« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

2009年3月28日 (土)

至宝

昨日、日本橋高島屋に行き、「東本願寺の至宝展」を見に行ってきました。
あまり人(お客さん)がいないんじゃないかなと思っていたのですが、会場に入ってみると、たくさんの人がいらっしゃいました。
すごい人気ですた。門徒さんたちなのかな? 親鸞聖人の御遠忌が近いことを知っていて、足を運ばれたのかな?…などなど、ろくに至宝を見ずに、そんなことを考えていました。
 
多くの“至宝”がありました。
個人的には、いわゆる美術的作品よりも(それもすばらしかったのですが)、本山焼失のたびに再建の様子を記録したものに感動しました。
本山は4度大火に遭っているのですが、その度に、驚異的なスピードで再建が成されます。ご門徒の、本山を慕う気持ちの表われです。その慕いが、今のご本山の形として表われています。
 
「本堂や伽藍は、必要ない」とか、「お金をかけてまで作る(再建)する必要があるのか」などという声も聞きますが、そこにあるものから、何かが伝わってくるということがあります。京都の本山に行くと、大きなはたらきのようなものを感じます。
必要が有るか無いか、意味が有るか無いか、など、先にそういうことを前提にすると、なにも出来ません。なにも感じません。
ことばで表わすのは難しいけれど、人々が大切にしてきたものの中には、代々の人々の想いがつまっています。その歴史・伝統・文化こそ、至宝なのだと感じました。
 
御遠忌テーマ
「今、いのちがあなたを生きている」
おしえに出会った人々の想いが、今、私にも通じている。そういう意味もあるんだなと、感じました。
 
時間が無くて、ゆっくり見られませんでしたが、時間を作って見に行ってよかったです。
お時間のある方、ぜひご覧いただきたく思います。東京日本橋高島屋での展示は3月30日までですが。

2009年3月 1日 (日)

2009年3月のことば

Rimg0201
井戸のポンプでも、
動かしていれば、そのうち水が出てくる。
面白くなくても、
にっこり笑っていると、だんだんうれしい感情がわいてくる。
          樹木 希林

 
水のあるところに、人は集まる。人が集まれば、会話が生まれ、集団生活が営まれる。
人が集れば、賑やかで楽しい。お互い助け合う。反面、面倒臭いことも起こるし、顔を合わせたくないということもある。
「話せば分かる」とか、「人と人とのつながりを大切に」などと言われますが、「話しても分からない」「話せば話すほどこじれる」のが人と人。つながりを持つことは大変なのです。
      
さて、今月は樹木希林さんのことばを掲示させていただきました。産経新聞のインタビュー記事より引用させていただきました。
樹木希林さんは、ご主人の内田裕也さんとの行き違いから、長年別居されていました。しかし、年をとり、網膜はく離と乳がんを患い、内田裕也さんと真正面から向き合おうと決意されたそうです。仲介者に食事の席を用意してもらい、立ち会ってもらって、ご主人に今まで放っておいたことを謝ろうとされたそうです。話の核心に触れたがらないご主人に、「お願いだから謝らせてよ」と、怒鳴ったそうです。仲介された方に、「けんか腰で謝る人を初めて見た」と言われたそうです。
それからは会う機会も増え、一緒に旅行にも行くようになったそうです。
そのような関係になれたのも、お互いが病気を患い、死を見据えたからだそうです。このまま相手を恨みながら死にたくない。会うたびに、これが最後かもしれないと思いながら、二人の時間を大切にされているそうです。
そうは言っても、嫌な話になることもあります。そういうときは、顔だけは笑うようにしているとのこと。
「嫌な話になったとしても、顔だけは笑うようにしているのよ。井戸のポンプでも、動かしていれば、そのうち水が出てくるでしょう。同じように、面白くなくても、にっこり笑っていると、だんだんうれしい感情がわいてくる」(樹木希林さん)
 
樹木希林さんの義理の息子さんの本木雅弘さん主演の映画「おくりびと」が、米アカデミー賞外国語映画賞を受賞しました。おめでとうございます。
「おくりびと」は、納棺師を描いた映画です。あまり表に出てきませんが、青木新門さんという、納棺夫をされていた方が書かれた『納棺夫日記』が元となっています。
10数年前に、『納棺夫日記』を読まれた本木さんが、その映画化を夢見たそうです。映画が評価され、死と向き合うことの意味を考えるきっかけとなり、納棺師という仕事を知ってもらえるようになりました。
賞を取るということは、そこで描かれていることが評価されたということでもありますが、今まで軽んじてきたことを指摘されたという面もあると思います。死と向き合うことや、人間の持つ差別意識など。
映画によって、納棺師という仕事があることは知ってもらえるようになりましたが、現実は軽蔑される仕事でした。
アカデミー賞受賞により、マスコミは「おくりびと」を取り上げることでしょう。そこで私たちは、「賞を取ったからスゴイ」という見方ではなく、今まで避けていたことへ目を向けるきっかけをもらったのだと思いたいものです。
青木さんは、納棺夫という仕事に就かれたことを、家族に言えませんでした。しかし、家族親族に仕事の内容が知れるようになり、叔父からは「今の仕事を辞めないのならば絶交だ」と言われ、奥さんからは「穢らわしい」と拒否されます。
青木さん自身、すぐに辞めるつもりでいましたが、納棺夫を認めてくれる人の存在に気付き、それ以来、真摯な態度で納棺することに努められました。
そんなある日、叔父が癌で入院しているという連絡が入ります。向こうから絶交を宣言してきたのだからと、見舞いには行かずにいました。ところが、母親から「会いに行ってあげて」と頼まれ、危篤状態なら説教もされないかと思い、お見舞いに出かけます。
お見舞いに来た青木さんに、叔父さんは手を伸ばし、涙を流しながら、言葉にならない声で「ありがとう」を繰り返したそうです。
翌朝、叔父さんは亡くなられました。最期に面会することが出来て、青木さんの心からは憎しみが消え、恥ずかしさだけがこみあげたそうです。
 
井戸のポンプから出る水は、きれいなものばかりとはかぎりません。サビが混ざることもありますし、飲み水には適さないこともあります。それでも、水は、いのちに潤いを与えてくれます。
笑顔の背景には、悲しみがあるものです。悩みがすべてなくなって笑顔になれるかといったら、おそらく無表情になるのではないかと想像します。笑顔が素敵な人の背景には、自身の苦しみを通して、他者の苦しみに寄り添える強さや、今現につらい現実の中に身を置きながらも前向きに生きている美しさがあります。
きれいな水を出すことや、何も背負わない笑顔になることが人生の目的ではありません。
つらい現実、悲しい出来事のおかげで、初めて人と向き合えるようになるということがあります。逆にいうと、そういうことでもなければ、人と向き合えない、悲しい存在なのです。しかし、だから暗いかといったら、そうではありません。そこからだんだんと、うれしい感情がわいてくるのですから。
     
  
 
Rimg0162
西蓮寺門前の掲示板に、月替わりで人形を飾っています。
3月の人形は、二匹の犬の人形です。可愛いでしょ。昨秋、箱根に行ったときにホテルの売店で売っていて、一目惚れして、買ってきました。

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ