« 道標 | トップページ | 2009年7月のことば »

2009年6月18日 (木)

仕合わせ

前回の文章で、最後に
 
幸せだから感謝するのではない。感謝しているからこその幸せ。
 
と書いた。好きなことばです。
でも、〆に書いておきながら、「これでいいのかな」と、釈然としませんでした。
ことば自体は好きだし、大切なことを表わしているのだけれど、私の拙文によって、ことばが死んでしまっているように感じていました。
 
「幸せ」って、なんでしょう。
私たちが求める「幸せ」って、どうしても、自分に都合がいいことの枠を出ないような気がします。
自分や、自分に身近な人々さえよければいい。他の人はどうでもいい。というような。
そのような「幸せ」を求めていて、「幸せ」も「感謝」もないような気がします。
 
幸せを求めて、不幸になっている今の世の中。
なぜでしょうか。
「幸せ」を求める内容が「自分さえよければいい」の結果、生み出されたものは「不幸」。
そのことに気付かず、まだ「幸せ」を求めている。
 
「人間は幸せを求めて生きているものじゃないんですか!?」と、言う人もいるけれど、
幸せを求めるのはいいけれど、結局幸せを求めて不幸を導いているのは、誰でもない、私自身。
以前、「幸福を求める者は 必ず不幸になる」ということばを掲示したら、「どうしてですか?」って、たくさん尋ねられたことを思い出しました。
 
「幸せ」の語源は「仕合わせ」というのを聞いたことがある。
「仕合わせ」…「仕える人に出会えること」
この人の元で働こうって、心底喜んで仕えることができる人との出会い。それが「幸せ」ということ。
仕事に限らなくてもいいと思う。人間関係すべてにおいて、「この人に出会えてよかった」と思うことができたら、それが幸せな人生なのだろう。
忘れてはいけないことは、「出会えてよかった」と思える人とだって、確執は起こるし、「好きなんだけど、ここだけは許せない」ということは多々ある。
つまり、まったく不快な思いをすることの出会いが「幸せ」なのではない。
人と人とが出会えば、いろいろあるもの。でも、それでも「この人に会えてよかった。この人との出会いが、人生のすべてだ」と、言えることがあれば、それが幸せ。
そういう出会いがあったとしても、人間関係のゴチャゴチャがなくなるわけでも、苦悩がなくなるわけではない。つまり、私が求める意味での「幸せ」ではないけれど、「仕合わせ」ということは起こりうる。「仕合わせ」が「幸せ」に導く。
 
幸せだから感謝するのではない。感謝しているからこその幸せ。
釈然としない思いをかみ締めながら、「仕合わせ」について、つまり「人との出会い」について考えていました。 

« 道標 | トップページ | 2009年7月のことば »

コメント

正直に申し上げて、小生には何が幸せで、何が不幸せか、区別することができません。
現在も骨折の療養中ですが、病院で親切に手当てしていただき、手当ての意味、つまり人の手の温かさを改めて感じることができました。また、通学途中の電車の中で席を譲っていただいたり、多くの方々に助けていただきました。骨折していなければ、おそらくこうした有難みを感じることは無かったです。ですから、小生には、幸せと不幸せの区別することはできません。また、そうすることもないと考えます。
自分の周りの出来事を「ただそのように在る」とだけ受け取るしかできないと考えます。

色々とお手数をお掛け致しており、ありがとうございます。

たしか「涅槃経」だったと思いますが、妹である美人の福の神と、姉である醜い災難の神は決して片方だけやって来ることは無いことが説かれていたような・・・・・

人間関係すべてにおいて、「この人に出会えてよかった」と思うことができたら
>自然に、どんなに忘れられない記憶の顔って、笑顔しか出てきませんか?(^^
そこに思わずいろんな縁に恵まれた事に気づく
感謝は 身を言で寸ずるものから広がっていく。
感謝に限りなしの中に、無数の有難い縁があるように思います。


☆がくさんへ
「ただそのように在る」
人生とは本来、それだけのこと。
いろいろと考えすぎるのかもしれません。

☆やすさんへ
「涅槃経」のお話、その話は初耳でした。
設定がすごいですね。
なんか、生々しい…。

☆叡智感謝さんへ
「感謝に限りなしの中に、無数の有難い縁があるように思います」
感謝の人生、幸せばかりですね。
 
給食の時間、手を合わせて「いただきます」をさせるのは、宗教儀式の強要だと言って、学校にクレームをつけた親がいるそうです。
「感謝」の機会を奪う行為…お子さんがかわいそうです。

昨日はご案内・申し込みをいただきましたお陰様をもちまして、求道会館でのM先生の法話を聞くことが出来ました。ありがとうございました。数年前までの毎月の聞法会での先生のお話と比べると、今回は本質に次々と切り込まれるお話だったと感じました。先生ご自身が変わられたのか、聞き手の違いを想定してのことか、以前は私が聞けていなかったのか? たぶん三番目でしょう。

☆やすさんへ
こちらこそ、ご参加くださいまして、ありがとうございます。
聞こえ方も変わってくる…生涯を尽くして聞法し続けることの有り難さを思わずにはいられません。だから聞法はやめられない
諸行無常とは、自身の想いの変化も含まれるのでしょうね。
南無阿弥陀仏。 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 道標 | トップページ | 2009年7月のことば »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ