« 知らないということを、知っている | トップページ | ホウ・レン・ソウ »

2008年8月11日 (月)

笑顔が消えた理由

知らないこと、知らされていないことがたくさんあるということを前回書きました。
知らされていない…知っている人は、なぜ知らせないのだろうか。

(1)知ることによって、つらい想いをすることもある。つらい想いをさせたくないから、知らせずにいる。

(2)知らせる必要もないことだ。(知っている)私一人が対処すれば、頑張れば、背負えばいいことだから。

(3)知らせることによって、反論が出るかもしれない。反対されるかもしれない。そのようなことがあってはならない。だから知らせない。

知らせない理由はさまざま。
理由はさまざまだけど、知らせないことによって、悲しみが共有されることは有り得ない。
(1)(2)は、相手のことを想ってのことかもしれない。しかしそれは、「傲慢」の裏返しであり、「孤独」への序章かもしれない。
「どうして知らせてくれなかったんだ」
「なぜ相談してくれなかったんだ」
(知らせなかった)私が考えているいじょうに、私のことを想ってくれている人がいる。悲しみを共有することを厭わない人がいる。そんな大切な人がいるのに、無視していました、傲慢になってました、孤独になるための一歩を踏み出しているようなものでした。

(3)は、国家や大企業、大きい組織をイメージしてしまいました。都合が悪いことは知らせない。ギリギリまで隠しておく。どさくさ紛れに、気付かれないように報告する。
現代の生活の窮屈さ・環境破壊を押し進めるエコ・みんなのためといいながら内実が伴わない事業…。
「ここに人がいる」ということを、なぜ忘れてしまうのだろう。
つらい選択なら、やむにやまれない決断なら、本当に民衆のことを想っての決定なら、正直に話せばいいのに。
それを批判する人は、そんなにはいない。
(でも、組織が大きくなればなるほど、関わる人間が多ければ多いほど、難しいことだといいこともよく理解る。人間って、哀しい生き物だ)

 ☆ ☆ ☆

幸せって、不安が取り除かれて幸せになるのではない。
笑顔って、つらいことがないから出るのではない。
不安が、つらいことがあるからこそ、幸せを感じ、人を温かい気持ちにさせる笑顔がある。
幸せの背景には、どれだけの苦悩があることだろう。
笑顔の裏側には、どれほどの悲しみがあることだろう。

現代日本は、人々の顔から笑顔が消えていると言われる。
貧しい国に旅行した人は、「貧しい国に生きているのに、人々の顔は生き生きとしていました」という感想をもらす。
何が私たちから笑顔を奪っているのか。笑顔になれる楽しいことがないからではない。
国家や企業・組織からはなにも知らされず、家族や仲間・友人からはなにも相談されない。そこに、悲しみの共有は生まれない。
笑顔の根っこ、幸せの根っこがないのだ。
「自分さえよければいい」という幸せを求める。その欲求が、仮に満たされたとして、そこで満足できないのは、根無しの幸せだから。だから、欲求が満たされても、更に求める。欲求が満たされても、期待していたような満足ができない。欲求が満たされても、虚しい。

知らせない事実が、人の為という想いが、笑顔を奪う。

« 知らないということを、知っている | トップページ | ホウ・レン・ソウ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 知らないということを、知っている | トップページ | ホウ・レン・ソウ »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ