« 今、いのちがあなたを生きている⑪(追記) | トップページ | 空論愚術 »

2007年6月26日 (火)

時はいのち

相田みつをさんのことば

      
   アノネ
   時は金なり
   なんていうけれどね
   時はいのちだよ
   『いま』という
   この時は
   自分の一生の中の
   一しゅんだから
   ね
 
   
   
日野原 重明先生(聖路加国際病院名誉院長)のことば

いのち
「いのち」は、君たちの持っている「時間」だと言えます。
「時間」をつかうことは、「いのち」をつかうことです。
  

こころ
「こころ」を育てるとは、お互いに手をさしのべあって、いっしょに生きていくこと。
つまり、自分以外のことのために、自分の「時間」をつかおうとすることです。

   

 
「いのちを大切にしましょう」
「時間を有効につかいましょう」

そう言われると、“自分”の「いのち」や「時間」のことを思いませんか?
「いのち」や「時間」って、自分の所有物ではない。
お互いに手をさしのべあう人がいるからこそ、「いのち」や「時間」って成り立つんじゃないかなぁ。

「いのちを大切にしましょう」
「時間を有効につかいましょう」

そう言われたとき、手をさしのべあう人のことを想ってみませんか?

お互いに「さしのべあう」んですよ。
私が、一方的に、誰かのために手をさしのべるのではない。
お互いに、さしのべあうんです。

最近、「共に」ということばが大切にされているような気がします。
「共に」
一方的な行動や感情は、「共に」ではない。
 お互いに想いあう
 お互いに響きあう
 お互いの感情に応じあう
そして初めて、「共に」の関係が生まれる。
   
「共に」の関係の中で、
「いのち」や「時間」を大切に想う「こころ」が養われる。

« 今、いのちがあなたを生きている⑪(追記) | トップページ | 空論愚術 »

コメント

私が、一方的に、誰かのために手をさしのべるのではない。
お互いに、さしのべあうんです。

>昨日は、結婚1周年でした。ものすごく豪勢にフランス料理とワインでお祝いしました。
主人との出会ってからの時間は、まだたいした時間ではないのにもうずっと昔から知り合いだった気がします。
結婚式の時、誓いの言葉に”互いに話し合い歩み寄って生きていく”という言葉を入れました。
みんな今まで違う人生を歩いてきたのだから個々が違って当たり前で、でも、一緒にいるという事は、かっちゃんが言ったようにさしのべあうのだと思います。

話し合い、反省したり、認め合ったりしてこの先も続けて行こうと思った昨夜の出来事でした。

☆ARIさん こんにちは
結婚1周年おめでとうございます。
品川で、ご主人も呼び出して一緒に呑んでから一年経つんですね。と、いうことは T内さんの結婚式からも一年経つということ。早いなぁ。

「時間」の感覚って不思議ですね。
嫌な時間は長くて、嬉しい時間は短く感じる。
同じ時間なのに。
誰かのために使う時間って、短く感じるのかな。
それがお互いがお互いのことを想ってなら、もっと早く感じる。

「話し合い、反省したり、認め合ったりしてこの先も続けて行こうと思った昨夜の出来事でした」
素敵な一年を過ごされたようですね。
あめでとうございます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今、いのちがあなたを生きている⑪(追記) | トップページ | 空論愚術 »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ