« アール・ブリュット展 | トップページ | これでいいのだ »

2008年8月 1日 (金)

2008年8月のことば

Dscf1976_2
 誠に知りぬ。
 悲しきかな、愚禿鸞(ぐとくらん)、
 愛欲の広海に沈没(し、
 名利の太山に迷惑して、
 定聚(じょうじゅ)の数に入ることを喜ばず、
 真証の証に近づくことを
 快(たの)しまざることを、
 恥ずべし、傷むべし、と。

      親鸞聖人
  
 
 まことに知りました。
 悲しいことに、この愚禿親鸞は、
 愛欲の広い海に沈み没し、
 名利心の大きな山に迷い惑って、
 阿弥陀仏の浄土に入ることが
 約束されていることを喜ばないし、
 真実のさとりに近づくことを
 快しいとも思わない。
 恥ずかしいことです
 傷ましいことです、と。
     (『教行信証』信巻より)

親鸞聖人は、自身を「愚禿鸞」と名告られます。
「愚」は、愚か者。「禿」は、道を求めるこころもないのに、生きるため、食べるために出家した、形だけの僧侶を意味します。
つまり、自身を、愚かで格好ばかりの坊主であると告白しているのです。それだけを聞くと、卑下や謙遜のように聞こえますが、「愚禿」と名告る背景には、自分を見つめる厳しい眼があります。
 
「愛欲の広海」…愛欲とは、性欲だけを指すのではなく、貪欲・瞋恚も含めた欲望です。
「あれが欲しい」「これが欲しい」貪りの果てに、欲しいものが手に入らなければ、思うとおりにならなければ、怒りにまかせる。「あいつが悪い」「こいつのせいだ」
貪りと怒りが満ち溢れている私のこころ。自分で作り出した欲望の広海に、自ら溺れています。
 
「迷惑の太山」…「迷」は道に迷うこと。「惑」は行き場がなくなり戸惑うこと。
こんにち「迷惑」というと、他者からかけられること、被ることを意味しますが、本来は違います。「迷惑」とは、自らの思いに迷い惑うこと。誰かがかけるものではないのです。自分で迷い・自分で惑うのです。
「名利の太山に迷惑して」とは、「名を馳せたい」「有名になりたい」「高い地位が欲しい」と、大きな山よりも大きな名利心で、私自身が人生に迷い、どこに行けばいいのか惑うているのです。 
   
悲しいことです。
愛欲の広い海に沈没して、
名利心の太山に迷い惑う親鸞です
    
親鸞聖人は、こんなにも悲しんでいることを、どうして堂々と告白できるのでしょうか。どうして自暴自棄にならないのでしょうか。
それは、阿弥陀如来に出遇われたからです。
今月のことばは、親鸞聖人の自己内省(自分を見つめて、省みる)のことばだと思っていました。
親鸞聖人は、亡くなる直前まで『教行信証』(『顕浄土真実教行証文類』)を書き直されていました。つまり、一生かけて伝えたいことを書き綴られた書物なのです。そこに著したのは、自己内省にとどまらず、自己内省を通して出遇われた阿弥陀如来のこと。それと、反省すべき自己ではなく、自己のあるがままの姿です。
阿弥陀如来の浄土に入ることが約束されても、喜ばない。真実のおしえに触れても快しめない。阿弥陀如来に出遇われたのに、なぜ?
私たちは、定聚に入ることが喜びであり、真証の証に近づくことが快しみだと思っています。また、それがさとりだと考えています。しかし、本当にその身になれたとしても、喜べないのです、快しめないのです。
愛欲が叶えば、名利心が成就すれば、私は安心・満足するのでしょうか。いえ、できないのです。更なる愛欲に溺れ、もっと大きな名利心が芽生えてくるのです。阿弥陀の浄土に生まれることができますよと言われても、どうしてそんなことが言えるんだ?と、疑惑が生ずるのです。
  
「誠に知りぬ」
自身の愚かさを知ったのではありません。阿弥陀の慈悲に包まれている自身を知ったのです。
親鸞聖人の告白が、今に伝わり、今に響いているのは、阿弥陀如来に出遇った人のことばだから。自分自身に出遇った人のことばだからです。
親鸞聖人は、誰もが阿弥陀如来に遇えると確信しているのです。
「恥ずべし、傷むべし」は、恥じた自分・傷んだ自分の表明にとどまらず、自己を知り、阿弥陀に出遇い、恥じ傷むときが誰にも必ず訪れるに違いないという確信のことばなのです。 
  
     
 
西蓮寺門前の掲示板に、月替わりで人形を飾っています。
8月の人形は3尊のお地蔵さんです。お顔を眺めていると、優しい気持ちになってきます。
お人形は長石セツ子様よりいただきました。ありがとう ございます。
Dscf1970

« アール・ブリュット展 | トップページ | これでいいのだ »

コメント

ブログの更新を楽しみに待っています。

今月のことばも、聖人の凄いことばですね。安田理深先生に「自己にそむくもの」という講録がありますが、かつさんの文を読ませていただいて、そのタイトルが思い浮びました。

☆やすさんへ
いつもブログ・寺報をお読みいただいて、ありがとうございます。やはり、読んで、コメントいただける方がいると、嬉しいものです。最近、ブログが滞りがちでした。また以前のように書きたいなと思っています。
 
今日、芦花公園駅近くのサミットに行ったら、やすさん家でご馳走になるカレーに出遇いました!!
さっそく買いだめて来ました。食すのが楽しみです

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アール・ブリュット展 | トップページ | これでいいのだ »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ