« なぜ記念日にしか意識しないのでしょう | トップページ | わたしには、わたしという役割がアリます »

2008年8月17日 (日)

直視できなくて…

オリンピック 野球 日本は韓国に敗けてしまいました。昨晩はショックで寝られませんでした(って言っても、いつの間にか寝てましたが)。
 
当然日本を応援してますが、テレビの実況がちょっと悲しかったです。
9回裏 3点リードを許して迎えた日本最後の攻撃。韓国は抑えのピッチャーが出てきました。
そこでテレビの実況が、
「このピッチャーは、自分のペースで投げているときは手がつけられないほど早いボールを投げますが、ピンチになると力を発揮できない気の小さいところがあります」
「アメリカ戦でも登板していますが、打ち込まれています。弱気のところがあるので、日本にも付け入る隙はあります」

日本が1点を返し、ノーアウト2.3塁と攻めると、
「弱気の虫が出てきましたね」
 
このような感じで、ピッチャーが気が小さいということを連呼してました。まぁ、立場上、仕事上、日本が勝てそうな実況をしなければいけないのは分かりますが、聞いていて、そこまで言うことないじゃないかって感じました。
 
そのピッチャーは交代し、後続は討ち取られました。日本の負けです。負けたショックもありましたが、実況の後味の悪さが辛かったです。私も気が小さいので…(誰?笑ってるのは?)。
   
      
  
今、卓球の女子団体戦3位決定戦(日本vs韓国)を見ています。韓国が優勢ですが、セット毎は接戦です。見ていてドキドキしてしまいます。実際に戦っている選手たちはどんな精神状態なんでしょう。
水泳や陸上の、100分の1秒で優劣が決まる競技も、選手はどのような気持ちで結果を受け入れるのだろうって考えてしまいます。たぶん、普通の人では感覚できない時間の中を生きているんでしょうね。競技中は。

« なぜ記念日にしか意識しないのでしょう | トップページ | わたしには、わたしという役割がアリます »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« なぜ記念日にしか意識しないのでしょう | トップページ | わたしには、わたしという役割がアリます »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ