« やくどし | トップページ | 2008年3月のことば »

2008年2月22日 (金)

よ~く考えよ~♪

漢字は、字を見ただけで、なにをイメージして作られたのかが分かります。
漢字の成り立ちを知ると、その奥深さ、意味の深さに感心させられます。
 
ところが、最近聞いた話なのですが、
漢字はもっともっと数が少なかったのだそうです。

漢字の発祥は中国
「中国で戦争が起こると、漢字が増える」という言い伝えがあるそうです。
戦争は人と人とが争います。
争いが起こると、人のことを考える思考が止まります。相手を思いやる、物事の根源を考える作業をしなくなります。
戦争が終わると、勝った国と敗けた国が存在します。勝った国は敗けた国の文化を取り込み、敗けた国は勝った国の文化を受け入れなければなりません。

漢字には、成り立ちがあります。
漢字は、数がもっと少なく、形ももっと簡素でした。
しかし、戦争が終わるたびに新しい漢字文化が入ってきて、戦争を重ねるにしたがって想像する力が衰えていく。
隣国の漢字文化が、分からないのです。
そこで、もう少し意味が分かるように漢字に手を加える。そうしているうちに、漢字の数や画数が増え、複雑化していったそうです。
 
漢字そのものは、人間の想像力の豊かさが表現されています。
でも、漢字の歴史には、人間の想像力の欠如が刻まれています。

こと細かな説明は、分かりやすいし、助かります。だけど、誰かがこと細かに説明してくれると、私は考えるということをしなくなります。マニュアルや説明書・解説書が分厚いのも、想像力の欠如の表われかもしれませんね。

« やくどし | トップページ | 2008年3月のことば »

コメント

こんにちは、カツさん
一極化した社会そのものも
恐いかもしれませんね。

漢字の成り立ち・
戦争を情報・経済と置き換えても面白く勉強になりました。

分厚いマニュアル、電車の案内
本当に必要なものってシンプルには
なかなか、いかないものですね。
禁断の果実齧った愚身もつ身故に(苦笑)

☆tanukiさんへ
賢くなっていくようで、愚かになっていく。
親切のつもりが、相手の生きる力を弱めていく。
成長・発展しているつもりが、ドンドン低下していく。
生きるって難しくもあり、面白くもありますね。
「意のまま」ということは有り得ないのです

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« やくどし | トップページ | 2008年3月のことば »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ