« 永代経法要 おみがきの会 | トップページ | 2009年5月のことば »

2009年4月24日 (金)

怒り、そして冷静に…

SMAPの草なぎさんが公然わいせつ容疑で逮捕され、鳩山邦夫総務相が「怒りを覚える」と発言しました。
地上デジタル放送普及促進のメーンキャラクターから降板させることに言及し、突き放す発言も。
立場上怒る気持ちも分かるけれど、突き放してしまうのではなく、だからこそ守る姿勢を見せて欲しかった。
「地デジ普及促進のキャラクターからは降りてもらう。だが、彼のこれからを、見守り続ける」って。
総務相をされる前は法相をされていたのだから。
 
草なぎさん逮捕の報が流れた23日、鳩山総務相の発言を聞き、そんなことを思っていました。
鳩山総務相は、「怒りを覚える」発言の際、草なぎさんを「最低の人間」発言もしました。
 
で、24日、「最低の人間」発言に対する批判を受け、釈明しました。
その釈明の中で、「人間は人間を評価できるものではありません」と言われています。
 
そのことばを聞いたとき、驚きと悲しみを感じました。
その通り、「人間は人間を評価できるものではありません」。私もそのように感じます。
それ故私は、「人間は人間を裁くことができるものではありません」とも思っています。
 
法治国家で生活する以上、人が人を裁くことは避けられないし、そのことによって安心した生活が送れるのでしょう。でも、一応の決まりごとの中で人が人を裁くわけで、本質として、人は人を評価できるものでも、裁くことができるものでもないと思っています。
 
ひとつの出来事に対し、人の数だけ想いがあります。そのひとつひとつを、良いの悪いの評価できるものではありません。
しかし、法相を務められたような方が、自身の発言の釈明で、「人間は人間を評価できるものではありません」と言われたことに対し、その想いを持ちながら法相の務めを果たされていましたか? と、問いたいです。
 
信頼していた人間の裏切りに怒りを覚えるのは当然かもしれないけれど、批判を受けた発言の釈明で、実は、より人を裏切ってしまってることに気づかれたでしょうか(そんなことを思うのは私だけなのかもしれないけれど)。
 
それと…
鳩山総務相の発言に驚きと悲しみを感じたので、書かずにおれない気持ちにまりました。
でも、たしかに、信じていれば信じているほど、裏切られたときの落胆や怒りは大きいものです。
そんなときに、落胆や怒りにまかせて、今まで信じていた人間に愛想を尽かすのであれば、それは、最初から信じていたとは言えないのです。
「今までファンだったけど…(失望した)」というのは、ファンとは言えないでしょう。「今まではファンだったから、これからも応援します」というのが、本当のファンのような気がします。
信頼を得るのは時間がかかりますが、やっとのことで手にした信頼を失うのは、あっという間ですね。恐いです。

« 永代経法要 おみがきの会 | トップページ | 2009年5月のことば »

コメント

信頼を得るのに時間もかからず、信頼を失うこともない。

弥陀の本願でしょうね。

☆やすさんへ
コメントに気づかず、お返事が遅くなってしまいました。すみません。
昨日は永代経法要にご参詣いただきまして、ありがとうございます。
弥陀の本願に導かれ、法に生き抜く。弥陀からの信頼を、私たち一人ひとりが受けているのですね。南無阿弥陀仏。
 
ボーズバーのお話、またゆっくり聞かせてくださいませ。

昨日は永代経法要に参詣させていただき、ありがとうございました。先生のお話を聞かせていただき、またかつさんが御紹介された昔のご住職様の言葉や先月に「東本願寺至宝展」を見に行ったこと等とも合わせて、ご本山に疎遠な私にもだんだんご本山というものが感じられつつあります。

☆やすさんへ
ご本山にまだ行ったことがなくても、そこに流れる法脈を感じる。不思議なご縁です。
いつか一緒に、ご本山にお参り致しましょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 永代経法要 おみがきの会 | トップページ | 2009年5月のことば »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ