« 足あと | トップページ | たくさんのことを学びました »

2008年8月 5日 (火)

継続は信なり

寺報を書き続けていると、「よく続きますね」と言われます。自分でもそう思います。
寺報を毎月お渡ししているご住職がいます。寺報を読んで、感想のハガキをくださいます。ありがたいことです。
あるとき、寺報を書き続けていることに対して、「継続は信ですね」というおことばを頂戴いたしました。
「継続は力なり」という言い方が一般的だと思うのですが、「継続は信なり」というおことばでした。
 
「力」は、身につくものです。
「信」は、信心のことかと思っています。だからといって、自分に信心があるという意味ではないと思います。
私はよく、「信じるとか、願うとか、誓うとか、愛するとか、任せるといったことは、人間にはできないことです。この私が、信じられているのです、願われているのです、誓われているのです、愛されているのです、任されているのです。阿弥陀から」と言います。
「信」も、私の信心ではなく、阿弥陀の信心(衆生を信じているおこころ)だと思っています。
 
「継続は信なり」…寺報に、寺報を作る過程に、寺報の文章を書くに至るこころの動きに、阿弥陀さまがおわします。
私は、そのようにいただきました。
 
「継続は信ですね」
大切なおことばをいただきました。文章を書くときは、いつも思い起こしています。


« 足あと | トップページ | たくさんのことを学びました »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 足あと | トップページ | たくさんのことを学びました »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ