« 御遠忌は、私の姿 | トップページ | 2009年8月のことば »

2009年7月23日 (木)

地球最期の日

明日は、核ミサイルが発射される。地球最期の日。それが分かっている。

不思議なことに、こころは落ち着いている。しなければならないことが分かっているかのように。

大切な人の手を握りながら、普段なら口にするのも恥ずかしいようなことばが口から出てくる。

「今までありがとう。出会えてよかった」

小さな小さな 二人だけの空間。
静かにときが流れる。

いよいよ地球最期の日。
今日核ミサイルが発射されるのは分かっている。
しかし、いつなのか、時間は分からない。
なにも手につかないというわけではなく、ただ、空を見上げている。

晴れ渡った、青く澄み切った空。白い雲が、ゆっくり流れていく。

やがて日が暮れはじめ、青かった空が、夕焼けの赤に染まっていく。

こんなにもじっくり空を見続けたことがあったかな。
間もなく終わるいのちにではなく、移りゆく空の景色に、涙がこぼれる。

広い広い草原に、ひとりポツンと立っている。やがて日は完全に暮れ、漆黒の闇が私を包む。

時計をしてないのに、ハッキリ分かる。
あ、日が変わった…

昨日は、核ミサイルが発射される。地球最期の日。そのはずだった。

なにが起きたのだろう。
いや、起きなかったのだろう。

普段とは違う一日を過ごした。
普段とは違う一日を経て、また元の日常に戻る。

「今までありがとう。出会えてよかった」
そのことばは偽りのない本心。しかし、濁ったこころに、ことばが染まっていく。
ねたみ・そねみ・腹立ちのこころは、消えてはいない。

「移りゆく空の景色に、涙がこぼれる」
その涙は、人知が混じらない、自然の涙。しかし、時の流れに、涙の流れは打ち消されていく。なにも残らない、時に流されているだけの日常に埋没していく。


   


ぼんやりと目が覚める。
いつのまにか寝てしまった。
いや、はじめから夢だった。
まるで、現実に経験したかのように、心身ともに疲れている。

死ぬということはハッキリしている。しかし、「その時」は分からない。
本当に生きるとは、このような心身の疲れを抱えて生きることなのだろう。
しかし、それでは辛くて生きられないから、こころを濁し、日常という時に埋没する術(すべ)を身につけたのかもしれない。
それが良いのか悪いのかは分からない。
しかし、今現在の私の人生の背景には、疲れてしかるべき現実が内在している。

« 御遠忌は、私の姿 | トップページ | 2009年8月のことば »

コメント

はじめまして。
『こころのはな』の記事をいくつか読まさせて頂きました。

私事ですが今現在とても辛い状況におかれており、何か心の平安に繋がるヒントがないものかと色々とHPを探しておりましたところ、偶然こちらのブログにたどり着きました。

読んだ記事のどれも心に染み入り、そして気づかされる言葉がたくさんありました。
読んでいくうちに今抱えている悩みは大した事ではないのかも?心の持ちようで解決するのでは?と思い始めた自分がいます。
(実際はそう簡単にはいかないと思いますが…)
普段、何の悩みもなくのほほんと暮らしている時にはこれ程までに心動かされなかったかもしれません。
辛いからこそ解る事もあるのかなと思いました。

たくさん記事があるので一度には読み切れません。
これから少しずつ読んで勉強させて頂きたいと思います。

素敵なブログに出会えたことに感謝です。
ありがとうございます(^人^)

☆なむさんへ
はじめまして。コメントをお書きいただきまして、ありがとうございます。ようこそ いらっしゃいました。
辛く悲しい出来事って、やっぱり、辛く悲しいです(当たり前ですが)。なくなってほしい、解決してほしいものです。
でも、なかなかなくならないし、解決しないということも、当たり前のこと。
私は、辛く悲しい出来事があっても生きていける道があることを、親鸞聖人から教わっています。
辛く悲しい出来事を無くしてくれる教えでもない。気休めを言って慰めてくれる教えでもない。
現実を見つめなさいという、ある意味厳しい教え。でも、現実を見つめるところにしか私が生きる道はないわけで、だからこそ、その道を歩むために、なにか正体は分からないけど、力強いはたらかがある。
そういう、自身が感じていることを書かせていただいています。
なむさんのこころの悩みを解決することはできません。でも、「あぁ、そういう考え方もあるかなぁ」って思えるお手伝いは出来るかな。
最近更新のペースが落ちていますが、また当ブログに遊びに来てください。お待ちしています。

かつさんへ
お返事ありがとうございます(_ _)
コメントにお返事がきていて嬉しかったです。

辛い事にいつまでも目を背けても解決にはなりませんね。
しっかりと現実を受け止め仏様の智慧によってよりよい人生を歩んで行けたら素敵だと思いました。

“苦のもと”というトピックスを読まさせて頂きました。
今ある現実が辛いのではなく、その現実を辛いと思う自分が辛いのですね。
まさに考え方ですね!

なるほどと思いそのような物の捉らえ方をしようと思うのですが、いざ嫌な場面に直面するとネガティブな感情が先行してしまいなかなか上手くいきません。
一朝一夕に出来るようにはなりませんね

これからも元気になる言葉を読めるのを楽しみにしております。
また遊びに行かせて頂きますね(o^v^o)

☆なむさんへ
このようなブログを書いている私も、悩み惑いにフラフラしています^_^;
でも、そのフラフラを無くすことが大事なのではなく、フラフラなままに生きていくのが人生だといただいています。
いや、生きていける はたらきが、すべての生きとし生けるものに届いているのだと思います。

人と人とが不思議な縁で出会うのも、そのはたらきの表われだと思います。

初めまして、こんばんわ。

何となく懐かしさを求め、いろんなお寺のページを見ていたら、父がそちらのお寺の名前を教えてくれました。試しにネットで調べてみるかと、みてみたらこのブログに辿り着いた訳です。

最近、色々と考えることが多く精神的にちょっと辛いな~と思っていたのですが、このブログで優しい文章や沢山のことばに触れて、溜め息ではなく深呼吸ができるようになりました。

私の父も兄も僧侶で、物心ついた時には家族皆と(意味も解からず)南無阿弥陀仏と唱えていました。しかし、うちは伯父が住職なので私はどこかで一線を引いていたというか、兄に押し付けたことになりますね。今では、お寺とは全くかけ離れた仕事をしています。親元を離れ、必死に仕事に打ち込み十数年が経ち、ふと気付くと30歳をとっくに越えていました。

お寺のことは関係ないと思って生きてきましたが、不思議と子供の頃に身に付いたお経は頭の中に残っていて、そういえば幼稚園の頃“わたくしたちは みほとけのこどもになります”って胸を張って言ってたっけ?と、懐かしく思い出しました。そして、なんだかんだ言っても合掌すると落ち着く自分も受け入れて、これからはふと足を止めてこちらのブログでいろんなことを知り、考えていきたいなと思います。

長くなりましたが、最後にもう一つ。(日付が変わったので)64年前の9日後、私の生まれ育った街に原子爆弾が投下されました。その時亡くなられた方たちはきっと、明日を夢見て生きていたのだと思いますし、被爆しながらも無事に助かった方たちはこの時、地球最期の日と思ったかもしれませんね。私は、今この時々を大切に生きていこうと思います。

このブログに出逢えたことに感謝して・・・
                  合掌 

☆みどりんさんへ
はじめまして コメントをありがとうございます。
深呼吸できること、とても大事なことだと思います。一歩立ち止まる勇気、それが今の世は、なかなか難しいのです。深呼吸して、一歩立ち止まれば、いろいろなものが見えてくるのに。
 
お寺のご出身でしたか。小さい頃に身につけたお経や習慣は、私が捨てようとしても、ずっと身についていてくれるものです。お寺に生まれたということは、おしえに触れる特等席に招待されたようなもの。どのような人生を歩むかは、人それぞれですが、ちゃんと、立ち返る場所がある。

立ち止まることができて、
立ち返る場所がある。
これ以上幸せなことはないのかもしれません。
 
長崎のご出身でしたか。
私の母も長崎の出身です(在家ですが)。
そのため、幼いころから長崎には出かけ、原爆資料館や浦上天主堂、平和公園や原爆落下中心地などに行きました。幼いながらに、いろいろなことを感じたようで、このブログでも、たまに長崎にこと、戦争のことを書いています。
いただいたご縁というものは、考える力を、歩かせる力を、伝える力をくれているように感じます。今、自分ができることを尽くす。
そんなことを考えながら、生きております(行動が伴っているかどうかは、怪しいものですが)。
 
お父様は、うちの寺のことや母のことをご存知の方なのでしょうか? どうぞよろしくお伝えくださいませ。
これからもブログへお越しください。お待ちしております(更新が滞っていますが)。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 御遠忌は、私の姿 | トップページ | 2009年8月のことば »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ