« 手紙には、書いた人の愛情だけでなく、届けてくれる人の努力も含まれているんだなぁ | トップページ | 迷い 惑い 人と成る »

2009年1月10日 (土)

夢のままの夢 現実という名の夢

ひとりで見る夢は夢でしかない
しかし誰かと見る夢は現実です

              オノ・ヨーコ
  
昨日、年賀状の話を書いたので、今日もちょっと続きを。
西蓮寺からご門徒に出している年賀状には、毎年“ことば”をメインに書いています。今年は、上記のオノ・ヨーコさんのことばを書かせていただきました。
 
ひとりで見る夢は夢でしかない
しかし誰かと見る夢は現実です
 
 
「夢を叶える」というけれど、自分の場合、「自分ひとりの力で」という意識が強くはたらいていたような気がします。
たいした夢、ハッキリした夢を持っていたわけではないけれど、「自分ひとりの力で」と考えていると、ワクワクもしないし、きついし、継続性もない。いつの間にか忘れてしまうものになってしまいます。“夢”が。「そういえば、夢を持っていたときもあったなぁ…」なんて。
  
昨年の暮れ、オノ・ヨーコさんのことばに出遇って、「あぁ、夢って誰かと見るものなんだぁ!!」ってこころ動かされました。
どうもね、ひとりで夢見がち(なんでもひとりでやってしまいがち)なんです。私は。
  
誰かと見る夢は現実です
 
“夢”は、誰かと見るもの。そう思うだけで、嬉しくなってきます。
「誰か」…誰でもいいのです。恋人でも、家族でも、友人でも、職場の仲間でも、サークル仲間でも、共に夢を見られる誰かがいる。それだけで幸せです。
「誰か」…私に先立って亡くなられた人とだって、一緒に夢を見ることは可能だと思います。「あの人の分も」「あの人のために」「あの人がいてくれたから」夢を見ることが出来る。それだって、誰かと夢を見ていることになりますよね。
  
「現実です」って、夢が叶うことではないと思うのです。
共に夢を見られる誰かがいるという事実が、あやふやで、ハッキリしなくて、どのように歩んでいったらいいのか分からなかった私の蜃気楼のような人生を、ハッキリとした現実の人生にしてくれるのではないでしょうか。
 
もうひとつ、“夢”を歌った、私の好きな歌を紹介します。
  
  叶いもしない夢を見るのは
  もう止めにすることにしたんだから
  今度はこのさえない現実を
  夢みたいに塗り替えればいいさ
  そう思ってんだ
  変えていくんだ
  きっと出来るんだ

  そう何度でも 何度でも
  僕は生まれ変わって行ける
  そしていつか捨ててきた夢の続きを 
  暗闇から僕を呼ぶ
  明日の声に耳を澄ませる
  今も心に虹があるんだ
  何度でも 何度でも
  僕は生まれ変わって行ける
  そうだ まだやりかけの未来がある

            Mr.Children 蘇生
   
ボコボコに打ちのめされて、生きることがつらかった頃、この歌に励まされた。
本当に、「このさえない現実を夢みたいに塗り替え」ようとしてた。でも、“ひとり”で。
そうか、“ひとり”で塗り替えようとしてたから、かえってきつかったんだな。
「好きな歌を紹介します」なんて言ったけど、いつの間にか、この歌のことを忘れていました。
だけど、今年に入って、車を運転中に、ふと昔聞いてたCDを聞こうと思ったのです。それで、適当に取り出したCDが、この歌が収録されている Mr.Children のアルバムでした。
  
「あぁ、この歌好きだったなぁ。忘れてた。(オノ・ヨーコさんのことばが頭に残ってますから、)俺は“夢”をひとりで見てたなぁ。だから、「塗り替えよう」とすることが余計につらかったんだ。“夢”って、誰かとみるものなんだなぁ。“夢”って、叶えることが大事なんじゃなくて、誰かと見ることが大事なんだなぁ」
なんてことを思いながら、車を運転していました。
う~ん、年賀状の話からしょっぱい話になってしまいました。 

« 手紙には、書いた人の愛情だけでなく、届けてくれる人の努力も含まれているんだなぁ | トップページ | 迷い 惑い 人と成る »

コメント

これまで父親のお仕着せの人生を歩んでまいりましたが、夢を一緒に見てくれる家内に出会いました。私の見る夢を一緒に見てくれており、全面的に応援してくれております。ここまで来るのに、遠回りで長い道のりでした。遅くなってしまいましたが、ようやくこれから自分の人生が始まる気がします。夢は、もしすぐに叶わなくても、それをわかってくれる人がいれば、必ずそれに近づいているし、いつかきっと叶うと信じます。

☆がくさんへ
お仕着せのように感じる人生も、教えに出遇わせるためのご縁。
私が寺の子として生まれたのも、「そうでもしないと、お前は仏教に出遇わんだろう」という弥陀からのもよおし。
この限りある人生の中で、教えに触れることができました。遠回りなんかじゃないです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 手紙には、書いた人の愛情だけでなく、届けてくれる人の努力も含まれているんだなぁ | トップページ | 迷い 惑い 人と成る »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ