は多摩テックに行ってきました。
多摩テックは、2009年9月いっぱいで、48年の歴史に幕を閉じます。
Dscf2765
 
小学生の頃は、妹と一緒に、父親によく連れて行ってもらいました。
閉園のニュースを聞いたときは、耳を疑いました。
まさか自分の思い出の地が無くなってしまうなんて…。
多摩テック内のメッセージボードには、たくさんのファンが、お礼のことばを書いていました。
Dscf2739
 
多摩テックは、ホンダの系列だけあって、ゴーカートが充実していました。
ゴーカートといえば、決まったレールの上を走るものが多いですが、多摩テックにはサーキットを自在に走れるゴーカートがあって、好んで乗っていました。
Dscf2740
無茶をして、他のゴーカートとクラッシュして、整備のお兄さんに怒られたものでした。
今日は乗らずに、上から眺めていました。
「あれ、こんなにゆっくりだったんだ!」と思いました。小学生当時は、すごいスピードで走っているような感覚があったのに。
 
0才児を連れていたので、園内をブラブラするだけのつもりでしたが、保護者同乗ならOKの乗り物がけっこうあり、乗り物にも乗ってきました。思っていた以上に楽しかったです。娘は、何が起きてるいるのか分からない様子でしたが。
Dscf2742
〔でんでんむし〕
けっこうスピードが出て、びっくりしました。
Dscf2751
〔りき丸の電気自動車「ムウ」〕
これからは電気自動車の時代になるのかな。
Dscf2755
〔大観覧車「トップキャビン」〕
観覧車なんて、久しぶりだから、立ち上がっていろいろな方向を眺めていました。
う~ん、明らかに私が楽しんでますね。賑やかなところに連れて行ったためか、帰宅後も娘ははしゃいでいます。娘には申し訳ないことをしました。でも楽しかったです。私の思い出に付き合ってくれて、ありがとう。
 
Dscf2766
正面ゲートの外には、多摩テックからの挨拶文が書かれていました。
メッセージボードに思い出を書かれている方、遊びに来ている方、そして、多摩テックにお勤めの方々、みんな多摩テックが好きなんだなぁって感じました。
私は、小学生の頃によく来ていたのに、卒業後はたしか一度も来ていません。閉園は寂しいと、思い出を語るのなら、もっと遊びに来るべきでした。
でも、もしかしたら二度と来ることがなかったかもしれない思い出の地に、また足を運ぶことができました。
Dscf2767
さようなら多摩テック ありがとう多摩テック

2009年9月11日 (金)

笈の平

笈の平
親鸞聖人は関東での教化を終え、4人のお弟子さんと京都へ向かいました。
その途中、箱根山の道中で、同行の弟子 性信房(しょうしんぼう)に別れを告げます。
「性信房、私が京に帰った後、関東の地でお念仏の教えを伝えてください 」

性信房は京都まで同行することを懇願しますが、親鸞聖人は諭します。
聖人はそれだけ性信房に信頼を寄せていました。
聖人はこの別れの地で、性信房に笈(おい:荷物を入れるカゴ)を渡します。笈の中には聖人著の「教行信証」が入っていたと言われています。
この別れの地を笈の平(おいのたいら)と言います。

昨日今日と、箱根の、親鸞聖人ゆかりの寺院・地を巡っています。
笈の平には、記念碑が立っています。15年ほど振りに立ち寄りました。
草木が成長し、碑に書いてある言葉が読めませんでした。前に来たときは手入れがされていたのですが…。

2009年9月 7日 (月)

考えてもみれば…

あぁ~、どいつもこいつも、わがままだぁ~
 
って、
 
そんなこと言ってる、私が一番わがままだぁ

2009年9月 4日 (金)

あいたくて 

先輩僧侶からお葉書をちょうだいいたしました。
工藤直子さん(詩人)の「あいたくて」という詩が書き添えてありました。
 
 
 あいたくて
       工藤 直子

   
  あいたくて
  だれかに あいたくて
  なにかに あいたくて
  生まれてきた─
  そんな気がするのだけれど
 
  それが だれなのか なになのか
  あえるのは いつなのか─
  おつかいの とちゅうで
  迷ってしまった子どもみたい
  とほうに くれている
   
  それでも 手のなかに 
  みえないことづけを
  にぎりしめているような気がするから
  それを手わたさなくちゃ
  だから
   
  あいたくて
    
     
      
今月の掲示板のことばの文章中、
この世に生まれてきたのは、自分自身で「生まれたい」と思ったからです。
と書きました。そういうことを言うと、よく批判されるのですが、でも、私は本当にそう思っているのです。
この世に生まれてきたのは、自分が生まれたいと思ったからだって。
いや、とくに根拠や理由があるわけではなくて、こころの芯からそういう想いが湧いてくるのです。 
   
工藤直子さんの詩に会わせていただいて、「あいたい誰か あいたいなにか」があるからなんだなって感じました。
誰にあいたいのか なににあいたいのか分からないけれど、大事なものを握っているから、それを大事に握ってなくちゃ
「なむあみだぶつ」と口にするとき、手が合わさるのは、大事なものをなくさないためになんだと思う。

        
また、もしかしたら、すでに出会っているのかもしれない
あいたい 誰かに
あいたい なにかに
それに気付いていないだけ 認めたくないだけ
目の前にいる人かもしれない
今の私の境遇なのかもしれない
あいたかったものに すでにあっていた
でも あたりまえすぎて気付かないのかもしれない
 
なんてことを考えていたら、
ハガキを手に、子どものように 素直に笑えた

2009年9月 1日 (火)

2009年9月のことば

   Dscf2616
   浄土に往生するということは
    ここで生きられるようになったということ

                    信国 淳
 

浄土に往生するということは、一般的に、「死後に安らかな仏の国にいくことができること」と考えられているのではないでしょうか。でも、「ここで生きられるようになった」ということは、死後のことではないようです。
念仏申すものをすくうという阿弥陀の願いは、今、現に私に届いている。その私が「南無阿弥陀仏」と念仏申す縁を生き、その果、浄土に往生することが、死後のことなのだろうか。いや、念仏申す今がまさに、浄土に往生しているただ中に違いない。
「浄土に往生する」とは、来世の話ではない。私が好き勝手に描いている理想郷に生まれ出ることではない。
今、ここにいる私は、すでに浄土に往生しているのです。
   
    
この世に生まれてきたのは、自分自身で「生まれたい」と思ったからです。
そんなことを言ったら、笑われるかな。まだ意思がないときに、どうして「生まれたい」と思えるのですか、なんて。
でも思うのです。「なぜ生んだのか」「なぜ生まれてきたのか」「なぜ生きなければならないのか」という問いの背後には、責任を他者に押し付ける響きがあります。私という存在は、責任を背負って生きているのだと思います。自分で背負うべき責任を投げ捨てて、他者に責任を押し付ける生き方に、果たして安心などあるのでしょうか。
    
     
我が身に起こる出来事は、既に決まっている出来事なのです。
そんなことを言ったら、泣かれるかな。「頑張る意味がないですね」「運命として受け入れろというのですか」って。
でも思うのです。確かに、既に決まっている出来事なんてありません。「あれ、言っていることが違うじゃないですか」と思われるかもしれませんね。
過去を振り返り、あのとき別の道を歩いていたら…と考えたこと、ありませんか?誰もがそういうことを考えたことがあると思うのです。でも、別の道なんて、元々なかったのです。たしかに、分岐点で悩んでいる当時は、どの道を歩もうか、一生懸命に悩んだと思うのです。しかし、一歩踏み出したそのときに、別の道など元々なかったのです。あのようにしていたら、このようにしていたら…後悔は尽きません。でも、私が歩むべき道は、私が歩んできた道ただ一本だけだったのです。
なかったはずの分岐点を振り返りながら、今の歩みを後悔する私に、次の一歩が踏み出せるのでしょうか。
   
   
縁によって生かされて生きている私。私の身に起きた出来事は、たとえどんなにつらい出来事も、それも縁なのです。
そんなことを言ったら、怒られるかな。「現実につらい目に遭っている人に、そんなこと言えるのか」って。
たしかに、不幸に出遭った方にとって、それを「縁です」なんて言われたら、逆上し、希望を失うことでしょう。
でも思うのです。仏教で説かれている「縁」は、一人で生きているのではありませんよ、と教えてくださっているのだと。
一人では生きていない。関係の中を生きている。生かされて生きている。
人と人とが生きるということは、良い関係を築けることもあれば、悪い関係に発展する場合もある。厄介なことに、目的・主義・主張・思想が同じ方が、仲良くできるようでいて、かえって反発しあったりするものです。
自分にとって都合の良いものを、「縁あって」と喜ぶけれど、「縁」を口にするならば、すべてが「縁」なのです。「縁」に良いも悪いもないのです。良い悪いは、私がそのように感じているということ。「縁」は、一人で受けるものではありません。もし私が、「良い縁」と感じることがあったなら、その背後には、「悪い縁」と感じることを受け止めている人がいるのです。あるいは、私が悲しみを感じているとき、ともに悲しみを感じてくれている人もいるものです。「縁」とは、そういうものなのだと思います。「縁」という糸が、いくつもいくつも触れ合い、重なり合い、今の私があるのです。
   
私が生きている事実を見つめると、不可解で、悲しい出来事ばかりです。その中を生きていけるのは、しっかりと支えてくれているなにかがあるから。温かく守ってくれているなにかがあるから。その中を生かされて生きている。浄土に往生するということは、今を生きることといただきました。
     
   
先月、長崎教務所に行ってきました。厳しい暑さの中、汗をかき、坂を上り、重たい荷物を背負いながら。
教務所の掲示板に掲示してあったことばが、今月のことばです。
私は今、いや、すでに浄土に往生していたのだなぁと、なんだかホッとしました。
後日、長崎教務所に電話をしたところ、このことばを選ばれた方がちょうど電話に出られました。ことばの出典をお尋ねすると、「私が専修学院時代、信国先生の講義中にいただいたおことばです」とのお返事。
私は、信国先生に直接お会いしたことはないのですが、先生のお話からことばを感得された方を通して、先生に出遇うことができました。夏、大切な出遇いがありました。ありがとうございます。
   
   
 
西蓮寺門前の掲示板に人形を飾っています。9月の人形は、山盛りの野菜です。
食べ物が美味しい季節です(いつも美味しいんですけどね)。実りの秋が楽しみです。
Dscf2612

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ