« そしていや応なく死が訪れるわけで… | トップページ | 憎いんだけど…ありがとう »

2008年10月15日 (水)

落ち葉だって、いらないものではない

落ち葉の掃き掃除 
掃いても掃いても、散る葉 散る葉 
自然界においては掃く必要はないけれど、
アスファルトで覆われた環境においては掃き集めなければならない悲哀。
でも、散りゆく葉を、掃き続けるところに、葉(植物)と人間の感応がある。
 
落ち葉が鬱陶しいからと言って、木を切ってしまったらどうなることだろう。
二酸化炭素は吸収されず、
大地にしみこんだ雨の行方もなくなってしまう。
 
いらないものを なくしたら どんなに住みよいかと思っていたら、
想像もつかないような出来事が押し寄せてくる。

掃除をしながら、そのようなことを想い、過去の記事(どくさいスイッチ)と安田先生のことばを思い出していました。

私たちはもっともっと悩まねばなりません
人類のさまざまな問題が私たちに圧しかかってきているのです
安っぽい喜びと安心にひたるような信仰に逃避していることは出来ません
むしろそういう安っぽい信仰を打ち破っていくのが浄土真宗です

安田 理深

« そしていや応なく死が訪れるわけで… | トップページ | 憎いんだけど…ありがとう »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« そしていや応なく死が訪れるわけで… | トップページ | 憎いんだけど…ありがとう »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ