« 自分の好きにしたら、どうなることでしょう | トップページ | 2008年7月のことば »

2008年6月26日 (木)

古くて新しい話

憲法9条に触れたので、もうひとつ9条絡みのお話を。
ちょっと古い話ですが、5月4日、「9条ピースウォーク」に参加してきました。場所は幕張。
ピースウォークとは、デモ行進のように声高に願いを叫びはしないけれど、願いを同じくするものが行進することを通して、願いの輪を広げていく運動です。そのピースウォークに賛同した者が、ひとり、ひとりと、列に加わっていけるのも特徴。ピースウォークが終わるときには長蛇の列になっていることも。
 
9条ピースウォークは、今年の2月24日に広島市を出発して、岡山ー兵庫ー大阪ー奈良ー京都ー滋賀ー岐阜ー愛知ー静岡ー神奈川ー東京、そして幕張へと続いてきたのでした。
ピースウォーク参加者の中には、広島からほとんど歩き続けた方もいれば、自分が参加できるときだけ飛び飛びで参加される方も。だから、「京都でお会いした方ですよね」というような、懐かしい友人と再会したような喜びの声も聞こえてきました。
ピースウォーク最終日の幕張に、チョコンと列に加わった私は、申し訳ないなぁという気になりました。
 
さて、ピースウォークも終わり、幕張メッセ近くの広場に集合しました。
参加者で大きな輪を作りました。そして、ある一人が自分の左隣の人に握手とお礼を始めます。ギュッと手を握り、相手の眼を見て、「ありがとう」って。それが終わると、また左の人と握手、そしてまた左の人と…。握手された人は、次は自分の左隣の人と握手します。ギュッと手を握り、相手の眼を見て、「ありがとう」って。
それが続いていくと、輪は、みんなが、みんなと握手をすることになります。
ずっと歩いてきた人であろうが、その日だけ参加した人であろうが関係なし。
日本人であろうが、外国の方であろうが関係なし。
男であろうが、女であろうが関係なし。
宗教が違っても、肌の色が違っても関係なし。
 
ギュッと手を握り、
 相手の眼を見て、
   「ありがとう」

手のぬくもり、
 眼の持つ力と優しさ
  ことばの響き
 
ひとつの願いが通じ合っている。それだけで人間は生きていけるんだなって、強く感じました。

« 自分の好きにしたら、どうなることでしょう | トップページ | 2008年7月のことば »

コメント

戦争破棄はすばらしい思想ですが、
国民を守る義務まで破棄しないでほしい
ものです。

☆大さんへ
「戦争破棄と国民を守る義務」
このふたつが含有する矛盾を、どのように解決するべきか。そこが大きな問題なのです。
どこに矛盾があるの?と思う方も多いと思いますが。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 自分の好きにしたら、どうなることでしょう | トップページ | 2008年7月のことば »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ