« 言葉を持っているということは、 | トップページ | 時事ネタより感話(1) »

2007年10月23日 (火)

夢現(ゆめうつつ)

午前中に外出先で用を済ませ、少しのんびりの昼過ぎ。
晴れた秋空の下、渋谷にポツンとひとり。
そういえば新宿にも用があったっけ。
普通なら山手線で渋谷から新宿に行くけれど、バスに乗ってみようかなとふと思う。
渋谷のバスターミナル。山手線や埼京線で新宿に行けるのに、果たしてバスの路線があるのだろうか(そんなことも知らずに、バスに乗ろうとしていた私)。
路線図の看板の前に立ち、ジーっと眺める。
あった。渋谷から新宿西口に向かうバスを発見。
さっそく乗り場へ。バスも停まってる。
さっそく乗ってみる。なぜかワクワク。
  
あたたかい秋の陽ざしを浴びながら、バスは出発。
ボーッと外を眺める。
あぁ、この道で行くのかぁ。
へぇ、この道を通るんだぁ。
こころのなかでつぶやく。
まだまだ知らない道ってあるんだなぁ(知らない道の方が圧倒的に多いのだけれど)。
知ってる道でも、自分で運転していたのでは、気づかない風景がたくさんある。
  
何分くらいかかっただろうか。
電車より時間はかかるけれど、遠回りだけれど、そのちょっとの遠回りが、こころの凸凹をならしてくれる。
 
あと一駅か二駅で終点の新宿西口。
ボタンを押して、わざとちょっと手前のバス停で降りてみる。
普段より歩くスピードを落としてみる。
秋の陽ざしが心地よい。
 
最近ちょっと忙しかった(忙しいフリをしていただけ?)から、こころが少しのんびりした。
なにが忙しいんだろう。
なにを急いでいるんだろう。
 
のんびりついでに、西口のスタバでコーヒーを飲む。
ほっと一息。
 
新宿で用を済ませ、帰路へ。 
乗客もまばらな京王線に乗る。車窓から差し込む陽ざしが心地よい。
うつらうつら
ふっと気づくと、まもなく千歳烏山駅。
あぁよかったと電車を降り、歩き始める。
 
「ゆっくり行こう」
スローな時間を過ごし、ここ最近の自分を見つめる。そういう時間をいただいたんだなぁと思う。
   
  ~~☆
 
なんて思ったのも束の間。
電話だ、メールだ、書類整理だ、片付けだ、法話の準備だ、寺報の準備だ、報恩講の準備だ、その他諸々。あっという間に外は真っ暗。
 
夢のようなひと時から、あっという間に現実に戻る。
同じ1時間、同じ1分、同じ1秒なのに、自分が感じる時間の感覚はまるで違う。だけど、時の経つスピードは変わらない。不思議不思議。

« 言葉を持っているということは、 | トップページ | 時事ネタより感話(1) »

コメント

たしかに同じ時間。
みんな同じでも、ひとも様々に過ぎていくものですね。

大切にしたいですけど、時間には縛られたくないなぁ。っと。

☆たかさんへ
川の流れに身をまかせていきたいものです。
岩にしがみついたり、逆流しようとしたりしているのかもしれないなぁ。そりゃ、つらいはずです。

かつさんこんばんは。お久しぶりです^^

ゆったりしたいい時間ですね~
読んでいて、自分がそんな時間をすごしたような気になりました。秋のお日様浴びて・・・
こういう時間、貴重ですね。
でもかつさんがいつもおっしゃるように、色んなことは表裏一体、慌ただしい時間があるから、ゆっくりした時間がすてきなのかもしれないですね。
(なーんて、自分に言い聞かせてみました・・・^^)

☆fairmoonさん お久しぶりです^^
「慌ただしい時間があるから、ゆっくりした時間がすてきなのかもしれないですね」
ホント、そうですね。
ゆっくりした時間だけでもダメで、忙しすぎてもいけない。バランスが大切です。 
たまに時間が空いたりすると、「なにをしたらいいんだ!!」って、かえって困ってしまうことがあります。
内容にもよるけど、慌しい生活って、実は幸せなのかもしれないと思うことがあります。
11月1日、今日は、秋の陽ざしが心地よいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 言葉を持っているということは、 | トップページ | 時事ネタより感話(1) »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ