« 生活の中の仏教 | トップページ | 2008年10月のことば »

2008年9月23日 (火)

お墓参りについて

お墓参りの仕方について、よく質問を受けます。
「ついで参りはいけないんですよね」
「お墓に水をかけてはいけないんですよね。タワシで擦ってはいけないんですよね」
「お墓の花立てには、両方に同じ花を挿さなければいけないんですよね」
「お花は、お墓の方に向けて挿すんですよね」
 
いろいろな質問があるもんだなぁと、いつも感心してしまいます。
質問・問い合わせはたいてい、「お墓参りはこうしなければいけない」というテレビでの放送がきっかけです。
お墓参りの仕方を特に教わってきたわけではないから、テレビに出演している著名人から「このようにしなければいけません」と言われると、不安になるのでしょう。
 
お墓参りの作法について、特に決まりはありません。
「ついで参り」…けっこうなことではないですか。せっかくお寺まで来ているのに、お参りのメインのお墓ではないからといって、手を合わせずに帰るなんて、こんなに失礼なことはありません。私中心だと「ついで」でも、仏さまから見れば、お参りしているあなたは、ついででも何でもありません。
 
「お墓の掃除」…ブラシや雑巾を用意してあります。こころを込めてゴシゴシ洗ってください。水をかけてはいけないと言う人もいますが、西蓮寺の墓地には屋根がありません。雨が降ったら水をかぶりますが、お墓に傘を差しに来た人を見たことはありません。
 
「お墓のお花」…お釈迦さま在世の頃、お釈迦さまがお通りになる道に、花ビラをまきました。お釈迦さまに対する敬いの気持ちを表わしてのことです。その名残で、本堂・お内仏・お墓に、お花をお供えするようになったのでしょう。
お釈迦さまは、教え導いてくれる方です。亡き人も、私を仏教へと導いてくださった方です。お花をお供えするということは、仏教に出遇えたことへの感謝だと思うのです。ということは、対になっている花立てに同じ花を挿さなければいけないとか、花を挿す向きだとか、花の値段や量を気にすることもないのです。
 
お墓参りは、お参りされるお気持ちと、手を合わせ「南無阿弥陀仏」とお念仏申すご縁をいただいた、そのことが尊いのです。墓前だけでなく、お寺への出入りの際、本堂前での合掌を心がけてください。
お墓参りはご自分がしていることのようにお思いでしょう。しかし、亡き人のおかげで、お念仏申すご縁を、私がいただいているのです。亡き人の、阿弥陀仏の慈悲に包まれて、今の私のいのちがあるんだなぁということを、日常の喧騒を離れて見つめる場と時間をいただいているのです。
 
さて、お墓参りの作法について書きましたが、不思議に思うことがあります。テレビでお墓参りの作法について説明していて、それが気になるのは、「間違った作法ではバチが当たるのではないか」とか「正しい作法でないと、自分に災いが来るのではないか」という想いがあるからではありませんか?
お尋ねの中心には、自分のことしか考えていない姿が見えます。それが証拠に、自分がお参りするお墓には気を遣っても、その他のことに無頓着だと思うのです。
 
お墓にお供物を置いていかれる方がいます。亡き人に対する想いからでしょうが、そのお供物をカラスが食べ散らかし、そのお墓だけでなく、周りのお墓をも汚していることをご存知ですか? お供物はお待ち帰りください。
 
手桶や掃除道具を壊しても黙って帰る人がいます。物が壊れるのは当然のことです。壊れたときに寺に言ってくだされば、すぐに修理・交換ができます。
 
手桶に水が残ったまま手桶置き場に戻していく人がいます。次の人は、水が入っているとは思わずに手桶を取りますから、水をかぶってしまうことがあります。残った水を、よそのお墓の、お花が挿さった花立てに入れてくださる方がいます。その姿がとても美しいです。境内の植木にかけていってもいいのですよ。
 
お寺はたくさんの方がお参りに来るところ。備品はみんなで使うもの。そういう意識を持ってほしいです。垂れ流しの情報を気にするよりも、もっと気にすること、目をむけることがあるのですから。
 
お墓参りは、なにも見えていなかったわたし自身を気付かせてくれるご縁。亡き人は、それを教えてくれる仏さま。
お墓参りの意味を、あらためて考えてみてください。
  
 
※お寺の新聞「ことば こころのはな」の裏面をアップしました。

« 生活の中の仏教 | トップページ | 2008年10月のことば »

コメント

 前々からの疑問なんですが、どうして日本人はここまで墓に固執するのでしょうか?そもそも亡くなった人の骨を残しておくなんて、私には人間のエゴの最たる例だと思えてならない。
 あれは佛教式の墓ではない!日本独特の御霊思想が形になって現れている。とんでもない執着だ。本来自然に移り変わるはずの遺骨を自然に帰すことなく、墓を造って納めてしまうのが、人の死を素直に受け入れきれていないことに誰も気付くことがない。
 墓参りをすれば、そこに亡くなった人がいるとでも思っているのだろうか?墓を造ったり、ついでに戒名・法名を付けてあげれば、成仏するとでも思っているのだろうか?むしろ真逆かもしれない。
 死ぬということは、大きな変化を遂げるということです。生きている間にも絶えず変化していますが、死は我々をさらに急激に変化させるものです。今まであった意識はポツリと消えて、今まで形を極端には崩すことが無かった肉体も短期間で散ってしまいます。これが死の真実です。
 なぜ墓参りがあまり好ましくないかというと、死者をこの世界に縛り付けてしまうかもしれないからです。墓などという死者の居場所を造るから、死者は遺族とこの世界の感覚として会える墓に住み着いてしまう。そして戒名・法名という死んだ後の自分を認めてもらえるような名前があるから、この世界に留まってしまう。
 本来、無常という普遍の真理に基づくのならば、死者はもっと自由のはずなのに(肉体の縛りがない分自由に変化できるから)、変わり続ける永遠の命(←の理由:変化が無くなるのは終末を意味するから)となれるのに。
 お釈迦様も親鸞聖人もそれぐらい十分に理解していた。だから、遺骨など残して欲しくなかったし、奉られることも望まなかった。
 私は当然墓に入るのは嫌なのだが、そうなってしまったら笑って受け入れるしかないな。私にとっての成仏とは、全てを快く受け入れられることなのだから。

☆真照さんへ
はじめまして。子どもと同じ名前なので、びっくりしました。本名でいらっしゃいますか?
 
お墓の在り方についての疑問、大切な問題提起をありがとうございます。
想いは人それぞれ。お墓はいらないという人(現代は多いのかもしれませんね)にとってはいらないでしょうし、必要だと思う人にとってはなくてはならないもの。
どちらにしても、それもまた執着なのです。
 
必要ないという方には寝耳に水と思われますが、お墓にはお墓の大事な意味があって、今に続いているのだと思います。
お墓の由来は仏塔(ストゥーパ)。お釈迦さまの、人生の師となる人の亡骸を納めました。それは、その人亡き後も、自身のよりどころとして、歩む道筋を示してくださるものという想いがあってのことです。
(お釈迦さまの、「法をよりどころとせよ」という教えに反すると言われてしまえばそれまでですが)
お釈迦さまも親鸞聖人も、自分の墓を建てるなと言われています(と伝わっています)。しかしそれは、墓を建ててそこでとどまってはいけない(偶像崇拝・特定の人間崇拝)ということなのかなとも感じています。
西蓮寺では、20年ほど前から、ご法事での法話で、「お墓参りではなくて、お寺(ご本尊)参りですよ」ということを言い続けてきました。今では、お墓にお参りに見える方の多くが、本堂前で手を合わせていらっしゃいます。その多くが、「南無阿弥陀仏」とお念仏をされていることでしょう。そうすると、お墓参りがただのお墓参りにとどまらず、ご信心たまわるご縁をいただくことに変わります。
それだけに、迷信に惑わされずにお墓(お寺)をお参りして欲しいなという思いで、「お墓参りについて」の文章を書きました。今思うと、このことを書けばよかったんですね。
私も、お墓の在り方についていろいろと考えたことがあります。教義と違うと言ってしまえば、それまでです。でも、お彼岸・お盆になれば、どんなに混んでいても、どんなに忙しくてもお参りにみえ、どんなに天気が悪くてもご命日だからとお参りにみえる方々の姿をみて暮らしていると、そこに人知を越えたはたらきを感じるのです。そこに阿弥陀さまがおわします。そういう想いを「10月のことば」で書きました。
 
死の事実について、真摯に向き合われていらっしゃいますね。それならば、お墓があることによって亡き人を縛り付けてしまうというご心配は無用です。亡き人は、縛り付けられる存在ではありません。縛られているのは、生きているわたしなのですから。
 
それから埋葬方法についてですが、東京では骨壷に入れたままお墓に入れることが主流ですが、墓内が骨壷でいっぱいになった場合は、骨壷から出して土に返しています(お墓の下は、土になっています)。
多くの地域では、はじめから骨壷から出して土に返します(私も個人的にはそうしたほうがいいなぁとは思っています。そうすればお骨泥棒も現れないでしょうし)。
また、現代でも土葬をしている地域もあります。一度だけ立ち会ったことがあるのですが、そのこと(土葬)を聞かされてなかったのでビックリしました。人間だって生き物ということを考えれば、土葬は自然だなと感じました。土地を必要とする点、火葬して骨にしてから土に返すよりも土葬のほうが自然に返るのに時間がかかる点、なにかの間違いで掘り返してしまったときのことなど、土葬の習慣がなくなった理由はたくさんあるのでしょうけれど。

  #かつさんへ#
 真照というのは本名ではありません。今はまだ意味を持つ私自身を表すためのキャラクター名です。(本名を元にしていますが)

 名前というのは本来、一人一人を区別するためのみにあります。だから記号でもかまわないはずです。でも、親なり師匠なり名づける人は、その人が名前の通りの人間になって欲しいことを願ってつけているはずです。
 それと同じです。自分に自分で戸籍名とは別の名前をつけることによって、自分自身を向上させる意味をもっています。(真照の場合、全ての命は真実に照らされていることを自覚するという意味がある。)

 とはいえ名前は記号で十分なはず、ところが意味の深い名前が自分にあると誇りを持ちます。誇りを持っているということはまだ自分は名前負けしているという証拠。そのため私は名前を記号と何ら変わらないと思えるまで努力します。
 だから、わざと意味の深い名前を自分につけることによって自分自身の成長を促しているのです。

 私はまだ真照を意識しているので、まだまだ次の名前をつけることができません。


 それと、こんなことを書いているときは、興奮しているので、指摘されたとおり執着はかなりあります。元々の心は汚れすぎていて、ありとあらゆる煩悩の元を最大限に高めたようなものだった。自分の思い通りにならなかったらすぐに怒っていた。その名残だと思います。
 まだまだ心に汚れが残っている。この文章もまだまだ汚れが現れる始末だ。
 普通こんなに長いコメントしないでしょ。私はたぶんどこか不完全だ。「見栄は張っていない」と言ったら嘘になるし、これも個性なんですがね。

 

☆真照さんへ
長いコメントいいではないですか。
自分を表現する場があることはいいことです。
 
誇も埃も、一生持ち続けるのもいいかと思います。

本日は聞法会に参加させていただき、ありがとうございました。「白骨のお文」が門徒ではない人にも共感するところがあるのは、最後の部分を除いて読めば、日本人の精神的伝統の一つである「無常美観」に訴えるものがあるように見えるからだと思っています。しかし蓮如上人の本意は、そのような美観・感傷に耽ることではないことは、本日聞かせていただいたとおりだと思います。むしろ「無常迅速」、だから今為すべきことは全ての人間に普遍的に初めから具わっている。人間はそれを具わって生まれてきていると教えられました。「三帰依文」の中の「人身受け難し・・・・・この身今生において度せずんば」と同じでしょうね。

連日コメントを書き込んで、失礼致します。

昨日の聞法会参加の感想を、何故にこの「お墓参りについて」の記事に書いたのか? それは、もしお暇があれば私の個人ホームページの下記URLのページの「17、」「18、」の二つの記事を読んでみてください。ここ数ヶ月、私は還相回向の教えがなかなか分からなくて悪戦苦闘していました。その中で試みに書いた記事が「17、」の長文の記事です。これを書いてもまだスッキリしませんでした。ところが昨日の聞法会に参加させていただいて還相回向の教えの一つの面が、なんとなくスッキリした感じがしたのです。その感想を書いたのが「18、」の記事です。まだまだ還相回向を分かったとは言えないでしょうが、少しばかりは頷くことが出来るようです。

ありがとうございました。


http://www5e.biglobe.ne.jp/~ym7m4ovz/bupouzuiso2.htm

☆やすさんへ
いつも聞法会・白骨へお出かけいただき、コメントもいただき、ありがとうございます。
HP拝見させていただきました。読む方も体力がいりますが、書かれた方は体力のみならず意志力・精神力・求道力が要ったことと感じます。
大谷派においても還相回向の定説がないとのご意見、なるほどそうだなぁと思い起こされました(定説がないのが大谷派のよさという面もありますが)。
還相回向について…
「真宗の生活」のおかげで、今年は「宿業」について考えるご縁をいただきました。このブログで、今における感得を書きたいのですが、ことばにするのがなかなか難しく、筆が進みません。
で、還相回向を考えるとき、「宿業」は外せないことだと感じています。そうすると、過去世だとか来世だとかいうことではなく、今まさに還相回向を受ける身だと感じています(これだけの文章では説明にもなりませんが)。
そう感じると、「今、いのちがあなたを生きている」という御遠忌テーマの深さに驚いています(やすさんからの問題提起のおかげです)。
それから、やはり還相回向と往相回向は一体だと思うのです。往相が先にあるからこそ、還相の望みがあるのではなく、還相感ずるのは往相があるからで、往相ある瞬間に還相は成り立つのだと思います。今月の掲示板のことばに「善い行いは/よい報いがくるというよりも/善い行いをするところに/報いられている」を選んだのは、往相還相一体の想いがあって、それが、今夏の「宿業」の学びと出遇って表出したのだと思います。
親鸞聖人は「宿業」を言っていないと言う人もいますが、そういう方が「還相回向」について語っているのも現実です。定説がないというよりも、土台が違うところで、様々な考え方が生まれているのかもしれませんね(土台が違うので、議論しようにも成り立たない)。

「還相回向の教学は難しいが、わが大谷派においてはその実質的宗教感覚はまだ継承されていると安堵を感じるのである」
実質的宗教感覚は、まだまだご門徒の間に満ちていると思っています。だから、「葬式仏教」と表現する人間には、そこからもう一歩踏み込んで欲しいという哀しみがある反面、宗教感覚を呼び覚ますことに尽力したいという喜びがあります。
弥陀の慈悲、親鸞聖人のおしえには、人を人として生かすはたらきがあるんだと、感じています。はたらきあるが故に、私は生きているんだと思っています。
 
長々と失礼しました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 生活の中の仏教 | トップページ | 2008年10月のことば »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ