« バベルの塔 | トップページ | こんにちは »

2007年6月 1日 (金)

2007年6月のことば

Dscf0341
  天命に安んじて 人事を尽くす
                    清沢 満之

「人事を尽くして天命を待つ」という方が耳なじみのことと思います。
「私が出来ることは、すべてやりつくしました。私に出来ることはもうありません。後は天にお任せします」
そのように言うしかない状況なのかもしれません。その悲しみ苦しみは、他人には分かりません。まさに天命を待つしかない心情・状況なのでしょう。
しかし、天命を待つと言いながら、そこに安心できない、良い結果を求めてしまう私の想いがあります。これだけ頑張ったのだから、これだけ耐えたのだから、これだけ苦しんだのだから報われて当然だ、と。
そのような想いを抱くことがいけないのではない。もう出来ることはやり尽したのに、それでも安心が得られない。それでは、人事を尽くすことの、生きることの意味が見えなくなってしまいます。
 
真宗は他力の教えです。阿弥陀如来の救いに任せて、私はただ南無阿弥陀仏と口にすればいい。ただ念仏、それだけのこと。だけど、たったそれだけのことが出来ない。任せられない。信じられない。念仏できないのです。
努力しなければ結果が付いてこないとお考えの方は、「他力はダメだ。自力でなければ」と言う。
真宗では「他力」を強調するあまり、「自力はダメだ。他力でなければ」と考えがちです。考えがちですが、任せるも信じるも念仏称えるも結局は自力。どうすれば他力の信心を得られるのかと疑問を持ちます。
信じることに他力と自力があるわけではありません。任せることに他力と自力があるわけではありません。念仏に他力と自力があるわけではありません。
私がすることはすべて自力。どんなに 信じても、どんなに任せても、たとえ心が清浄でも、たとえ動機が純粋でも、自力は自力。
しかし、それら自力とともに他力が存在しているのです。
  
他力と自力は、イコールなのだと思います。同質という意味ではなく、他力があるから自力があり、自力があるから他力があるという意味で。どちらかだけでは成立しません。
イメージしてください。振り子が、右・左・右・左・・・と振れています。その振り幅は、右も左も同じ大きさです。どちらかが大きくて、どちらかが小さい振り子は存在しません。
他力と自力は、互いに手を差し延べあい、手をつなぎ、同じ力で引き合っています。そのような意味で、他力と自力はイコールなのです。
つまり、私が成すことはすべて自力でも、そこには他力がある。私が生きているということは、既にそこに阿弥陀如来の救いのはたらきがある。
今、阿弥陀如来の救いの中を、私は生きている。だからこそ、人事を尽くせる。
生きている事実とは、阿弥陀如来。阿弥陀如来の手の中に包まれて生きている私。それ以上、どのような安らぎ・安心・安住があることでしょう。だからこそ、私は人事を尽くせる。
自力と他力とは、相反するものではない。自力を捨て、他力に身をゆだねるのではない。他力があるから、自力を生きられる。自力があるから、他力を感じられる。だからこそ、「天命に安んじて 人事を尽くす」ことができるのです。
 

 
清沢満之(1863~1903)
真宗大谷派僧侶
明治期の宗教哲学者
西洋哲学を学び、親鸞聖人の教えを近代の言葉で表現されました。
6月6日がご命日です。
  
Dscf0333
(付記)
掲示板に飾ってある6月の人形は、カエルさん2匹とオタマジャクシ君です。なぜかオタマジャクシの方がデカイです。ちなみに、名前を「タマオさん」と申します。
今月の人形は、渡部 美晴様より頂戴致しました。ありがとうございます。

« バベルの塔 | トップページ | こんにちは »

コメント

こんばんは、かつさん
「天命を待つと言いながら、そこに安心できない、良い結果を求めてしまう私の想いがあります。」

自分の人事を尽くしたことを、客観的にみれば
自力、様々な御縁やお陰さまって事があるかもしれないです。
御教授の通り、愚私も既にそこに阿弥陀如来の救いのはたらきがあると思います。

愚私は方便という、仏の言葉より、離れた言葉
問い続ける事により、僅かに理解かもしれません。

今の時代、自力他力も含めた言葉でしか
表現できないもどかしさもあります。

愚私の愚考する事は、この愚私の身でも阿弥陀如来の救いのはたらきがあるお陰で、生かされている命を感じることです。

他力より 僅かにできる自力:人事かなと
思います。

良い結果:問い続ける学ぶ事により、ある程度の
人事を尽くせる。
有難いことだと思います。
愚の身よりの人成すこと、時間的には大部分占めるかもしれません。
愚私の心の中に、時間的にも図れない、阿弥陀如来の救いのはたらき大きく感じます

まだ、模索中ですが、南無阿弥陀仏
意味のように 愚私には感じてます。

☆tanukiさんへ
「自力他力も含めた言葉でしか表現できないもどかしさ」
なるほど、自力と他力の説明でもって阿弥陀如来を表現しようとしすぎているかもしれまんせん。
ご門徒から見た、僧侶に対するもどかしさの一端かもしれません。

こんにちは、かつさん
幾度も、読み返したり、
思い出し、問い続ける縁を頂いております。
有難いことです。
ありがとうございます。

☆tanukiさんへ
よほどtanukiさんのこころに残ったのでしょうか。
こちらこそ、読み返すご縁をいただいています。
問題解決が法(おしえ)ではなく、自分自身を見つめなおすことこそが法。痛いですが、そう感じます。
ありがとうございます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« バベルの塔 | トップページ | こんにちは »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ