« 心の闇 | トップページ | 闇あるがゆえに光あり »

2007年5月21日 (月)

闇(やみ)

「闇」は、「もんがまえ」と「音」から成る。

「門」は、内側から閂(かんぬき)をかけます。つまり、開けるも閉じるも、中にいる人がすること。

「音」は何を表わすのだろう。「声」ではないでしょうか。
私の心の奥底にある想い。楽しいことも嬉しいことも、辛いことも哀しいことも、声に出さないと周りには伝わらない。声に出すことによって、実は誰よりもこの私自身が、今、自分が何を想っているのかを知ることができる。

さて、私は「門」を開けているだろうか。自分の想いを表に出しているだろうか。
門を開けることを忘れている人、恥ずかしがっている人、恐れている人、抵抗がある人、必要を感じない人。いろいろな人がいることでしょう。でも、閉じたままでいいのなら、壁でいいはず。なぜ「門」なのでしょう。
 門を閉じて、自分ひとり、物事を見つめる時間も大切。
 門を開いて、自分の想いを発することも素敵なこと。
 閉じたままでは、こころが錆びついてしまう。
 開けたままだと、自分を省みることがない。
   
理解しがたい事件があれば、犯人の「心の闇」と騒ぎ立てる。
「心の闇」…誰もが持っているし、特定の人が持つものではない。
多くの人が、「心の闇」の門の開閉が出来て、声を発している。器用不器用はあるけれど。
でも中には、門の開閉が、いや、開くことが出来ない人がいるのだと思う。開くことが出来ないから、声が出せない。閉じた門の中で声は、想いは、どんどん膨らむ。その表に出せない想いが、どんどんどんどん膨らんで、ある日突然暴発してしまう。門は壊れ、周りにいる人も巻き込んでしまう。
  
門の外にいる者が、門を開けることはできないけれど、「元気?」「どっか行こうか♪」って、門の外から呼びかけることはできる。門が壊れて、巻き添えを食う覚悟で、門の前に居続けてあげることもできる。というより、周りの人間に出来ることはそれだけ。門を開けるも閉じたままも、決めるのは門の中に居る者、つまり私自身なのだから。

閂を外してみませんか!!
外の世界も、そんなに悪いところではないですよ。

« 心の闇 | トップページ | 闇あるがゆえに光あり »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 心の闇 | トップページ | 闇あるがゆえに光あり »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ