« 2009年7月のことば | トップページ | 御遠忌は、私の姿 »

2009年7月 6日 (月)

泣きたいときは 泣いてほしいのです

2009年7月4・5日(土・日) 西蓮寺新盆法要をお勤めいたしました。
この一年の間に、大切な方を亡くされたご門徒さんにお集まりいただき、合同の新盆法要をお勤めいたしました。
法話は、私がさせていただいています。
  
   
     
お盆の由来
『仏説盂蘭盆経(ぶっせつ うらぼん きょう)』というお経があります。
お釈迦さまのお弟子さんの目連さんのお話です。目連さんはある日ふと、亡くなられたお母様がどうされているか心配になりました。神通力を使い、お母様を探されます。
ところが、どれだけ探しても、お浄土にお母さんがいません。もしやと思った目連さんは、餓鬼道という地獄に行ってみます。すると、飢えに苦しみ、痩せ衰えたお母さんがいました。目連さんは食べ物を渡すのですが、お母さんが、その食べ物を口に運ぼうとすると、食べ物が炎に変わってしまい、口にすることができません。
困った目連さんは、お釈迦さまに相談します。「どうしたら母を救えるのでしょうか?」
お釈迦さまは言います。 「多くの修行者の力を借り、お供え物をし、母が浄土に行けるように念じなさい」と。
お釈迦さまが言われた通り、お供え物をし、多くの修行者と共に、餓鬼道に堕ちた人々が浄土に行けるように念じました。すると、目連さんのお母様だけでなく、餓鬼道に堕ちたすべての人々が、浄土に行く姿が、目連さんの目に映りました。 
この『仏説盂蘭盆経』のお話が由来となって、日本ではお盆(盂蘭盆)の習慣ができたと言われています。
 
 
 
毎年お盆にお話をしていて、基本的には同じ話をしているのですが、毎年ちょっとずつ変わってはいます。そのときの私自身の想いの違いもありますので。
明日話すという晩、つまり3日の晩、話す内容について考えていました。
 
で、思ったのです。新盆法要に集まられる方は、この一年のうちに大切な方を亡くされ、つらい想い、悲しい想いをされた方々です。そういう方々が新盆法要にお集まりになって、その法話で聞きたいこととは、こういう話なのだろうか?と。 
身近な人を亡くして、「なぜ死んでしまったのだろう」「限りあるいのちをどのように生きればいいのだろう」「なぜ生まれたのだろう」…いろいろなことを考えたはずです。 
とりあえず、話の導入として『仏説盂蘭盆経』の話をしてから、声を聞くことにしました。「大切な方を亡くされて、なにか感じられたことはありませんか」と。
 
おひとり、手を上げてくださいました。
「亡くなった人のことを思い出して、今でも涙が出ます。でも、亡くなった人が心配するから、いつまでも泣いていてはいけないと諭されて…。でも、涙が出るんです。泣いてはいけませんか?」
 
つらい想いをされたうえに、さらにその想いに蓋をさせられて、余計につらい思いをされていたのですね。
泣きたくなったら泣いてください。声を出して泣いてください。
どんなに涙流しても、涙は枯れることがありません。不思議なものです。もう涙は流れないと思うほど泣いても、また、涙は溢れてくるのです。それを我慢することはありません。
  
身近な人が亡くなると、いろいろな迷信を言う人がいます。
「亡き人が心配するから泣いてはいけない」
「いつまでも亡き人のことを想い続けてはいけない」
「不幸が続くのは、亡き人が迷っているから」
そのようなことを言う人は、本人としては相手を心配してのことかもしれませんが、そのようなことは言ってはいけません。
物事を亡き人のせいにしてはいけません。 
亡き人は、迷いもしないし、生きている私たちを呪ったりもしません。
 
私たちは、縁を生かされて生きる身です。
我が身に起こることは、すべて縁によります(自分にとって都合がいいことであっても、悪いことであっても)。
亡き人のことを想って涙流すということも、亡き人との縁があるからこそ、流れるのです。  
涙によって、亡き人に出会う。亡き人を想うことを通して、私自身を見つめることとなります。 
  
身近な人との別れを通して、我が身に沸き起こる様々な想い。
その想いは、亡き人から与えられたもの。
与えられた想いは、私がこれから歩む人生に、なんらかの道標となる。その想いを打ち消す必要も、隠す必要もなありません。

法話・法要を勤め、食事の時間…お参りされたすべての門徒さんと話すように努めています。すると、「手を挙げられてお話された方の気持ちがわかります」「私も同じようなことを言われた経験があります」と、たくさんの方が同じような苦しい経験をされていました。それだけ、想いを封じ込める迷信が蔓延しているのですね。泣きたいときに泣くことを許されないで、いつ泣けばいいのでしょう。泣きたいときは、泣いてほしいのです。

« 2009年7月のことば | トップページ | 御遠忌は、私の姿 »

コメント

このところ、喜怒哀楽という感情の波が無くなってきたような気がします。以前に比べて激しい怒りが収まってきた一方で、とても嬉しいとか楽しいという思いもあまりいたしません。そして、悲しくて涙が出て止まらないくらい泣いたということもありません。こだわりを持たず毎日を坦々と生きるということとは、また違うのです。
悲しいときに思い切り涙を流して泣くということは、あるいは、泣くことができるということは、自分の気持ちに素直になるという意味で、人間が本来持っている大切なものという気がします。ですから、泣きたいときには思い切り泣いた方が良いと思います。

 涙を流すことが人のストレスを緩和させると、科学でも証明されています。悲しいときに泣けるのは人間だけです。もし、泣いてはいけないというのが真実であったならば、人は他の動物と同様に生来的に泣かない生き物だろう。

 他の動物は悲しい出来事が起こったとき、泣くこと以外の方法でストレスを緩和しているのかもしれません。でも、人間は(知能が発達しているからでしょうか)泣くことがストレスを発散する手段の一つになっているのです(体の構造・精神の構造の双方)。笑いの怒りもそうですが、その感情を無理に押さえ込んでしまうとストレスがどんどん溜まって、かえって悪い結果になってしまうかもしれないのです。

 阿羅漢を悟った人が泣いたり怒ったりしないのは、悲しい出来事が起こってもストレスにならず、ずっと明るくいられるからです。

 だから、悲しい出来事が起こってつらいと思うなら泣いた方がいい。受け入れられないならとりあえず泣いた方がいい。感情や人格を殺さない方がいい。冷たい人間になってしまうでしょう。

 何が起こっても泣かずに格好良く生きたければ悟るしかありません。

☆がくさんへ
人間の感情って、振り子のようなものだと思います。
振り子は、ふり幅が同じです。一方が大きく、もう一方が小さいということはありえません。
人間の感情も、涙流すということの裏には、また正反対の感情も内包していると思うのです。こんにち、そのバランスが崩れているのかもしれません。怒りの感情ばかり表出し、他を傷つけてしまう。怒りの感情に対して、涙流す感情も上手に出すことができれば、他を傷つけるということはないのかな、と思います。

☆真照さんへ
泣くことができるということは、
泣くという能力があるということ。
それを抑え付ける必要はない。
涙を流すと気持ちがスッキリするのは、次の一歩を踏み出すための能力なのかもしれない。泣くに至った問題が解決するわけではないけれど、泣きたいときには涙流せる方がいい。
涙は、「溢れる」と表現します。ということは、自身の思いで出したり出さなかったりするものではなくて、自然に出てくるもの。
溢れる感情を、大切にしたいものです。

 追記:他にも真実と矛盾するのは、本来は出家したら剃髪しなければならないとのことに関しては、ではなぜ人は髪の毛が生えてくるのだ?脳を衝撃や紫外線から守るためではないのか?ということや、結婚も性行為もしてはならないというが、それが真実なら人類は滅びるしかないということだろう。明らかに必要なことだ。出家者は在家者の先生みたいなものなのに、在家者に頼っていてはいかんでしょう。むしろ、恋愛や子育ての見本を示さないと・・・。
 剃髪は髪の毛でお洒落をしてはいけないというのが理由だろうし、結婚と性行為の禁止というのは誰かを好きになることがそのまま愛着となって、性行為は欲がないと不可能というのが理由。

 だったら髪の毛は自分の落ち着く長さに切ればお洒落とはならず、修行にも適するのではないのか?結婚も性行為も、より良い家庭環境にするため、自分と相性の良いパートナーを見つけて結婚し、子どもを立派な人格者になるように育てることを目標にすれば、矛盾は小さくなると私は思う。

☆真照さんへ
真実なるものと同じ振り幅の矛盾を抱えているからこそ、真実なるものに包まれている事実を感得できるのかもしれない。

人の見本となる生き方…確かに、出家者の生き方かもしれない。
しかし、家庭は、誰が持っても家庭。修羅場でございます。在家者も、そして出家者も。
なにも参考になりませぬ。いや、参考にならない事実が参考か。
いや、独り言です。

かつさん 大変ご無沙汰しています。

泣きたい時に泣くこと、難しいものですね。
だから「泣いていいのですよ」と言ってもらえることは、本当に心が軽くなることだと思います。

子供ですら、成長するにつれて少しずつ、泣きたい時でも我慢するようになります。だから本当は泣きたいのだということを気づいて、「泣いていいんだよ」と言ってあげたいなと思います。
(子供が、幼いうちに泣くのを我慢するのは、親の責任もあるかもしれませんけれども。少し指している内容は違うかもしれませんが、「ちゃんと泣ける子に育てよう」という本がありまして、・・このタイトルが私にはグサリときました)

大人になっても、「泣いていいんだよ」と言ってもらえることは本当に救われることだと思います。そしてなかなか、言ってもらえる場面がないことだとも思います。

☆はるたまごさんへ
おひさしぶりです。
泣くことだけでなく、喜ぶこと、笑うこと、怒ること(キレルのではなくて)など、感情を出すことは、大切なことだと思います。
感情って、本来素直に出すものなのだと思います。年とともに、いろいろな事情や知恵によって、感情を伏せるようになるわけですが、でも、抑え付ける必要はないと思います。
変に抑え付けているから、たまに感情を出したときに爆発してしまう。難しいものです。
 
「泣いていいんだよ」と言ってもらえること…実は、そう言ってもらえるだけで、気持ちは落ち着くものですよね。
「大丈夫」「なんとかなるよ」…無責任な言葉に聞こえるかもしれないけれど、こういうことって、誰も言ってくれないから不安になる。
泣きたいときは泣いていいんだよ。だいじょうぶ、なんとかなるから。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2009年7月のことば | トップページ | 御遠忌は、私の姿 »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ