« 2009年4月のことば | トップページ | 烏山仏教会 花まつり2009 »

2009年4月 2日 (木)

変身

4月2日、シラヤマカツヒサがなにか気がかりな夢から目をさますと、自分が寝床の中で38歳のおっさんに成っているのを発見した。
「これはいったいどうしたことだ」と私は思った。夢ではない。
  

カフカの『変身』風に書き出してみました。いつの間にか38歳を迎えました。
いつの間にか、というのも無責任ですね。それなりに、時を、経験を、修羅場を重ねてきたのですから。
19歳から20歳になるときは、“成人”ということで、「もっとシッカリしなくては」とか、「これからどのように生きていくべきか」などということを考えたりもしたのですが、それ以後、誕生日を迎えても、とくになにも考えてないですね。
今年も、とくになにも考えることなく、いつもの日常を過ごそうとしていました…
 
昨日から、長崎に住む妹が、娘(2歳)を連れて遊びに来てくれています。昨晩は、緊張して私が声をかけても、お母さんに抱きついていたのですが、今日は少し慣れたのか、手をつないで話しかけてくれます。2歳児って、こんなに話せたっけ?っていうぐらい、いろいろなことを話しています。会話が楽しいです。
また、私のそばには2ヵ月になる娘がいてくれます。泣いたり、笑ったり、グズッたり、寝たり、ほほ笑んだり、アーウーしゃべったり、いろいろな顔を見せてくれます。
 
なんでしょう…なんだかホッとします。
うまく表現できませんが、小さな人たちから、元気をもらっています。
こんなに小さな体から、大きな力をもらえることって、確かにあるなぁって感じています。
新たな感動をプレゼントしてもらいました。ありがとう
 
 
♪みほとけは♪
  みほとけは
  まなこをとじて み名よべば
  さやかにいます わがまえに
  さやかにいます わがまえに
 
娘は美穂(みほ)、姪は沙也花(さやか)と言います。
♪みほとけは♪の歌の中に、ふたりの名前が入っていることに、今日気づきました。
南無阿弥陀仏

« 2009年4月のことば | トップページ | 烏山仏教会 花まつり2009 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2009年4月のことば | トップページ | 烏山仏教会 花まつり2009 »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ