« 時事ネタより感話(結) | トップページ | いのち感覚 »

2007年11月 1日 (木)

2007年11月のことば

 Dscf0926
 如来に信ぜられ
  如来に敬せられ
   如来に愛せらる
 かくて我等は
  如来を信ずるを得る

               曽我 量深
  
 「はい」

呼ばれてもいないのに、返事をするということはない。「はい」と返事をするのは、呼ばれたから。先に、私を呼ぶ声がするから。
  
 「おかあさん」
 
子どもが母を呼ぶのは、実は、母を呼んでいるのではないのかもしれない。母が子を慕(おも)う気持ちが子どもに届いているから、それを受けて子どもは「おかあさん」と、呼んでいるのではないだろうか。
子どもが母を呼ぶ声は、母からの慕いを受けた返事。その返事には、なんの要求も、なんの取り引きも、なんの条件付けもない。
  
 「なむあみだぶつ」
  
お念仏を称えるのは、私の思いによるのではない。望みが叶うために、不安解消のために、亡き人の供養のために称えるのが念仏ではない。
私のことを信じ、敬い、愛している想いがある。その想いの主が、阿弥陀如来。  その想いに包まれて、今、わたしが生きている。だからこそ、「なむあみだぶつ」と  念仏申す声が、私のからだから溢れてくる。
   
   ☆ ☆ ☆

人は、生まれながらにして苦悩を抱いています。人間は苦悩する才能を持った生き物です。
「苦悩」と言っても、望みをかなえたい、不安を無くしたい、災いを除きたいというような個人的欲望に振り回されることではありません。

 どこから来て、どこへ行くのか。
 どこからが生で、どこからが死なのか。
 どうして生まれ、なぜ生きているのか。

「生死の現実」という苦悩を抱えて生きている私。その広くて深い生死の苦悩の海をさまよい、漂い、沈みながら生きている私。そんな私が、どうして溺れることなくこの身を生きていけるのでしょう。

阿弥陀如来は、苦悩を生きる衆生を信じ、敬い、愛しています。

信じる。敬う。愛する。
誰もが一度くらいは、誰かを信じ、敬い、愛したことがあるはずです。しかし、その想いは続かない。相手の裏切りにより、儚くも信・敬・愛は崩れ去ってしまう。
「相手の裏切り」…さて、果たしてそうなのでしょうか。信じ、敬い、愛した想いは、なぜ続かないのでしょうか。それは、私のこころのせいに他ならない。
相手の、たったひとつの気に食わぬ行いで、私の信・敬・愛は、いとも簡単に崩れ去る。
信じたのなら、どこまでも信じてこそ、信。ここまでは許すけれど、これ以上は許さないと、線引きをするような信は、信ではない。始めから信じていなかったということ。敬も、愛も同じです。
線引きし、取り引きし、条件付けをした信・敬・愛。そんなのは、信・敬・愛とは言いません。相手のせいではない。私のこころが、信・敬・愛を持っていなかっただけのこと。始めからないのだから、続くはずもない。
人を信じられない者が、人から信じられるだろうか。人を敬えない者が、人から敬われるだろうか。人を愛せない者が、人から愛されるだろうか。本来は有り得ないこと。つまり、孤独。
このように孤独な私につねに寄り添い、人を信じられぬ私を信じてくださる温もり。その温もりが阿弥陀如来。阿弥陀如来は、衆生を信じ、敬い、愛する。崩れ去ることのない想い。私は阿弥陀如来から信じられ、敬われ、愛されている。
私が、苦悩の海に溺れずにいられるのは、阿弥陀如来の想いに包まれているから。
おかげさまで、私の口から出るはずのないお念仏の声が出て来ます。
  
 「なむあみだぶつ」
 
如来のみもとより生まれ、如来のみもとに還るいのち。お念仏は、子が、母を呼ぶ声に似ています。

« 時事ネタより感話(結) | トップページ | いのち感覚 »

コメント

本日は報恩講のお勤め、ご苦労様でした。報恩講を迎えると、世間の正月と同様に気分が一新される心地が致します。「また、さらに求道を」との気持ちが起こされます。

ところで失礼ながら、本日いらっしゃった女性は将来の御坊守様でしょうか?

☆やすさんへ
本日は報恩講のお参り、ありがとうございます。
報恩講を迎える季節になると、ワクワクしてきます。たくさんの方にお参りいただき、とても嬉しいです。
報恩講は真宗門徒にとってはお正月のようなもの。気持ち新たに、一年を過ごしたいと思います。
 
質問へのお答え
はい、将来の坊守様です。
副住職共々、よろしくお願い致します。

やはりそうでしたか! おめでたい、おめでたい!! お二人で利生興法のお役を担っていかれることを願じています。

☆やすさんへ
南無阿弥陀仏(-人-)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 時事ネタより感話(結) | トップページ | いのち感覚 »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ