« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月

2008年1月26日 (土)

白骨の御文(はっこつのおふみ)

「白骨の御文」 本文(改行は副住職)

それ、
人間の浮生(ふしょう)なる相(そう)をつらつら観ずるに、
おおよそはかなきものは、この世の始中終(しちゅうじゅう)、
まぼろしのごとく なる一期(いちご)なり。
されば、
いまだ万歳(まんざい)の人身(にんじん)をうけたりという事をきかず。
一生すぎやすし。
いまにいたりて たれか百年の形体(ぎょうたい)をたもつべきや。
我やさき、人やさき、
きょうともしらず、あすともしらず、
おくれさきだつ人は、もとのしずく、すえの露(つゆ)よりもしげしといえり。
されば朝(あした)には紅顔(こうがん)ありて夕(ゆう)べには白骨となれる身なり。
すでに無常の風きたりぬれば、
すなわちふたつのまなこたちまちにとじ、 
ひとつのいきながくたえぬれば、
紅顔むなしく変じて、
桃李(とうり)のよそおいを うしないぬるときは、
六親眷属(ろくしんけんぞく)あつまりてなげきかなしめども、
更にその甲斐あるべからず。
さてしもあるべき事ならねばとて、
野外(やがい)におくりて
夜半(よわ)のけぶりとなしはてぬれば、
ただ白骨のみぞのこれり。
あわれというも中々(なかなか)おろかなり。
されば、
人間のはかなき事は、
老少不定(ふじょう)のさかいなれば、
たれの人も
はやく後生(ごしょう)の一大事(いちだいじ)を心にかけて、
阿弥陀仏(あみだぶつ)をふかくたのみまいらせて、
念仏もうすべきものなり。
あなかしこ、あなかしこ。
 
   ☆ ☆ ☆ ☆ ☆
 
「白骨の御文」 現代語訳(副住職試訳)
 
さて、
私たち人間の無常な生涯をよくよく思いめぐらしてみますと、
この世に生まれ、育ち、命尽きるまで、
まるで幻のような一生であります。
この世に生を受けて一万歳生きた人がいるとは、
いまだかつて聞いたことがありません。
一生はあっという間に過ぎてゆくものです。
いったい誰が、今の私の姿のままで百年の命を保つことができましょうか。
私が先に逝くかもしれないし、他の誰かが先に逝くかもしれません。
今日終わる命なのか、それとも明日なのか、そういうことも分かりません。
大切な人が先に逝ってしまう日も来れば、私が先に旅立つ日も来ます。
草花の雫や葉先の露が消えてなくなるよりも、それ以上に人間の生涯は儚いものです。
ということは、
朝には夢と希望に満ち溢れていても、
夕方には白骨となることもあるいのちを生きているということなのです。
今、無常の風が吹いたならば、
二つの眼はたちまちに閉じ、
呼吸は永遠に途絶えてしまいます。
血の通った顔もはかなく色あせ、
桃や李(すもも)のような瑞々(みずみず)しい美しさも失われてしまいます。
無常の風が吹いたその時、
家族や親族が集まり 歎き悲しんでも、
元気な姿を再び見せることはありません。
いつまでも悲しんではいられないと、
火葬し、夜中、火も燃え尽き、煙が立ち昇る頃には、
後にはただ白骨が残るばかりであります。
悲しいというだけでは言い尽くせません。
このような人間の厳粛な事実は、老いも若いも関係ありません。
誰も避けては通れません。
だからこそ、「あなたはその事実を受け止め、どのように人生を歩んでいくのですか」と、
亡き人から問われているのです。
親鸞聖人は阿弥陀如来を頼りとしなさいと教えてくださいました。
阿弥陀如来は、無常なる人間を(人間が無常であるからこそ)救いたいと願われました。
その願いに包まれて、私は生きています。
そのことを想うとき、
自然と「南無阿弥陀仏」と念仏の声が出ます。
亡き人は、
阿弥陀如来の慈悲の心を、
この私に示してくださいました。
私を生かす教えに出会えたこと、
有り難いことです。大切にいただきます。

2008年1月18日 (金)

テク テク テク

スタスタスタ
急いでいるのに、新宿の人の波が、なかなか先に通してくれない。
スタ スタ スタ
ぶつかりそうになったり、立ち止まったり。だんだんイライラしてくる。

ふと気付く。
歩く速度を遅くすればいいんだ。

テク テク テク
ぶつからず、焦らず、イライラせずに歩けるんだなぁ。

テク テク テク テク テク テク…
ゆっくり歩こう

2008年1月15日 (火)

なぜグズるの?

グズッたり、スネたり、怒ったり…
考えてもみれば、目の前に相手がいるからのこと。
相手がいなければ、グズったり、スネたり、怒ったりもしないか。
赤ちゃんを見ていて、そう思った。
つまり、頼りにしているということ。
頼りにされているということ。
 
「相手がいるから」
泣いたり、笑ったり、哀しんだり…
一人のときに出来ることだけど、想いの中には相手がいる。
誰の顔も思い浮かべないのに、泣いたり、笑ったり、哀しんだりしないか。
一人で居ても、誰かと一緒なんだな。

2008年1月14日 (月)

成人の日

今年で37歳。
もうすぐ40歳に手が届くんだなぁ。
二度目の成人だ(この発想、おかしいですか?)
 
一度目のときは、
20歳になる感慨があった。
20歳になるんだから、もっとシッカリしなきゃとか、それなりの生き方をしなきゃと、漠然とした責任感を感じていた。
そして、そんな漠然とした想いに押しつぶされそうにもなった(漠然としていたからか?)。
 
二度目の成人
40歳になるとき、どう思うんだろう。
40歳になるとき、どんな気持ちの変化があるんだろう。
たぶん、なにも思わずにただ年を重ねるんだろうな。「年とったなぁ」とか言いながら。
 
もうすぐ二度目の成人だよと、坊守(母)に言ったら、
「あら、私は去年で三度目よ♪」
と言って笑ってた。
人生の先輩を感じました。
 
 ☆ ☆ ☆

成人(元服)とは、ここまで大きくなったら、あとは自分の生命力で成長していくという区切り。
生まれることが出来ても、病気や貧困で、幼くしていのちを亡くす人が多かった時代、我が子が成人(元服)を迎えるということは、こころの底からの喜びに満ちていたに違いない。
「よく、ここまで大きくなった」って。
本人も、
「ここまで育てていただいてありがとうございます」 
という想いが強かっただろうな。
   
何度目の成人でも、そこまで育った、育てていただいた恩に違いはない。
しかも、親子揃って迎えられるなんて、稀な出来事の上に、さらに稀な出来事。
成人を迎える。
ひとりだけの出来事ではないんだな。
 
子の誕生とは、親の誕生でもある。
子の成人とは、親の成人でもある。
 
自分ひとり、シッカリしたり、それなりの生き方をしなければと気負うのではなく、
ひとりだけで人生を歩んでいるのではないんだ
そのことを見つめる 
 
成人…人に成る

2008年1月 7日 (月)

我、今、思う

人生に遠回りや失敗はない。
あるとすれば、遠回りや失敗と思ってしまう 私がいるだけ。

2008年1月 4日 (金)

新年早々…

1月1日 元日
日頃お世話になっているお寺に新年のご挨拶に。本堂でお参りを済ませて、住職と門徒さんが歓談している席へ。歓談の輪に加えていただきました。しばらくして大きな声が…
「誰かお数珠を落としてますよ!」
「誰だろうお数珠を落とすなんて…」と思いつつ振り向くと見覚えのあるお数珠が…。カバンの中を確かめると、お数珠が入ってない…。
「ごめんなさい、私です」と、手を上げました。
「白山さ〜ん。お寺さんがお数珠落としちゃダメじゃな〜い」
「はい、すみません」

1月3日 朝
お寺の参詣者用のトイレの鍵を開けに行こうとしたとき、鍵がいつもの場所にありませんでした。前日トイレの鍵を閉めたのは住職。
「住職、トイレの鍵は?」
「え、ない!?」
「うん、昨日トイレ閉めて鍵どうした?」
「どうしたかなぁ」
心当たりを探し始める住職。でも、鍵は見つかりません。
「どこにしまったかなぁ」と住職。

探し尽くした住職を見ていて、嫌な予感が。「ハッ、そういえば。いやいや、まさか」
恐る恐る昨晩着ていたジャンバーのポケットに手を入れると…鍵が。
昨晩、住職がトイレを閉めたとは知らずに、トイレを閉めに行ったのを忘れてました。トイレが閉まってたので、つい鍵を元に戻すのを忘れてました。

「住職…ごめんなさい。鍵、ありました」
「あ、あった! よかった!!」
怒るでも 馬鹿にするでもなく、ホッとする住職を見て、申し訳なく思いました。


新年早々、人を疑ってしまいました。
「自分じゃなかろうか」と、先ず自分を疑わなければいけませんね。

2008年1月 1日 (火)

2008年1月のことば

Pict0235_2
明けましておめでとうございます
穏やかな良いお年をお迎えのことと思います。
今年は十二支の最初の子年。また初心にかえって聞法にいそしみたいと思っています。
その昔、浄土真宗には「妙好人(みょうこうにん)」と言われる人がいました。理屈を抜きにして、心からお念仏を喜ばれた人のことを言います。
浄土真宗の教えは学問・知識ではなく、生活です。朝に礼拝、夕に感謝の思いでお内仏に向かって手を合わせ、お念仏を称えましょう。
本年もよろしくお願いいたします。
                西蓮寺住職 釈謙弌
 
     ☆ ☆ ☆ ☆ ☆
 
  Pict0240
    あたりまえのことって
     ありがたいことの積み重ね

 
「ありがとう」
感謝の気持ちは、口に出さなくては伝わりません。感謝していることくらい伝わっているだろうと、思っているのは自分だけ。
「ありがとう」のひと言で、どれだけ周りが変わることだろう。社会が変わることだろう。私自身が変わることだろう。
でも、感謝の気持ちがあるだけでも嬉しい。感謝の気持ちを持たない人もいる。「あたりまえ」のことに、感謝の気持ちもいらないだろう、と。
「あたりまえ」が「あたりまえ」であるために、どれだけの出来事が触れ合い、重なり、響きあっていることでしょう。私の日常の中で…。
朝起きて、顔を洗い、服に着替え、朝食をとり、交通機関が目的地に連れて行ってくれて、勉強や仕事をし、人に会い、人と話し、人と笑い、人と泣き、人と別れ、帰る家がある。栄養を与えてくれる食料があり、お風呂の水は天の恵み、横になる大地があり、体を休めるために日は沈み、体を目覚めさせるために日は昇る。そばにいるあなた。生きている私。
私が私であるために、どれだけの縁が触れ合い、重なり、響きあっていることでしょう。
 
「あたりまえ」のことにしていることって、本当に「あたりまえ」なのだろうか。
 
口にする食事は、どうして食べることができるのだろう。食事を作る人がいるから。食物を作る人がいるから。人に食べられる生き物がいるから。
着ている服は、どうして着ることができるのだろう。服を買うお金を稼ぐ人がいるから。服を作る人がいるから。原材料となる生き物がいるから。
食事を作る気持ちになれるのは、自分が食べるためだけではないでしょう。食べてくれる誰かがいるから。「面倒臭い」と怠けるのか、「この人のために」と励むのか。いや、「この人」がいてくれるおかげで嬉しいんだ。楽しいんだ。
働いて稼ぐ気持ちになれるのは、自分一人のためだけではないでしょう。養うべき誰かがいるから。「稼いでいるのは私だ」と思い上がって生きるのか、「この人のために」と思って頑張るのか。いや、「この人」がいてくれるおかげで、私は頑張れるんだ。生きていけるんだ。
 
つらいことや悲しいことが続く日常に、ポッと良いことがあったとき、「ありがたい」って言うけれど、「ありがたい」って、そういうことなのだろうか。感謝って、ポッと良いことがあったときに、ポッとするものなのだろうか。
 
私の好きなことばです。
幸せだから感謝するのではない
感謝しているから幸せなのです

 
「あたりまえ」と思っていることは、実は「ありがたい」ことの積み重ね。なにか良いことがあって「ありがたい」のではない。日々の生活そのものが、常に「ありがたい」こと。良いことも、そして悪いことも。私の身に起こることは、私にとってきっと必要なこと。いや、私の身に起こるのではない。起こった出来事が私となる。
  
  
  今日も一つ
  悲しいことがあった
  今日もまた一つ
  うれしいことがあった

 
  笑ったり 泣いたり
  望んだり あきらめたり
  にくんだり 愛したり
  ・・・・・・・・
  そして これらの一つ一つを
  柔らかく包んでくれた
  数え切れないほど沢山の
  平凡なことがあった
         星野 富弘

   
     ☆ ☆ ☆ ☆ ☆
 
掲示板のお人形
Pict0241 Pict0244 Pict0245
西蓮寺門前の掲示板に月替わりで人形を飾っています。1月の人形は今年の干支のネズミです。
写真左手より、2匹のダルマのようなネズミは田崎由紀子様より、3匹のネズミ(石で出来てます)は大久保石材様よりちょうだい致しました。ありがとうございます。
右手の写真、吊り鶴は、京都に行った際に買ってきました。嵐山の「ちりめん細工館」というお店です。フラッと立ち寄ったのですが、かわいい人形が沢山飾ってありました。
今月の掲示板は賑やかです^^
掲示板に飾ってある人形を楽しみにしてくださる方もいらっしゃいます。私自身楽しみながら飾っています。
 
本年もよろしくお願いします。

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ